閉じる

新しいわたしのつくりかた

些稚絃羽

新しいわたしのつくりかた

ジャキン、ジャキン。
鋏を閉じる度、耳元で音がする。


パラ、パラ、パラ。
鋏を閉じる度、足元で音がする。


首と足が少しチクチクして
切る手を止めて、払い落とす。


目の前に置かれた鏡には
小さい頃から変わらない幼い顔が映っていて
さっきまで上半身を半分覆っていた黒い髪が
首が出る程まで短くなったの確認する。


家の一番広いところで、新聞紙を敷いて。
その上に座って、右手に鋏を握って。


腰まであった髪はもう要らない。
顔を隠していた髪はもう要らない。
新しいわたしになるから。


昨日卒業証書を受け取った。
学生だったわたしはもういない。
だから今日からわたしは大人のわたしになるの。


首に冷気が当たる。
耳は少し覗くくらいに。
前髪ももう少し、斜めに切り揃えて。


ほらもう、昨日とは違うわたし。
これから格好良いわたしになるの。


鏡に映っている顔は何一つ変わってはないけれど
少しだけ誇らしい気持ち。
下ばっかり見てた私はもういない。
鏡に向かって笑いかけてみる。


新しいわたしのはじまり。

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く