話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/設定/:第三章地点

登場人物一覧


ヤララン・シュテルロード
年齢:16
性別:男
得意技:【七千穹矢】
概要:女ばかり付いてくるということが悩みになり始めた青少年。いかがわしいこととか変なこととか言ったりするが、実は胸を触る程度としか思っていない。実は性知識など欠片もない上に恋愛より良い事しようぜって思考のため、残念な男である。苗字を追加。


フォルシーナ・チュリケット
年齢:18
性別:女
得意技:ヤラランを鉄拳制裁
概要:ヒロインっぽくなってきた従者さん。しかし、4年間に花見みたいなことは何回かあったため、振り向いてもらえないのはもう慣れっこであった。いい加減ヤラランに女の一人でもできれば良いのにと日々願っている。苗字を追加。


キィ
年齢:15
性別:女
得意技:【氷雪旋舞ひょうせつせんぶ
概要:模擬戦でヤラランを破るも、単調攻撃であっさりミュラルルに敗北した哀れな子。しかしツインテールとスカートでヤラランの好感度upかも? とにかく草食べちゃダメだ、キィちゃん!!


カララル
年齢:24
性別:女
得意技:【雷撃サンダー
概要:紫頭巾を被った本の虫。贖罪のために良い事をしようと思い、とりあえず本を読んで良い事を勉強をしている。描写には描かれていないが、昼間はヤラランの命で働いている。実は前章の登場人物に書き忘れたのは内緒。


ミュラルル・サルフュラ・アルトリーユ
年齢:24
性別:男
得意技:【ネムハイルの剣】の技。
概要:アルトリーユ王国の一番下の王子。自由奔放な性格だったが、人を殺す度に命令の責任を痛感し、捻くれた性格になってしまった。


ミュラリル・サルフュラ・アルトリーユ
年齢:22
性別:女
得意技:【雷光線サンダーレイ
概要:アルトリーユ王国の一番下の王女。実は妾の子で、王家には認められていたが血のつながりが薄く疎まれていた。自由奔放なミュラルルだけは普通に話してくれて、唯一無二の兄弟だった。国に捨てられ、拾ってくれたヤラランとその仲間に感謝を込めている。


セイニス・アカルバーグ
年齢:17
性別:男
得意技:?
概要:頭が残念な美男子。しかし善意はある。


セラユル・アカルバーグ
年齢:17
性別:女
得意技:?
概要:残念な兄を慕う妹。ドレスを着ていたが、今では着物を着ている。歩き難いのが困りものらしい。


メリスタス
年齢:14
性別:男
得意技:【ライト
概要:髪を切られてしまい、少しは男っぽくなったかなぁと鏡の前で唸る少年。村跡ではヤラランの連れてきた人達と元気にしている。


ナルー
年齢:4
性別:お好みで
得意技:食べ物を出す
概要:鶏の代わりに朝鳴いている。


新規魔法一覧

・赤魔法・

巨大火の粉ヒュージ・スパーク
概要:炎の球を周囲に放つ

聖炎葬フューネラル・セイム
概要:人を火葬するための赤魔法。優しいオレンジの炎だが、使い手によっては強大な力の塊となる。

・青魔法・

血爆破ブラッド・ブレイカー
概要:体内に発生させ、好きなタイミングで周囲の血に小爆発を起こさせる。心臓付近であれば死に至る。

・緑魔法・

乾燥ドライ
概要:対象に温風及び熱をかけ、乾燥させる。

・黄魔法・

雷光線サンダーレイ
概要:魔法陣を展開し、魔法陣の外周から幾つもの光線を発射する。

・無色魔法・

帝槌の破壊エンハンマー・ブラスト
要素:ネムハイルの剣
概要:ネムハイルの剣で斬りつける際、剣と対象物との間に圧縮空気を出現させ、対象を吹き飛ばす。

空抱擁エア・イムブレイス
概要:空気のクッションを生み出す。

空拡張スペース・イクスペンション
概要:正面の空間を広げる。

自動探知オート・サーチング
概要:対象の情報を青い空間に浮いたパネルに魔法言語で映し出す。

感知の同調チューニング・パーセプション
感知:感知する対象に起こった反応を別の対象に感知させる。

孤立結界アイソレート・プロテクト
概要:対象を白い箱に閉じ込める。箱の中は外の世界と別世界となる。

身体解析フィジカル・アナライズ
概要:対象の物理的情報を知ることが出来る。

魔法解析マジック・アナライズ
概要:対象の魔法的情報を知ることが出来る。

・その他・

発射ディスチャージ
概要:自律的な魔法の一般的な発動ワード。

・【青龍技せいりゅうぎ】・

静音吸引せいおんきゅういん
要素:天韋マフラー+刀
概要:刀を突きつけることで突いた魔法の分、使用者の魔力を増幅させる。

氷雪旋舞ひょうせつせんぶ
要素:天韋マフラー+刀
概要:刀を振るうことで吹雪の竜巻を生み出す。

・【赤龍技せきりゅうぎ】・

轟力閃赤ごうりきせんか
要素:天韋マフラー+刀
概要:刀を振るうことで轟音唸る赤い衝撃波を生む。

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く