それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

42.父子の思い

「ふわぁー。」
大きな溜め息と共に椅子に崩れ落ちた林田。どうやら緊張でかなり気を張っていたらしい。皆もそれぞれ息を整えている。
「それにしても名前を覚えてもらえてるなんて。」
「社員全員の名前覚えてる人だからな。」
「全員!?」
天馬が驚くのも無理はない。500人近くいる社員を、古株から新入りまで全て把握しているのだから。
「立花さんもあんな感じになるんですね。」
いつものトーンで竜胆が言う。
「あんな、って?」
「子供に返ったみたいな感じです。
 頭を撫でられた時は特に。」
「本当に親子みたいでしたもんねー。」
自分では分からないが、顔に出てるという事だろうか。指摘されるとどうしていいか分からなくなる。
「そんな事はどうでもいいだろう!
 明日に備えて準備するぞ、大きい仕事なんだから。」
「誤魔化しましたね。」
そんな声は無視して、パソコンにUSBを挿す。
俺の様子に諦めて、竜胆はプロジェクターを起動させる。ぐったりしていた林田ものろのろと動き出して、スクリーンを準備する。
どんなにふざけていても、仕事モードにきっちり切り替えられるのが、このチームの良いところだ。


「まず建物のコンセプトから考えないとな。」
「そうですね。」
書類に再度目を落とすと、概要の欄を見る。
【全世代の消費者が、憩いの場として気軽に使える。】
【実際に商品に触れたり試したりできる、第二のショップとして活用。】
この2点しか書かれていない。
「ざっくりしすぎだろ……。」
「すごい簡単な書類っスね。全部丸投げみたいな。」
林田が口を尖らせて文句を垂れる。
「社長の書類はいつもそうだ。」
「え、社長が作られた書類!?
 い、いや、こういうのもいいと思いますー。」
「今更遅い。」
冗談を言いつつ頭を抱える。多少の知識があれば進めやすいんだろうが。
「あの、思ったんですが。」
菅野が控えめに挙手しながら、発言する。
「ん?何だ?」
「私達には専門的な事は分からない訳なので、
 消費者の気持ちでこんな店が良いとか、
 こんな風にしたいっていうのを出してみる
 というのはどうでしょう?
 できるできないは一先ず置いておいて、
 私達が使いたくなるお店を考えてみませんか?」
菅野の提案はなかなか新鮮なものだった。
すぐに完成品を考えるこれまでとは違って、夢見る店を考えてみる。それはまるで。
「子供の頃に思い描く、理想の家やお城やお店みたいに。」
幼い頃、紙いっぱいに大きな家を描いて、ここが俺の部屋、ここが母さんの部屋って言いながら、その家に住む2人を想像していた。
大人になって、できる事しか考えなくなったけど、あの頃みたいにしたい事を考えてもいいのかもしれない。
「そうだな。じゃ、理想の店、考えてみるか。」


「それ可愛すぎないか?」
「えー、逆に竜胆さんのは渋すぎです!」
「でも夏依ちゃん、これは子供しか入れないよー。」
「そうですかね?」
「うん。てっちゃんは……それ何を目指してるの?」
「え?ロケットかな?
 配線とかわざと見せてさ、格好良くない?」
「少年は集まりそうだね…。」
「立花さん。それはマスターの店になってます。」
「ん?あ、そうか。
 いや、喫茶店って言ったらマスターの店が
 一番に思い浮かぶからさ。」
「ふふ、分かりますけどね。」
「あ、はるちゃんのオシャレだね。窓はステンドグラス?」
「ううん、シーグラスで柄を作るの。憧れなんだ。」
「へー、可愛いね。」
「なぁ、隣のショップと通路繋いでさ、
 わざわざ外出なくてもいい様にしたらどうかな?」
「それ良いですね!雨の日とか面倒ですし。」
「外壁は白より柔らかめの色入れた方が良くないですか?」
「夏依ちゃん、そのカラフルなのはやめよう?」
「分かってますよ!」


皆の意見と笑いが飛び交う。
今までだって自由な発想で商品を考えてきたけれど、こんなにも無邪気に楽しく考えた事はなかった気がする。寧ろ、してはいけない事の様に考えていた。
それなのにこうしてやってみると、こんなにも色んなアイディアが飛び出していく。子供に戻った様な、そんな気持ちで。
「これを求めていたのかな……。」
「何ですか?」
「いや、何でもない。」
社長はこれを求めていたのかもしれない。
いつも真剣に商品や消費者と向き合ってきたけれど、確かにこれが“仕事”になってきていた。
だからもっと、ただ好きだった頃の様に。
こんな商品を作りたい、とひたすら考えていた頃の様に。
稚拙で奔放で、それでいて熟思していて真っ直ぐで。
途端に、去り際に頭を撫でられた事を思い出す。
あれは、エールだ。
社長としてではなく、父親としてのエール。
……やってやる。見てろよ。
予想の斜め上を行くくらいのとびきりの店、作ってやるよ。
俺達はあんたが集めた、最強のLTPなんだから。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く