話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/1/:神楽器

 東大陸の半分以上の面積を占める大国、フラクリスラル。
 その中心都市であるアルスラルの一角に建った4階建ての建物、ヤララン商会。
 中では従業員が書類のまとめと接客をする最中、最上階に居る俺はフォルシーナ他技術班が作成した神楽器を手にとっていた。

「……随分重いな。ヴァイオリンの癖に」
「そう言わないでください。これでも軽くしたんですから」

 念のためにあけておいた空き部屋には窓もなく、俺の【白魔法】による灯りのみが唯一の光。
 室内に居るのは俺とフォルシーナだけで、【緑魔法】で作った木と蔦でできたテーブルには6つの楽器が並べられている。
 アコーディオン、シンバル、太鼓、フルート、ギター、ベース。
 全部で7つ、そのうちのヴァイオリンは俺が手に持っていた。
 2kgはあるだろう、こんなものを使って演奏していては肩が凝る。

「あくまでも魔法設計を織り組んでるんですからね。技術班がどれだけ涙を流したことか……」
「ふーん……まぁ、効果が期待できるなら良いんだけどな」
「えぇ、効果は保証します。こんなものは2度と世界で作られないでしょうね。金銭と技術的意味で」

 神楽器には4つの効果があるように設計してもらった。
 その代表的な効果が魔力の増幅。
 持ち主の魔力を40倍に引き上げる。
 魔力を40倍にすれば、誰でもこの世で最強になれる事だろう。
 莫大な金がなければ、こんなものは作れなかった。

「……どうすれば起動する?」
「常時です。楽器に魔力を流しておけばいつでも使えますよ」
「危ねぇな。いつの間にかクレーター作ってるとか、嫌だぞ」
「魔力さえ繋がなければ良いんですよ。寝て居る時とかは心配いりませんって」

 開発者が言うにはそういうことらしい。
 なら良いんだが……。

「しかし、楽器が兵器だなんて嫌なものですね」
「兵器にもなる、だろ。本当の40倍にした理由は“4つ目”の能力なんだからな」
「……とか言って、身を守る、つまりは戦うために使うんだから、同じじゃないですか」
「それはこの先次第だっつーの」

 戦う時に魔力を補給とかしなければ良いんだろ?
 それなら神楽器がなくとも事足りる。
 使うんなら空いっぱいにシャボン玉出したりして遊ぶ時にするさ。

「とにかく、俺はコイツを貰う。ケースとかねーの?」
「勿論ありますよ。はい」

 言って、影の中から黒いケースを取り出した。
 なんかの動物の皮を黒く染めたのであろう硬質なヴァイオリンケース。
 持ちての他にも、背負えるようベルトが着いている。
 手渡されたケースを開いてヴァイオリンを仕舞い、背に当ててベルトを体に巻く。

「……よし、まぁこんなもんか」
「……? 何がですか?」
「いや、準備だよ」
「ですから、なんの……?」
「西大陸に行く準備」
「…………」

 フォルシーナは白目を剥いた。
 その目でこっちを見るな。

「……準備、ですか……?」
「ああ、そうだけど?」
「……持ち物、見るからに剣とヴァイオリンだけじゃないですか……」

 絶望したかのようにフォルシーナは床にすがりついた。
 俺がとんでもないバカに見えたのだろう。
 まったく、見てくれだけで判断するのは商人として5流だぜ。

「影ん中に1億フラ入ってるし、飲食物も1週間分くらいは入ってる。心配すんな、俺はそんな情けなくねーよっ」
「や、ヤラランが成長している……」
「ふははは、張っ倒すぞ?」
「じょ、冗談ですよ……」

 立ち上がって、無理に引きつった笑みを向けるフォルシーナ。
 都に居てなまった体、久しぶりに動かそうかなー、あははははー。

「で、私も準備するんですか?」
「おう」
「今日?」
「今日だな」
「そんな急に……」

 再び床にすがりつく。
 立ったり打ちひしがられたり、忙しい奴だ。

「正直、俺やお前が居なくても店は回せるだろ。俺の顔が効かなくたって名前でいくらでも売れるし、何かあれば通信ぐらいはするさ」
「え、通信機なんて発明されてましたっけ? 技術班でもそんなものはできてないのに……」
「んーなもんあるわけないだろ。飛んで返ってくるんだよ、1人で……って、なんだよその顔」
「……それ、通信って言わないです」

 フォルシーナのしてる顔は何もかもを諦め、もはや笑うしかないといったところだ。
 俺は別に、おかしなことを言ってるつもりはないんだがな。

「考えてもみろ、フォルシーナ。魔力が40倍なら、大陸の横断ぐらいできると思わねぇか? しかも、俺の魔力が40倍だ。大陸の1/3を飛んで商品を戻しに行った俺が、できないとでも?」
「……いえ、私は貴方みたいに無茶しないので考えがいかなかっただけです」
「うるせっ。いいからさっさと荷物まとめろっ」
「はいはい、わかりましたよ……」

 やる気なさげに楽器を自分の影に落としていき、最後にため息を残して退室して行った。

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く