話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/81/:花見・後編

 誰がどこでいつの間に作ったのかは知らないが、花見の会場では酒が出回っていた。
 酔ったおっさん達が続出し、街の若者達に絡んだり酔っ払い同士肩を組んで歌っていたり、ワイワイ騒いでいた。

「おぉ〜、盛り上がってんじゃん」
「ん? おぉ、ヤラランか。おかえり」
「あぁ、ただいま」

 ボケーっと眺めながら言うや、キィに出迎えられる。
 当然ながら酔ってる様子もなく、というか草食ったせいで口周りに泥が付いている。
 酒なんて飲みそうになくて良いが、やはり女性としての嗜みが足りない。

「口周り汚ぇぞ。ほら、拭いとけ」
「え? あっ、本当だ」

 自分の頬に手を当てて確認するキィに緑のハンカチを渡してやる。
 素直に受け取って口元をゴシゴシと拭き、一瞬ビクッとして次の瞬間にはクシャミをした。
 そしてハンカチで鼻をすする。
 なんて失礼な奴だ。

「あ、ごめん。つい鼻かんじゃった」
「ついってなんだよ……。俺は良いけど、他の男にやったら引かれるからな? 注意しろよ? そして洗って返せ」
「へいへい。つーかさ、なんかここに居ると鼻がムズムズするんだよ。もう帰っていいか?」
「良くないから。ムズムズすんのは花粉のせいか? フォルシーナ戻ってきたらマスク貰え」
「マスク? よくわからんが、わかったよ」

 それだけ言うと、またさっき自分がいたシートの上に座り、ボケーっと周りを眺め出すキィ。
 そんな様に呆れながらも、俺は騒いでる人たちの中に紛れていった。

「見ろー! これが【最終究極俺の光ファイナル・アルティメット・マイ・ライト】だ!!」
「なんだそれ!!?」
「紫色じゃん! アハハハ!!」

 左手を見ると、酔ったおっさんが着物の腰帯を頭に巻きつけ、両手と頭上に禍々しい紫の光の球を出しており、ネーミングの残念さが笑いを起こしている。
 紫の花びらが舞い散る中だからこその色なのか、本当に自分の出せる色が紫なのかは定かではない。

「見よ、この吸引! 花びらを全て吸い取ってやろう!」
「いやいや、俺の吸引力の方が凄いね! 頭で吸い取ってやる!」
「きたなっ!?」
「何してんだよお前らー!?」

 右手では、地面に落ちた花びらを頭や手に魔法を掛けて吸い取っている。
 3人ぐらいの男がやっていて、何人も観客がいた。
 みんな笑っている。
 俺たちが此処に来て2週間、すっかり仲良しになったと思う。
 表面上なのかどうかはわからないが、みんなに笑顔があることは平和の象徴であろう。
 だって、平和じゃなかったら笑えないだろう?
 なら、これで良いんだ。

 もう此処は平和になった。
 一人一人で生きようとするよりも、協力した方が平和になるし、生活が容易になる。
 最初っから殺し殺され合うような場所をまるっきり変えれば、平和になるのは道理で、そんな簡単な事を誰もやらずにいただけ。
 先導できる人がいなかった……もしくはしなかっただけなんだ。
 ミュラルルのような抑止力があったのもそうだろう。
 だが、脅威は排除され、今はみんなで絆を紡ぎあえる――。

「【黒魔法カラーブラック】」

 3本、気を押し退けて物質創造の力を持つ黒魔法で、人が10人手を広げて横並びできるような巨大な黒のステージを出現させる。

「【白魔法カラーホワイト】」

 光と色を操る白魔法で幾つかの光球を生み出し、ステージに色とりどりの光を浴びせる。
 簡素ではあるが、ステージはこれでいいであろう。
 あとは演奏される曲に合わせて光の色、強弱をつければいい。

「……さて」

 くるりと身を翻せば、突然のステージの出現にほとんどの奴が行動を止め、騒ぐ声も止んだ。
 それはさながら時が止まったようだったが――

「今から演奏会を始めるぞぉぉおお!!!」
『おおぉぉぉぉおおお!!!』

 俺の一言で、全員が引き締まった笑顔がで拳を天へと伸ばした。
 深い絆を今日もまた紡がんと、みんながみんな、盛り上がりを見せる。

 そんな時、視界の端に、戻ってきたフォルシーナの顔が映った。
 不貞腐れた様子は微塵もなく、俺の事を見て優しく微笑む。
 だから俺も笑みを返し、こっちに来いと手を振って手繰り寄せる。
 フォルシーナはゆっくり歩いて来て俺の横に立ち、用事が分かっているのか、影から神楽器達を出した。
 俺も同時にヴァイオリンを出す。
 ギターは無いが、6種類も楽器があればいいだろう。

「さぁ! 告知したように演奏会だ! 誰が最初だー!?」
「俺だ! 俺に弾かせろー!」
「最初は俺が貰う!」
「お前アコーディオンだっけ! 一緒に弾くか!」
「私に弾かせてー!」
「じゃんけんしろお前ら! もしくは纏めて演奏してくれー!グループ作ってもいいし独奏でもいいぞー!」

 声が飛び交う中、あまり縛りのない指示を出しておく。
 俺たちの周りの楽器をかっさらって行って、演奏の邪魔にならないように2人で舞台から退散した。

「ここも、平和になりましたね……」
「だなっ。しかし、ここはまだ大陸の初めだ。早く進むためにも、来週にはここを出るぞ」
「承知しました……」

 俺の言葉を肯定するフォルシーナ。
 そこにあるのは憂いのある瞳ではなく、明るい少し艶やかで優しい瞳だった。

 やがて、音楽の演奏が始まる。
 明るい演奏の音の方に人々は寄せられ、ステージの前は混み合っていた。
 ここも、もう大丈夫だろう。
 あと、懸念なのは――。

 ミュラリルに目を向ける。
 彼女はシートに体育座りで座りながら舞台の方を興味深そうに眺めていた。
 最後の懸念、それは、彼女の自国での扱いだった――。

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く