それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

57.実感

「見たぞ。」
「……何の事でしょう。」
「雑誌。」
でしょうね、とは言わなかった。源さんのにやついた顔を見れば、何が言いたいか分かった。
それはこの1週間、嫌と言う程経験したからだ。
社長からは、「写真写りいいなぁ」と笑われ、社員からはすれ違いざまに「見ましたよ」と声を掛けられ、街を歩いていても俺を見た人が「あの人、ライフに載ってた―」「Partnerの―」と言っているのが聞こえて、とてもしんどかった。
「源さん、大分出来上がってきましたね。」
「もっと嫌そうなリアクション期待してたんだがなぁ。」
「残念ながら飽きてしまったので。」
「何だ、遅かったか。」
少し悔しそうにする源さんを尻目に中へと入っていく。

外装はほぼ完成してしまって、後は外の花壇と中の内壁やカウンターの設置、配線等を残すばかりだ。
「一月なくここまでできちゃうんですねー。」
金城がきょろきょろ見渡しながら、感心する。
「儂らは他のどこの建設会社より早いからな。」
話には聞いていたがここまで早いのか。見ると隣のショップに繋がる廊下もできている。ガラス張りで小さな内庭を見られる作りになっている。
「すごいな。」
気が付いたら呟いていた。これまで何度か来て、少しずつ出来上がっていく様を見て、何度も思った事だ。そこにないものを一から作る。その点は俺達と変わらないけれど規模が違う。人が過ごす場を作り出すのは、大きく尚且つ繊細な仕事だと思った。

「あと少しですね。」
「あぁ、予定通りだな。
 内壁までしたら窓のやつしてもらおうと思うんだが、
 イベントってのは来週だったよな?」
「はい。来週の土曜ですね。」
「だったら、先してもらうかな。
 あーと、来週の月曜か火曜は来れるか?」
手帳を確認する。火曜なら出て来られそうだ。
「火曜でも良いですか?」
「おぅ。じゃ火曜な。聞いたが、その何たらってのは
 ガラスの破片ですんのか?」
「シーグラスですって。
 正確には浜に打ち上がったガラスの破片でしますね。」
いつまで経ってもシーグラスを覚えてくれない源さん。
「じゃ、それ集めねぇといけねぇのか?」
「それなら大丈夫です。」
そう答えたのは菅野だった。
「今まで集めたのがあるので、それを使おう
 と思ってます。」
「え、でも……。」
「あ、ならいいな。火曜に来てやってもらえるか?」
「はい、勿論です。」
源さんは呼ばれて、駆け足で出て行った。
「良かったのか?将来使うために集めたんだろ?」
折角自分のために集めたのに使っていいのか、と心配になる。
「使うべき時がここだと思うから使うんですよ。
 それに一から集めようと思ったら、
 結構時間掛かるんです。知らなかったでしょう?」
「それは知らなかったな。」
「色んな色を集めたので、楽しみにしててください。」
自慢する様に言うから、期待してるって笑って答えた。


約束の翌週、火曜日。今日も全員で行くつもりだったが、イベントの前準備に急遽人が欲しいと声を掛けられ、
「ここは俺達が行くので、菅野と行って来てください。」
という竜胆の言葉に了解して、菅野と2人で行く事になった。
「窓、こんな感じにしようと思うんですけど……。
 どうでしょう?」
新幹線の隣の席で、彼女は紙を広げて俺に意見を求めてきた。
中央を楕円に残し、周りにカラフルな色が散りばめられていて、下方で男女のシルエットが向かい合っているイラストだった。
「男女の……パートナーか。」
「はい。Partnerのカフェなのでそれが伝われば、と。」
「良いと思うよ。可愛いし、絶対目を引く。
 ただ、俺にもできるかな?」
ふふ、と楽しそうに笑う。
「そんなに難しくないので平気ですよ。必要なものは
 用意してますし、教えますから大丈夫です。
 ……私が立花さんに教えるって何か変な感じです。
 今まで教えてもらうばかりだったので。」
少し恥ずかしそうに頬を掻いている。そんな事ないんだけどな。
「今までだって、沢山色んな事教えてくれたよ。
 自分が気付いてないだけで。」
「そう、ですか。それなら、嬉しいです。」
照れたのか、それだけ言って黙ってしまう。そんな時間だって楽しくて、とても幸せだった。

「ここはこれ?」
「えっと、もう少し小さいのが良いですね。
 あ、これにしてください。」
「うん。」
イラストを見ながら、指示を仰いで進めていく。
疲れるだろうから、と源さんがスツールを2脚出してくれて、それに座って並んで1つの窓に向かい合っていた。
シーグラスを付ける窓は全部で3つ。少しずつ色の配色や男女のシルエットを変えたりして、楽しめる様に工夫している。
1つ終われば俺も少し慣れて、要領が分かってきた。
「流石です。飲み込みが早いですね。」
と褒められれば、嬉しくなってスピードも上がっていく。
「やっぱりあの時、したいって言って良かったです。」
手を止めず目線も窓に向けられたまま、彼女が呟く。その顔は幸せそうに微笑んでいた。
「我儘言って正解でした。」
「当たり前だろ?俺が良いって言ったんだから。」
茶化して言うと、ちらと俺を見て笑う。
「私、立花さんにそう言われると認められてる、
 って思えます。
 初めは迷ったけど、LTPに来る事を選んだのも、
 今までしてきた仕事も、どれも間違ってなかった、
 正しいんだって思えるんです。」

真っ直ぐな言葉が胸を打つ。
今回取材を受けて、何度も最初の取材を思い出した。まだ入社したばかりで何も分からなくて、必死だった。先輩達が俺を受け入れて沢山助けてくれた。なのに俺のせいで先輩や社長まで悪く言われた。
やがて先輩達が抜けていって、俺がリーダーになって。俺でいいのかっていつも不安だった。それでもやっていかなきゃいけなくて、もう5年。迷う事ばかりだったけど、仲間がいて。ふとした時に掛けられる言葉やしてくれる事で。
「認められてるって-正しいんだって思えるんです」。
俺だって。
「俺だってそうだよ。君がいて、皆がいて。
 ここが俺の場所なんだって思える。
 本当に良いパートナーと出会えたってそう思う。」
できかけのシルエットに触れる。つるつるとした感触。
俺はこんな感じでまだ端が欠けてて。それでも。
隣から手が伸び、欠けた部分にガラスを付ける。完成した2人が外の光できらきら光る。
こうやって、俺を作ってくれる人が。欠けたところを埋めてくれる人が、いるから。

「幸せだ。」
「はい。とても。」

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く