話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/34/:新たな村に

「……んお?」
「おん?」
「……あぁ、寝たんだった。おはよう、ヤララン」
「あぁ、おはよう」

 最早おはようと言う時間でもないが、キィが起床する。
 上体を起こして目を擦って、すぐに身の回りを確認し始めた。

「あれ?神楽器は?」
「俺が持ってる。神楽器を持った状態分の全回復をしても、時間の無駄だしな」

 神楽器を持っていれば潜在魔力量の分母が跳ね上がり、単位時間あたりの回復量が増える。
 それが元のキィの分の魔力量を超えても勿体無いし、後から神楽器で40倍にすれば神楽器付けての全回復状態となる。
 なら、別にくっ付けといてやる必要はないし、何より寝心地が悪いだろう。

「……つーかもう夕方か」
「夕方だよ。ぐっすり寝てたな」
「グッ……悪かったよ」
「別にいいさ。村はもう見えてるし、今日中に行こう」
「あいよ……」

 すっくとお互い立ち上がる。
 小太鼓をキィに返し、残りの距離も短いので歩きで向かった。
 暗くなってくると【白魔法】の【ライト】で光球を生み出して進む。
 すっかり夜になってようやくといった頃、広く開いた場所に躍り出る。
 草の生えてない地が続いていて、いくつもの建物が見える。
 とうやら目的地に着いたらしかった。

「……気ぃゆるめんなよ?」
「ヤラランこそ、ビビって抜剣すんなよ?」
「はっ、誰がするかよっ」

 軽口を交わし合いながら、内部へと進んで行く。
 特に敵影もなく、それどころか猫の姿もない。
 罠なども見受けられず、何をどうするか悩む始末だった。
 しかし、キィの考えは違ったらしい。

「……妙だな」

 ポツリとキィの呟きが夜に溶け込む。
 俺は彼女に向き直り、尋ねた。

「何がだ?」
「家屋ってのはな、結界が張れない私みたいなのにとっては必要不可欠なんだ。万一襲われても、少なくとも死にはしないからな。んでもって、こんだけありゃ1人ぐらい起きてて、侵入者である私たちを見張ってたりする」
「…………」

 四方を見渡してみる。
 何か動くもの、こちらを見ている人影。
 探してみても、そんなものは一切ない。
 なるほど……。
 占有しているっていうのはこういう事か。

「誰もいなくはない。少なくとも何か・・はいる。まだ夕刻から少し経った程度、きっと起きてるぞ……」
「…………」

 コクリと頷いて、さらに進む。
 耳を澄ませ、目を右往左往させながらも歩く。
 感じるのは冷たい風だけ、軽い恐怖心が身を苦しめるも、何も出てきはしない。

「……どうする? 建物を調べるか?」

 不意に、キィに尋ねる。

「ここまで何もねぇと、その方が良いな。デケェとこから見てくか?」
「……そうしよう。広い所なら何かしらあるはずだ」

 何かしらの情報、もしくは食料とかがあるかもしれない。
 危険も多いが、そんなのは覚悟の上で此処にいるんだ。
 怯むことなく目に立つへと進む。
 剥がれかけの立て札が掛かった2階建ての木造建築物。
 建物の中に光は無く、無人であると言い張っている。
 だが、そんなものを信じる理由はない。
 光球の光を弱めて家屋のドアの前にかがみ、キィも俺に続いてその場にしゃがんだ。

「……叩くぞ?」

 俺はドアノッカーを握りしめてキィに確認を取る。
 彼女はコクコクと頷いて承諾する。
 俺も1つ頷いて、ドアノッカーを上にあげた。

「――ンモォォォオオオオオ!!!」
『!?』

 が、突如聞こえた雄叫びにドアノッカーから手を離してしまう。
 牛?
 こんな良いタイミングで何故鳴いた?
 そしてどこに牛なんて――。

 頭にいくつもの疑問が浮かぶが、そんなものは吹き飛んだ。

 ――ニャー。
 ――ミャー。
 ――ミー。

「……おいおい、こりゃあ……」
「ヤララン!」

 無数の猫の大合唱が、夜に抱かれて響いている。
 いくつもの家屋にも、地面の上にも、猫が口を開いて笑っていたのだった。
 ニャゴニャゴと不気味な、呪詛のように綴られる合唱。
 大合唱は突然ピタリと止まり、全ての猫が口を閉じる。
 静まり返る夜はなんとも言えない不気味さで、思わず頰に冷や汗が伝う。
 だが、緊張も束の間に、猫達は一斉に飛び跳ねた。
 俺たちの方へと、その小さな体躯の群れが押し寄せてくる――。

 どうする?どうする?
無色防衛カラーレス・プロテクト】で防ぐか?
 【力の四角形フォース・スクエア】でぶっ飛ばすか?
 他の魔法で拘束するか?
 だが、これらでキィを守れる保証は?
 結界は今日破られた。
 他の魔法では取りこぼしもありうる。
 ……ッ。

「退くぞ!【無色魔法】!」
「うぇ!?や、ヤララ――のわぁっ!?」

 振り返り、慌てるキィを無断で脇に抱え、空を飛ぶ。
 結界を使ったなら猫を阻めたかもしれないが、どうも自信がない。
 結果、一旦森まで戻るという失態を犯してしまうのだった。

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く