それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

61.彼女の気持ち

2人は一言も言葉を交わす事なく、俺は約束を果たすためにただ無心に車を走らせていた。
これから何かが起こりそうな予感がする。
それが良いものか悪いものかを探る手は持ち合わせていない。だから今の俺はその場所へ向かうしかないのだ。
程なくして白く塗られた丘が見えてくる。
坂を登り始めるといつもより進みが悪い気がして、アクセルを強く踏み込んだ。

辿り着いた駐車場には他に一台の車もなかったけれど、吸い寄せられる様にあの時と同じ場所に車を停めた。
外に出ると冷えた空気が一気に肺に回って息苦しい。
「寒くない?」
寒いのは分かりきっていたけれど、このまま上まで行けるかどうかを確認するための問いだった。
「平気です。多分立花さんより着込んでますよ?」
お腹のあたりをぽんぽんと叩いてアピールしてくる。
その仕草はあまりにも無邪気で。
俺の空気を和らげようとしているのか。それとも自身の緊張を解こうとしているのか。
どちらにしても無理にはしゃいでいる気がした。

休憩所までの坂道をゆっくりと上っていく。
鼓動が早くなる。大きく波打つ様な。
上に到達すれば、否が応にも何かが始まり、終わりまで留まる事なく進んでいくだろう。
白んだ空を見上げながら、白い息を吐き出す。
小刻みに震える両手は寒さの所為にして、どんどんと早まる鼓動は坂の所為にした。
そして、辿り着く。丘の頂上に。

「真っ白、ですね。」
見下ろした景色はいつかとは一転、白一色。
雲から時折覗く太陽の光に照れされて、あちらこちらで眩しい光を放つ。
「冬も意外と良いな。」
「そうですね。」
丘の下を車が流れていくのが見える。それでも音はここまで届いてこなくて、今ここは確かに2人だけの世界の様に思えた。
「立花さん。……話を、しませんか?」
彼女に気づかれない様に、息を大きく吸い込む。
冷たさに鼻の奥がつんとして、少し涙が出そうになる。
「……うん。」
たったそれだけの言葉が上手く声にならなかった。


彼女は向こうを向いたまま、静かに話し始める。
「…あの日からもう7ヶ月位経つんですね。
 とても早く過ぎていった様な気もするし、
 とてもゆっくり流れていった様な気もします。
 立花さんにはやっぱり、長かったですか?」
自嘲気味に笑って、彼女がこちらを見る。
待たせたでしょ、って言われている気がした。
「そんな事ないよ。あっという間だった。」
次出掛ける日を約束する度、遠足前の子供みたいにそわそわしていたらすぐにその日がやって来て。
いつも次の日を楽しみにしていた。

「色んな事がありましたよね。
 一緒に沢山出掛けたし、皆で旅行もしたし。
 思い出の場所にも連れて行ってもらって。
 その分沢山、話をしましたね。」
「うん。」
7ヶ月分の記憶にはいつも隣に彼女がいた。
色んな表情の彼女を見て、色んな彼女を知った。そしてその度、彼女をもっと好きになった。

「あの日から何度も何度も、もう恥ずかしくなるくらいに
 気持ちを伝えてくれましたね。」
「恥ずかしがらせるつもりはなかったんだけどな。」
「本当ですか?」
ふふ、と笑ってそれから思い出す様に空を見上げた。

「あの時、諦めが悪いって言った立花さんの言葉を、
 信じてはいませんでした。私が答えを出さない間に
 きっと愛想尽かされるだろう、って。」
「……しつこかった?」
不安を言葉にする。
「いえ。楽しかったです。」
そんな日々も良いものとして彼女の中に残っているのだろうか。
表情を見る限り、その言葉は嘘ではなさそうだ。ほっと胸を撫で下ろす。
「沙希ちゃんに応援してるって言われた時は
 正直困りましたけどね。」
思い出して苦笑する。

少しの沈黙の後、彼女がまた口を開く。
「我儘を言っても良いって言われた時、嬉しかった。
 我慢したり譲るのは当たり前だと思ってました。」
その横顔は晴れやかで、自分がその顔をさせていると思うと心が震えた。

「それなのに最近、自分がどんどん欲張りになって。  
 とても卑しい人間になった様に思えていました。」
彼女の欲張りなんて、きっと可愛いものなのに。

「でももっと我儘言って良いんだって。
 何だか魔法の言葉みたいに心が軽くなりました。
 自分の気持ちに正直になる事を許された気がしました。」
小さいがよく通る声が空気を震わす。


「…私は、愛を知りません。恋だって、知りません。
 好きという気持ちが一体どんなものなのか、
 言葉で言われても同じ様には理解できません。
 どんな本を読んだって、分かりません。」
いつか聞いた様な言葉をなぞる。はっきりとした口調で、1つ1つ言葉が落とされる。

「それでも。」

視線が絡む。
「それでも、今ある気持ちが。
 誰より立花さんと一緒にいたい、とか、
 誰より立花さんを支えたい、とか。」

瞳が潤み出す。
「私が、隣を歩きたい、とか、
 誰も知らない貴方を私だけが、知りたい、とか。
 他にも沢山、沢山あるけど。」

震える口で叫ぶ様に言う。
「そんな気持ちが、好きって事なら。
 きっと私は、立花さんが、」

涙が一筋、白い肌を走る。

「大好き―――」

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く