話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/84/:残る

 翌日も天候に恵まれ、暖かい日差しが世界を包んでいた。
 門出には良い天気だろう。
 俺たちは量の少ない荷造りを終えた後に俺が外で人を集め、改めて出発を宣言した。

「待ってくれ、ヤララン!」
「?  なんだ?」

 ここを去る事を告げると、人垣の中から1人の男が俺の言葉を止める。

「ここのリーダーは、誰になるんだ……?」
「……。あー……」

 その質問は当然至極の疑問であった。
 リーダー、つまりは指導者がいないと上手く機能しないだろう。
 この街での指導者、か……。
 俺の頭にふと思い浮かんだのは……。

 チラリとミュラリルの方を見た。
 彼女は俺の視線に気付くと何故か顔を赤らめて俯いてしまう。
 王族だろうが、なんだか頼りない。

 次いで、アカルバーグ兄妹の方を見た。
 俺の視線に気付いたセイニスが我こそは!とガッツポーズを決める。
 なんだか自信ありそうだが、どうだろう……?

「ヤララン様、この街はわたくしに一任ください!」

 もうポーズだけじゃなく直接言ってくるセイニス。

「随分な自信だな。何故だ?」
「先日はお隠ししましたが、わたくし達はこの大陸に修行に来ているのです! 甘やかされて育ってしまった手前、見知らぬ環境で強くありたいと思い、一思いにこの地に足を運んだのです! 貴族としての力をつけるためにも、どうか!」
「どうか!」
「…………」

 片膝ついて両手を胸の前に合わせて懇願してくるセイニスと、それに続いてセラユルが膝を折る。
 なんともくだらない理由に呆れてしまい、俺は思わず近くに立っているフォルシーナに顔を向けてしまった。
 彼女はニコリと微笑み、唇だけを動かす。
 だが、俺にはなんと言ったのかわかった。

「却下」

 なるほど、俺と同意見らしい。

「却下だ。お前らは人の上に立てる器じゃない」
「なっ!!」
「納得のいく理由を説明願います!」
「こればっかりは自分で考えねぇと成長しねぇよ。俺が言うのもなんだが、もっと頭使って考えろ」
『……はい』

 ピシャリと言うと、2人は押し黙った。
 誰もが死に物狂いだったのに修行で来たとか、それだけでもふざけてるのに目的を公言するなんてアホすぎる。
 不信感ただならぬコイツらには任せられん。
 ということは……どうするべきか。
 他にも貴族のおっさんとかおばさんはいる。
 でも今のセイニスの発言で貴族はちょっとな……。
 ……よし。

「……キィ」
「……ん?なんだよ?」

 俺に呼ばれると、後ろにいる草を食べてた少女は顔を上げた。
 目が合うと、たった一言だけ言う。

「ここに残れ」

 たった一言で、彼女の目は点になった。

「……。え、マジで?」
「マジだ。お前が指揮を執れ」
「自信ねぇよ……。お前らが居ないと寂しいし……」

 手に草を持って、彼女は俯いた。
 俺は安心させるように優しい口調で言う。

「俺と一緒に過ごしてきたお前ができないとは思えないぜ? 大丈夫、俺と話し方も似てるしな」
「そーいう問題かっ、ての……」
「自分を信じてみろ。大丈夫だから、な?」
「……そこまで言うなら、やってやるよ」
「よし、俺の隣に立て」
「はいよっ」

 草を捨て、どっこらしょと立ち上がり、俺の横まで歩いてくる。

「……みんな、こっち見てる」
「怖いか?」
「……少し」
「安心しろ。みんな俺たちの仲間の良い奴等だろ?」
「……。あぁ、その通りだな」

 キィの迷いは振り切れたのか、彼女の目は澄んでいて背筋は真っ直ぐとなった。

「キィをこの街のリーダーにする。全員、キィの指示には従うようにっ!」
『おぉぉぉぉおおお!!』

 歓声が上がる。
 というか野郎の雄叫びみたいなのが多かった。

「なんだテメェら! キィに手ェ出したら承知しねぇからな!」
「ヤラランさんには言われたくねぇ!」
「女たぶらかしやがって!!」

 観衆の中から男どもの不満な声が相次ぐ。
 おいおい、いつ俺が誑かした!?

「誑かしてねぇよ! 変なことは何にもしてねぇつってんだろ!?」
「女性囲っててそんな嘘つくなよぉ!」
「嘘じゃねぇし!思い違いだわっ!」
「うっせーよ男ども!ヤラランも黙れっ!」
『はい、すいません』

 キィに叱責を受け、口喧嘩になった男達と声を揃えて謝罪する。
 そして思った。
 普通にやっていけそうだな、って。

「キィ、困ったことがあったらタルナに相談しろ。お前なら村まですぐ行けるだろ?」
「わかった。お前らこそ気を付けろよな?」
「わーってるって」

 そして、俺はキィの肩に手を置いて、踵を返した。

「後は任せる」
「頼まれた」

 揺るぎない意志のある返事を聞き、俺はフォルシーナとカララルの顔を交互に見て、出発を決める。

「行くぞ、フォルシーナ、カララル」
「はい」
「付いていきます、明主様」

 俺が街を出る方に歩み、俺が通り過ぎてから彼女達は付いてくる。
 その後ろにはキィがいなくとも、不安も迷いもない。
 上手くやれると信じているから――。

 振り返ることなく、俺たちは森の中へと足を進める。

「さぁ、ヤララン達は行った! この街は私らで頑張るぞ!」

 後ろから響く、その声に勇気付けられながら――。

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く