優しく触れて。

些稚絃羽

優しく触れて。

目を瞑り、息を吐く。


 真っ暗な闇の中にたった一人のような。そんな気がしていたんだ。ずっと。
 誰かが笑う度、泣く度、怒る度。
 すぐ近くで起こっている事なのに、自分には全て関係ない事と思った。
 まるで自分だけ透明なカプセルに入っていて。
 声も、体温も、存在さえも。何も伝わってこなくて。
 誰にも伝わらないように感じていたんだ。


そっと目を開けて、息を吸う。


 カプセルの向こうから声がして。こっちへおいでよ、って言うから。
 行けないよ、って言ったんだ。怖いんだ、って。
 そうしたら、白く細い腕がカプセルの中に入ってきて。
 君がそこにいると寂しいよ、って言って。そっと腕に触れたんだ。
 冷たいような、暖かいような、不思議な感じがした。
 そっと引っ張られて一歩前に進んだら。
 カプセルがパチンと弾けて消えたんだ。


体に誰かの影が落ちる。肩に感触。


 太陽があって、子供の声がして、花の匂いがした。
 君は暖かいね、って言うから。君も暖かいよ、って言ったら。
 君が温めてくれたのよ、って笑った。右の頬にえくぼが見えた。
 握った手のひらから何かが伝わる気がした。


「またここにいたの?」
「あぁ。」
「本当に好きね。」
「だって君が最初に触れてくれた場所だから。」


いつまでも。
肌に、心に、優しく触れて。

「優しく触れて。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く