話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/3/:協力

 村から少し離れた森の中、その中で座れる様なスペースを見つけて三角形を描く様に三人で座る。
 俺の光魔法は三人の中心、その頭上に浮遊していた。
 聴こえるのは海の波音と風の音、夜の森では少し怖いくらいだった。

「……さて、まずは自己紹介でもしようかねぇ」

 あっけらかんと言ってみる。
 明るく言ったつもりだったが、少女の方は鋭い視線で俺を見つめている。
 警戒は全然解かれていない。

「……俺はヤララン。商人だ。こっちで肩書きが意味を持つかしらねぇけどな。で、こっちがフォルシーナだ。はい、挨拶して」
「フォルシーナです。ヤラランの従者を勤めてます。よろしくお願いします
「…………」

 フォルシーナが商人の顔でニコニコと挨拶をする。
 少女は顔色一つ変えず、口を小さく開いた。

「……キィ。そう呼んで」
「おう。よろしくな、キィ」
「…………」

 開いたてをキィに伸ばす。
 多少ためらいながらも、キィは手を握り返してくれた。
 しかし握手した手はすぐに離され、キィが話を進める。

「それで、何が訊きたいの?」
「取り敢えず、制度とかだなこの大陸はどんな制度で生活してるんだ?」
「……制度ねぇ」

 少し言い淀んでから、キィは言った。

「そんなものはないよ。法も秩序もない。ただやりたい様にして生きている。自分で殺した死体は自分で埋めるのが暗黙の了解だけどな」
「はーん……。自治区とか、ないのか?」
「自治なんてないさ。いや、自分自身だけを皆自治してる。手を組んで生きる奴もいるけど、半年と立たずに破綻する。私も一回裏切られて殺されかけたよ」
「……そーか」

 法は無く、生きるために必死ということなんだろう。
 特に食に困るだろうな。
 例え畑や田んぼを作ったところで、自分のために生きる人が食物を奪っていくだろう。
 自治などない、か。

「……誰も信用してない空間なんだな、きっと」
「当然でしょ。信用? そんなものは裏切られるに決まってる。裏切られる前に殺る。それが自然よ」
「…………」

 人を信じずに生きていくことが自然。
 俺よりもチビな女の子がそんな事を言う。
 仲良くすることを考えずに、人を殺すことを考える。
 嘆かわしいことだ。

「訊きたいことはそれだけ?」
「……いや。まだある。あそこの、ワイヤー張られた向こうはなにがあるんだ?」
「あそこはここらで一番強い奴が居るだけ。魔法が使える人が強いのは当然でしょ?食料と女を囲って、結界だかよくわからないもので弱い魔法使いを退けてるわけ」
「へーぇ」

 安全な土壌を構えて高みの見物ってわけか。
 魔法という力を持って生まれたから、力で自分の安定を確保してる、と。

「じゃ、あそこ潰すか、フォルシーナ」
「そうですねー」
「……え?」

 あっけらかんと言ってみる。
 キィは驚いたようで、眉を跳ねあげた。

「……今までの話を聞くからに、アンタら新参者でしょ? 勝てっこないよ」
「バカめ、俺は世界一善魔力が多い男だぞ負けるわけねぇだろ」
「……ここらの魔法使いは、全員アイツに殺されたの。魔力が多い少ないより、テクニックだよ」
「……テクニックねぇ」

 張り巡らされたワイヤーを思い起こす。
 テクニックね。
 あんな分かりやすいバリケードで”ここは俺の縄張りだぞ”と主張するような、猿山に居る猿みたいな奴のテクニックなんて、怖くないな。

「はっきり言うが、俺は負けん。なんたって強いからな。この自信が裏目に出たことは……そんなにない」
「そんなにって……ちょっとはあるんなら、やめときな。新参がすぐ死ぬのは可哀想だ」
「けどソイツを倒したらお前らも食料が手に入るし、困ることはないだろ? 違うか?」
「……なんだ、アンタ? 食料を分配するつもりか?」
「あたりめーだ。善魔力が多いっつってんだろ」
「…………」

 キィは再び口を閉ざした。
 そしてなにがおかしいのかプッと吹き出した。

「……アンタ、変わり者だよ。とんでもないバカだ」
「誰も俺が天才だなんて言ってねぇだろ。つまりバカだ。バカで何が悪い。バカをバカにすんなよ!」
「バカバカ煩いですよ、ヤララン」
「おう、すまんすまん」

 調子に乗っていると叱責を受ける。
 流石は我が従者、しっかりしている。

「……いいね、私も協力させて」

 不敵に笑ったキィが申し出る。
 俺とフォルシーナは一度顔を見合わせ、微笑んだ。

「……って言うと?」
「ワイヤーの向こうの男の事、知ってる限り教える。その代わり、私を数日食べさせて。良いか?」
「あたりめーだ! 仲良くしようぜ、キィ」
「フフフ、勿論」

 キィの手を両の手で掴む。
 最初にできた、新しい仲間の手を――。

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く