それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

37.帰路の約束

朝。浴衣がぐいっと引っ張られて、目が覚めた。
目を開けると、昨日と同じところに白い手が見える。器用にも寝ている間、ずっと俺の浴衣を握っていたらしい。手は浴衣を握りながらも、気持ち良さそうに寝ている。
いつか見れなかった寝顔を見て嬉しくなる。何だか小動物を眺めているみたいだ、と1人可笑しく思っていると、突然パチっと開かれた目と視線がぶつかる。
別にやましい事をしていた訳ではないのに、心拍数は上がり、顔は強張る。
ぶつかった視線はゆっくり逸らされ、自身の手の方へ。
この状況をどう説明しよう。
君が自分から握ったんだ、と言うと責めている様だし。俺が握らせたみたいに言うとただの変態にしか思われない。第一それだと嘘だし。
「……ですね。」
「ん?」
顔半分が布団に隠れているため、彼女の声が上手く聞き取れない。
「夢じゃなかったんですね。」
寝起きの掠れた声が耳に届いて、トクンと胸を打つ。
「何が、夢じゃなかった?」
彼女の言葉に質問を返す。まだ微睡んでいて、布団に顔を擦りつけながら彼女が言う。
「私を誰かが運んでくれている感覚があって。
 立花さんの腕の様な気がしたんですけど。
 これは夢かも知れない、と思ったから。
 起きた時に確かめられる様に掴んだんです。
 掴んだ事も夢かもと思ったけど。
 ……夢じゃなかった。」
あの時、寝ながらも俺が抱き上げた事に気が付いていて、それを嫌だと思わず、寧ろ起きた時の確かめようとしていた、なんて。
夢じゃなかった、と眠そうな顔で笑う彼女は、いつもの何倍も幼く、それでいて女の顔をしていた。
最初の焦りとは違う意味で、心拍数が上がるのを感じた。
「……俺のお姫様抱っこの乗り心地はいかがでした?」
「よく眠れました。」
こんな時に気の利いた台詞なんて思い付かなかったけれど、彼女はちゃんと答えてくれて。今にもまた眠りに入りそうなのに、俺との会話を続けてくれている。この時間が心地良いと言う様に、穏やかな笑みを湛えて。
時計を見るとまだ6時。
「まだ早いからもう少し寝てていいよ。」
本当はもっとこの時間を楽しんでいたいけれど、眠そうな彼女を起こしておくのは可哀想だ。
「うーん。大丈夫です。
 このままもう少しお話しましょう?」
もしかしたら彼女もまた、この時間を楽しんでいるのだろうか。そうだと嬉しいな。
今日の天気はどうだとか、帰りの話だとか、そんな他愛もない会話を皆が起きるまで続けた。そんな事が幸せで堪らなかった。


「いやー。本当に楽しかったですねー。」
天馬の呑気な声が帰りの車中に響く。帰りも竜胆が運転をしてくれて、俺は珍しく一番後ろのシートで菅野と隣合っていた。
「俺は半分お守りだった気がするけど。」
軽い嫌味を言ってやる。隣の菅野はふふと笑って、ありがとうございましたと言う。前の席の天馬ががばっと後ろを向いて、
「2日連続でお世話になりました!」
と頭を下げる。その隣の金城も、
「私まですみませんでしたー。」
と少し恥ずかしそうに礼を述べる。既に旅館で交わした会話だ。
その時もそうだったが、今も竜胆の瞼がぴくりと動くのがバックミラー越しに見えた。
金城を抱き上げて運んだ俺に怒っているのではない。その時介抱できなかった自分に腹を立てているのだ。と言っても、触れたいという欲からではない。金城の事は何でもしてあげたいという気持ちからだ。
この旅行でからかわれたお返しをしてあげよう。
「金城はもっと食べた方がいいんじゃないか?
 身長が低いからって軽すぎ。倒れるぞ。」
勿論、心配の意味も含んでいるが。
「そ、そういう事言わないでもらえます?」
ちょっと耳を赤くして俯く金城。それでもちらちらバックミラーを見ているのが分かる。
きっとこうして赤くなっている事で、竜胆に勘違いされないか心配なのだろう。
見られている当人はというと、俺の意図に気が付いた様で。むすっとしてミラー越しにこちらを見た。それににこっと笑って返す。
人をからかうと自分に返ってくるんだぞ、覚えとけよ。
そうして面白がっていると、腕をつんつんとつつかれる。
「ん?」
「あの、……私重かったですか?」
金城に軽すぎ、と言ったために自分は重いと思ったのか。
小声で言いつつこちらを窺う様子が可愛くて、頭を撫でてやりたくなった。
「菅野は身長あるのに軽すぎ。
 美味しいとこ、沢山連れて行く。」
小声でそう返すと、楽しそうな嬉しそうな、そんな表情でふふと笑った。
そうだ、次に出掛ける日を決めておこうか。
でも狭い車中。小声で話すのにも限界がある。


後ろに積んだ荷物の中から、手帳とペンを2本取り出す。
隣の彼女は何が始まるのかと見守っている。
手帳から2枚ページをちぎって、その1枚とペンを彼女に渡す。
彼女は不思議そうにそれを受け取る。
<次出掛けるのはいつにする?>
紙にそう書いて、彼女に見せる。
そこでしたい事に気付いてくれた様で、ペンを走らせる。
<私は特に予定はないので、いつでも大丈夫ですよ。>
彼女の整った文字が、線の上に並ぶ。
勝手な解釈をすれば、俺が毎日会いたいと言えば会ってくれるのだろうか。そんな事を考えてしまう。できればあまり時間を空けたくない。
<俺も全然予定ないんだ。
 明後日とかでも会ってくれる?>
こんな聞き方、と自分で可笑しくなる。
<勿論です。>
そうすぐに返してくれた事が震える程に嬉しい。
彼女も俺と会う事を楽しみにしてくれていると感じられたから。花火の時の彼女の言葉は社交辞令じゃないと確信できたから。
<どこか行きたいところ、ある?>
<美味しいところ、連れて行ってもらえるんですよね?>
先程の会話を含めて、からかう様に笑ってこちらを見ている。
<美味しすぎて太りそうなとこにしようか。>
<望むところです。>
2人で皆に気づかれない様に、小さく笑い合う。
朝の会話もこの筆談も、至って普通の会話なのにこんな些細な事が楽しくて仕方ない。
<何系が好き?和食とか、イタリアンとか。>
さっきから質問ばかりになるのは、彼女を知りたいから。
<そういうのはあまりこだわらないです。
 でも結構、麺類が好きです。>
麺類が好きだったのか。そういえばこの旅行中、よく麺食べてたっけ。
<立花さんは?鯖寿司以外で。>
鯖寿司と書きかけたところで先手を打たれてしまった。
まぁ、これは皆周知の事実だもんな。
<どっちかと言うと和食派だけど。
 実は粉物が好きなんだ。>
<お好み焼きとかですか。>
<小麦粉使ったものって、無条件に美味くない?>
彼女が肩を震わせて笑う。
<もっとこだわる方だと思ってました。>
無条件に、というのにどうやらハマったらしい。
<庶民舌だから。実は美味しければ何でもOK。>
そんな会話が、解散まで続いた。


今日1日で、いや半日程で、今までになく話をした。大した事ないと笑われる様な会話。
写真や他のどんな形にも残らない、時間。
それでも俺と彼女は確かに、その時間を楽しいものとして共有した。
こういうただの記憶がもっと増えていけばいい、と思った。
彼女の字で埋まった紙は俺の手帳に挟まれ、俺の字で埋まった紙は彼女の鞄に仕舞われた。
またいつか、並べて読んだらきっと楽しいなって。
そんな子供の様な、約束。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く