話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/153/:最悪の戦い②

 【二千桜壁】――それはもはや桜とは言えなかった。
 花びらの形には見えず、村を覆い尽くし、海岸まで届く桜の壁が厚く、空高くまで達したからです。
 とは言えど、15m程度の高さしかない。
 無色魔法を用いられれば突破されてしまう。

 壁内は騒然とした様子で、慌てふためく鎧やローブを着た人間が右往左往していた。
 桜色の壁に魔法や剣をぶつける者がいるが、そんなものでどうにかなる代物ではない。
 数分は動揺があったが、大将か、それなりの地位にありしき者が空に響くほどの一喝をし、無色魔法を使える者を飛ばし始めた。
 無色魔法使いは壁を越え、周辺にいるだろう術者を探しだした。
 対して、私達がいるのは上空。
 気付かれることはまずないけれど、それも時間の問題でしょう。

「――【黒天の血魔法サーキュレイアルカ】ァァアア!!」

 刹那、彼女の声が聞こえました。
 どこにいるのか探せば、目下の桜壁内。
 黒に瞬く漆黒の大剣を5m近くまで伸ばし、黒いオーラを放っている。
 力一杯、その剣は振り下ろされた。

「――【悪苑の剣戟グジャロード】!!!」

 トリガーワードと共に、爆煙が上がる。
 あらゆるものを壊滅した事を象徴する爆音が鳴り、黒煙はその範囲を広げ、村1つを軽く包み込んだ。

「フラクリスラルの人間共! 聞け!!!」

 黒煙から浮上したノールちゃんが叫ぶ。
 黒光りする鎧と羽根を付けた、悪幻種の姿で――。

「私はかつて、貴様らに知人、友人、親友、血縁者、家族、恋人、その全てを私の手で始末させた!! 多種多様な殺し方を考えた貴様らには舌を巻くよ! お前らは最低のクズ、害虫よりも酷い存在だ!!!」

 罵倒をしながら、その両手には暗黒の槍を作り出す。

「今の私には貴様らを嫌な気持ちにさせようという悪意はない! だけど、いろんな人の愛を裏切らないため、私が生きている限りお前らを殲滅する!! 【悪苑の殲撃シュグロード】!!!」

 2本の槍を、同時に黒煙へと投げ付けた。
 さらに広がる爆発。
 轟々と燃え上がる連なった家並みが炎色のアートになる。
 狂乱の黒煙は次々と形を変えて舞い上がり、まさしく戦地だった。
 目の前でいくさが起きている……。
 1人対1つの国の……。

 私達はずっとその場で【二千桜壁】を保ち続けた。
 魔力は40×40の1600倍、尽きることはまずない。
 だけれど、体力には限界がくる――。

 1日は続いた。
 夜が来て、朝が来た。
 昼頃になると、新たにいくつもの軍艦が海から現れる。
 もはや上陸していた人間は、ノールちゃんが殺し尽くしていたのだ。
 【二千桜壁】もそれに伴い、海沿いまで寄せた。
 侵入してくる無色魔法などは瞬く間にノールちゃんの攻撃を食らって死ぬ。
 【黒天の血魔法サーキュレイアルカ】を使わなかったにしても、彼女の魔法は殺傷能力が高過ぎた。

 やがて、2度目の朝が来ました。
 その頃にはノールちゃんも息をしていませんでした。
 体力の限界、更には多大なる魔力も尽き、私達が助ける間も無く殺されてしまいました。
 後の【無色魔法】で【二千桜壁】の向こうに飛ぶ者は私とミュラリルちゃんの2人で応戦しました。
 殺す事はなるべく避けるつもりでも、何人も殺す羽目になりました。
 私もミュラリルちゃんも体力が無く、死んでしまうのではないか――。
 何度そう思った事でしょう。
 けど、死ぬわけにはいかない。
 ここを食い止めなくてはと、体を駆使する。

 ヤラランの魔法も私が作った。
 戦闘のセンスがなかろうと、負けるわけがないのです。
 だけど、私は殺す。
 戦って双方無事などあり得ない。
 ましてや、魔法は人体に広範囲の影響を与える。
 殺さないのが不可能。

 私は何をしているのでしょうか?
 平和を築くために今までやってきたのに、何故私は人を殺しているのでしょう?
 自分がわからなくなる。
 それでも体は動く。
 魔法は使う。
 私は今まで何をしてきたのでしょう?
 結局人を殺すのなら――今までの行いはすべて無駄?



 ――否。
 今の問いを否定してくれる人が封印されている。
 だからこそ私は戦う。
 善? 悪? それがなんでしょう。
 私が生きる、そして最善を尽くす。
 軍6隻ともう数隻、それならまだ西大陸の人々と、私の友人の命の方が重い――。

「フォルシーナッ!!」

 突如声をかけられ、思慮を放棄する。
 振り返れば、そこにはタルナが居ました。
 羽衣を見に纏い、刀を持ってこの大陸の現王が来たのです。

「フォルシーナ、全員移送が終わった! なかなか骨は折れたが、2日でやり終えたぞ!」
「……。……そうですか」

 もう相手に飛行できる奴もいないのか、敵は居なかった。
 ここで私が寝ていたとしても、きっと壁を突破するものはいないでしょう。

「――ミュラリルちゃんは?」

 ふと、彼女がいない事に気付く。
 近くを飛んではいない。
 遠くで戦ってるのだろうか?
 朝までは、一緒に居たのに……。

「……ミュラリルは向こうで死体を見つけたよ」

 残念そうに、タルナさんが言った。
 目を伏せ、悲しむように。
 死んだ――?

 現実がうまく飲み込めなかった。
 私はさっきまでの記憶がない。
 体力もなく、錯乱していたのか、何も覚えていない。
 いつのまに、彼女も――?
 …………。
 ……。
 まだ泣くわけにはいかない。
 最後までやることをやり遂げるため、私は下唇を噛み、タルナに指示を出す。

「……わかりました。タルナさん、貴方も逃げてください」
「……僕に逃げろって、君はどうするんだい?」
「……私は――」

 遠く遠くにあるハヴレウス城の方を、私は見た。
 このままこの地を野放しにしてフラクリスラルに手渡すのは、また私達のしてきた事を振り出しに戻すのと等しい。
 それならば――。

「私はこれから、あらゆる魔物を解放します――」

 この場所は、魔物にくれてやろう――。

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く