それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

39.魔法の言葉

会話はそんなに多くはなくて、昨日のメールで吐き出した感情のために
ただお互いの存在を空気で感じ、1人きりではないことに安堵していた。
少なくとも、俺は。
何をしたともない。
食事をしたり、偶然見つけた店に入ってみたり。
たったそれだけの些細な日常に、こんなに心穏やかになる事なんてなかっただろう。
名前を呼ばれて名前を呼んで。
たったそれだけの当たり前の事に、こんなに心躍らせる時間もなかっただろう。
今あるこの一時が、ずっと続けばいいのに。
そう思うと同時に、怖くて堪らない。
今の曖昧な関係が続いて、やがて君がいなくなったら。自分が与えた選択肢が現実になる場合だって確かにある。
恋人という関係に変わって、やがて亀裂が生じたら。掴んだ幸せの中に綻びが全くできないなんて事はないだろう。
先の事を考えたって無駄なのは分かっている。それでも考えずにはいられない。
今に幸せを感じるからこそ、先が見えなくて、見えそうで、怖くなる。
何度もやってくる不安を拭う術を、俺は知らない。


「立花さん?」
彼女が心配そうに俺の顔を覗き込む。
「どうした?」
「調子悪いんじゃないですか?」
思考が不安へと傾いていたために、心配させる程表情が硬くなっていたらしい。
「大丈夫だよ。ありがとう。」
安心させようと笑って答えるけれど、
「私がご無理言ったからお疲れなんじゃないですか?
 それとも何かお悩みでもあるんじゃ…?」
上手く笑えなくて余計に心配させてしまった。
「疲れてないよ。俺だってそこまで歳じゃないしね。
 昨日も言ったけど、俺だって会いたかったんだから
 無理はしてないよ。」
「……お悩みがあるんですね?」
気持ちを隠したい時、敢えてその部分に言及しない。意識していない俺の癖を彼女は理解している様だ。
「私じゃお力になれませんか?」
初めて会った時に見た、意志の強い目。それがどこか儚げに揺れている。胸が痛くなるけど。
「そう言ってくれて嬉しいんだけど……。
 俺の胸の内を伝えたら、きっと君が苦しくなる。」
彼女はきっと答えを急いでしまうから。そうなればきっと後悔する事になる。
「私が……?」
「君には笑っていてほしい。大丈夫だ、って。
 ……そうだな、あとは。
 敬語が抜けた時の君の話し方が好きだから、
 できれば敬語抜きで話してほしいかな、なんて。」
誤魔化してお願いをする。
俺が気持ちを伝えてから、彼女はずっと答えを探しているだろう。
もうこれ以上に彼女を困らせたくはないんだ。
彼女は複雑そうな顔をして、それでも笑ってくれる。
「大丈夫。」
気休めに過ぎない言わせた言葉なのに、彼女の口から出るとそれは魔法みたいに心に溶けて、ひどく安心する。ランプに灯した火の様に、暖かな何かが胸の奥で揺らめいた。
「大丈夫、大丈夫。」
一回り小さな手が俺の手を包み込んでくれる。両手でしっかりと、でも優しく。ひんやりとした掌と繰り返される言葉。
「うん、ありがとう。」
彼女の手が触れる時、どうしてだか泣きそうになる。
悲しいんじゃない。きっと、心に触れられるからだ。
「ありがとう。」


家に帰って、次の約束をしなかった事を思い出す。あれ以上言葉を出すと涙が出て止まらなくなる気がした。
もし明日会ったら俺は彼女をもっと困らせるだろう。少し気持ちが治まるまで、会うのは控えた方が良さそうだ。
「大丈夫。」
自分で言ってみて、違うと思った。
不確かなこの言葉をすんなり受け入れられたのは、やっぱり、彼女だったからだ。


それから3日空けた火曜日。
彼女からメールが来る。
<こんにちは。
 もし明日予定がなければ、会えませんか?
 渡したいものがあるんです。>
いつもの彼女より少し、本当に少しだけ砕けた言葉。きっと俺の言葉を意識してだろうと、少し笑ってしまった。
<OK。お昼頃迎えに行く。>
<ありがとうございます。了解です。>
渡したいものって何だろう。この間の俺に気を遣っているのだろうか。
そうだとしても、彼女が俺のために動いてくれる事が嬉しい。
やっぱり、どうしたって彼女が好きなんだ。
不安は消えてなくなる事はないけれど、彼女が繰り返し言ってくれた“大丈夫”が確かなものになる様に。
できる事は、今この時精一杯彼女を愛す事。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く