話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/149/:阻止

 2本の槍と3本の刀が女の体を貫いた。
 音はない、この場は静寂だけが支配する世界に移り変わる。
 しかし、静寂は長く続かない。

「……流石に、手加減し過ぎたかしら?」

 ちょっと意外そうな、死神の声によって。
 刹那、ポンっと音を立てて死神の体が煙に包まれる。
 全員その場から飛び、煙が晴れると、ノールが置き去りにしたのか、2本の槍は貫いていた。
 黒い、猫の人形を――。

「ほらほら、いつまでそんなの見てるのよ? こっちよ、こっち」

 声は俺たちの背後から聞こえ、即座に振り返る。
 俺たちの立っていた位置に死神はおり、フォルシーナの首筋に漆黒の刀を当てていた。
 片腕を抑えられており、上げざるを得ないフォルシーナの顔は苦痛に歪んでいる。

「フォルシーナ!!」
「ウフフ。大丈夫、簡単に殺したりはしないわ。ヤラランくんの想い人ですものね? 痛ぶるから、皆さんはそこで“伏せなさい”」
『!!!?』

 奴が言い終わると共に、とんでもない重圧を感じて俺たちは全員倒れ伏した。
 立ち上がるどころか指一本動かすこともままならない。

「ッ! フォルッ、シーナ!!」
「恋人がお呼びね? でも、返してあげないわ。フフッ、貴方も“固まりなさい”」
「クッ……」

 死神は剣を下ろし、フォルシーナから2歩距離を取った。
 なのに、フォルシーナは動かない。
 アイツ、言ったことが魔法になるのか……!?

「いい子ね……さぁ、まずは指を切り落としましょうか。きっと良い叫びの音色を奏でてくれるのでしょう? ウフフフフ……」
「やめろぉおおおおおおお!!!!」

 俺は叫んだ。
 しかし死神は不敵に笑ってフォルシーナの手を持った。
 俺の言うことなど、奴が聞くわけがない。
 だったら止めないと。
 動け、体!
 こんな重圧なんて……!!

「じやあ、まずは1本ね」

 死神が刀を振り上げる。
 俺の体はどんなに力を込めても動いてくれない。
 指1本すら――。

 俺の無力な様子を見ながら、死神は刀を振り下ろした。
 悲鳴をあげる姿を見ることなど出来ず、俺は目を瞑る。











 いつまで経っても悲鳴はなかった。
 ポトリと指が落ちるような音もない。
 何が起きたのかと思い、ゆっくりと瞼を開いた。

「……ごほっ」

 目に映ったのは、腹部に穴が開き、口から血を吐き出す死神の姿。
 彼女の手から鋭利な刀が乾いた音を立てて落ちる。

「……いったいわぁ〜。何してくれるのよ……」

 言いながら、死神が振り返る。
 上を見上げた死神、俺も目だけ上に向けた。

 そこに居たのは俺と顔が似た少年だった。
 白いブラウスに肩章と赤のマントを付け、腰には盾の形をした草摺が左右につき、軽衫と妙に先の長い靴を履いている。
 頭には2本の角と三角の形をした帽子を被っている。
 顔の造形は俺とよく似ていたが、目つきに至っては俺より悪く、口を噤んでいる。
 彼も羽衣をしており、その力なのか、宙を浮いていた。

「……アキュー? 何でこんな所にいるのよ?」
「"善"に呼ばれて飛び出してきたのさ。まさか、本当に君がいるとは思わなかったよ、セイ」

 宙に浮く少年と死神が対話する。
 アキューという少年は死神の知り合いのようだ。
 それはおそらく、敵対関係としての……。

「僕に恨みがあるなら直接僕に攻撃しろ。"他世界"に干渉するな」
「嫌よ。貴方に迷惑掛ける為にやってるんだもの。まったく、そんなに怒らなくてもいいじゃない。“自由律司神”様はそんなに立場がないのかしら?」
「立場とかの問題じゃない。僕としては君を殺したくないんだ。投降すれば、僕が進言して悪いようにはしないぞ?」
「……さぁて、どうしようかしらねぇ」

 会話をしているうちに、死神の体は修復していった。
 アイツ、不死身か?
 というか、自由“律司神”って……。

「……ダメね、私は貴方を受け入れられない」
「なら僕も君を受け入れない。ここで死んでもらう」
「あはははははははっ! そうはいかないわ! まだまだ私は楽しみたいのですも、のっ!!」
「ッ!」

 咄嗟に死神はこちらに手を向け、善悪調整装置へと黒い魔力の塊を放った。
 何も遮るものはなく、被弾した装置は画面が割れ、キーボードは吹き飛び、剥き出しになった中身から炎や電気が漏れていた。

「何て事を……!!」
「あはははは!! またねアキュー! 逃げさせてもらうわ!!」
「ッ――!」

 死神は姿が透け始め、軈て姿を消した。
 それと同時に重圧も消え去り、俺たちは立ち上がる。
 ……逃げた?
 これだけのことをして、最後には逃げるのかよ……。

「……仕方ない、【界星試料】を修復するか。2人に怒られたくもないしね」

 ため息を吐きながらアキューはゆっくりと降り、コツコツと歩いて俺たちを通り過ぎ、善悪調整装置の前に立った。

「ふむ、この程度ならなんとかなりそうだね」

 そう言って、アキューは装置に右手を翳す。
 すると壊れた装置はライトグリーンの光を放ち始め、部品もないのに中に細かい装置が出現し、徐々に直っていった。

「……さて、君達の方が問題かな」

 左から少年は振り返り、俺たちを見渡す。
 そして、左手の人差し指を立て、軽い調子でこう言った。

「初めまして。僕は自由律司神。最初生きてた頃はアキュー・ガズ・フリーストって呼ばれてた。少しの間、よろしくね」

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く