それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

62.募る想い、好きって言葉

最後まで言い終わらない内に、俺は堪らなくなって彼女を抱き締めた。何度もそうしたくて、でもできなくて。そんなもどかしさを補う様に、強く強く。
それでも彼女は嫌がることなく受け止めてくれる。背中に回った腕がコートを握るのが分かる。彼女も俺を求めてくれている、そんな気がして。隙間を埋めるように、更に彼女を包み込んだ。

やがてどちらともなく体を離す。まだ触れていたくて、互いに手を取り合ったまま。
見上げる彼女と目があって、愛しさに口元を綻ばす。柔らかい笑みが俺だけに向けられていて、ただそれだけの事に目頭が熱くなった。
「……他にどんな事を思ってる?」
「え?」
「俺に対して思ってる事、他にも沢山あるんだろ?
 それを、教えて。」
彼女が俺を想ってくれていると十分すぎる程伝わったけど、もっともっと知りたくて聞いてみる。
「え、えと……。」
先程の想いに駆られた様な必死の告白とは裏腹に、顔をほんのり赤く染めて言い淀む。
「俺はさ。」
聞いてばかりはフェアじゃないから。俺の気持ちを伝えるよ。もう分かっているだろうけれど。
右手で彼女の頬に残る涙の後を拭う。冷えた頬に俺の手は心地良かった様で、彼女は瞼を閉じて頬を預けた。


「君が俺の後ろを付いてくる足音を聞くのが好き。」
君と一緒にいる事を実感できるから。

「柔らかい笑顔が好き。真剣な時の強い目も好き。」
どんな表情も君が素敵な人だって表しているから。

「俺が泣いた時に背中を摩ってくれる暖かい手も好き。」
その手はいつも俺を励まし勇気づけてくれるから。

「はい、って返事も大丈夫って言葉も。」
君の言葉は魔法みたいに心に染み渡るから。

「コーヒーを淹れてくれる時の心遣いも、
 俺が好きなものを好きだと言ってくれる事も、
 プレゼントをとても大事にしてくれている事も。
 さっき俺の事を、貴方って呼んでくれたのも、
 近くなれた気がして嬉しかった。」
全部が暖かくて、優しくて、愛しくて。

「…俺を大好きだって、言ってくれる君を。」
だから、どうしても伝えたい。何度言っても伝えきれない、この想いを。

「俺は、愛してる。」


彼女は瞼を閉じたまま、じっと俺の言葉を聞いていた。折角拭った跡の上に、何度も何度も涙を流して。
君の事だから恥ずかしいから、と遮られるかと思ったけれど、君は何も言わず聞いてくれて。
やがて慈しむ様な瞳で俺を見上げて、口を開く。
「私は。」

「…前を歩く貴方の大きな背中を見るのが、好きです。
 子供みたいに楽しそうな時の顔も、
 人前で話す時の凛とした顔も、好きです。
 私の手を引いてくれる大きなこの手も。」

「いつも私の歩調に合わせてくれるところも、
 我儘を言っても甘えさせてくれるところも、
 私の前でだけ泣いてくれるところも、好きです。」

「2人きりの時に、君って言われるのも、
 ん?って聞き返されるのも、実は、好きです。」

1つ1つ伝えてくれるその言葉に、何度も何度も「好き」が繰り返されて。そのたった2文字に、これまでの彼女の葛藤を思うと、他のどんな言葉より心が震える。

「…でも何より、私を愛してくれる貴方が、
 私は、大好きです。」

そうだね、君はいつだってそうだ。
俺の予想を遥かに飛び越えて、そして俺をもっと夢中にさせる。
そんな君だから。
俺は君を、愛してる。


「……嫌なところは、ないですか?」
その瞳にはからかうような色が見えて、きっとずっとこうなんだろう、って気がした。
「今、そんな事聞くの?」
「やっぱりあるんですね?」
「言葉尻拾って、そんな風に聞いちゃだめでしょ。」
互いに笑い合う。
「そうだな。唯一あるとすれば。」
続く言葉を、俺を見つめて待っている。
「何でも自分で解決しようとするところ。
 気になる事があるなら聞いてくれたら良いし、
 何かあったならちゃんと相談して。
 何も言わずにじっと見つめられたら、
 俺どうしていいか分からないから。」
いつかの事を思い出す。彼女もそれに気付いて少し顔を赤らめる。
「ごめんなさい……。でもそれは、」
「ちょっと待って。」
性急に話そうとする彼女の言葉を遮る。そんなに急がなくていいよ。
「ここじゃ寒いから移動しよう。
 それに、俺達には沢山時間がある。
 だからゆっくり、沢山話をしよう。」


今日だけじゃなくて、明日も明後日も。
ずっと先まで、俺は君を知って、君は俺を知って。
時には文句を言ったり、言い訳をしながら、そうやって沢山話をしよう。
何があったってそれでもやっぱり君を好きだと、確認する日々になるだろう。
とりあえず今はこれから話される彼女の言い訳に思いを馳せて、優しく降り続く雪の中を手を繋いで歩き出す。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く