それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

36.微笑みの夜

俺達2人が旅館に着いて浴衣を着替えて戻ると、
「おかえりなさーい。」
酒を買い込み、金城のお菓子をつまみに飲んでいた様で、にへらと笑いながら、4つの赤ら顔が迎えてくれる。
「程々にしろよ。」
そう言いながら、林田と天馬からは距離を置いて座る。昨日の二の舞は御免だ。
「今皆でお話してたんですよー。」
「ふーん。」
「うわ、興味なさそう。参加してくださいよー。」
金城が言う。余程楽しかったのだろう。酔っ払って浮かれている。
「立花さん、ご趣味はー?」
「見合いみたいな質問だな。
 趣味って言う程のは、読書くらいか。」
「意外ですー。もしや根暗?」
「おい、読書家を馬鹿にしてんのか。」
天馬に厳しく言っておく。本人は怖ーい、と言っているだけだから全く効いてなさそうだ。
「休みの日は何してんスかー?」
今日はまともに話せるらしい林田の質問に、
「本読んだり、ジム行ったり。
 あぁ、千果んとこも行くな。」
とわざと強調する様に答える。
「うぅ、くそー。羨ましい関係性……。」
「お前も行けばいいだろ。」
本気で悔しそうにするのが面白くて、笑ってしまう。
「あ、その笑顔で誑かしてんでしょー!」
思いっきり言いがかりをつけられる。
「はぁ?そんな訳ないだろ!」
本当に面倒くさい。
ちらと隣の菅野を見ると、我関せずで酎ハイの缶を呷っている。
……勘違いされるのも嫌だけど、全く気にされないのもなぁ。


「じゃあ、お気に入りの場所ってありますかー?」
拗ねた林田を無視して、天馬が質問を続ける。お気に入りの場所…。
「……陽見ヶ丘と地元の海、かな。
 夕日が落ちる時間が綺麗なんだ。」
この2つがお気に入りになっているのは嘘じゃない。でも彼女の意識をこっちに向けさせたくて。わざと彼女のいる方から顔が見えない様に、右手で頬杖をつく。
「陽見ヶ丘ってシバザクラのとこですよね?
 ピンクに囲まれた立花さん……ぷぷ。」
「いや、結構絵になりそうじゃないか?」
「竜胆、真面目な顔でそういう事言うのやめてくれるか。
 ……どんな綺麗な景色でも1人じゃ行かないし。」
ちゃんと届いているだろうか。
君と見たから、お気に入りなんだって。
「えー、誰と行ったんですかー?
 お、もしや歴代の彼女ですか??」
「てんちゃん、それは野暮ってもんだよ。」
その通りだが、金城が言える立場ではないだろう。一番根掘り葉掘り聞いてくるくせに。
「まず歴代って言う程いないけど、誰とも
 行った事ないな。仕事ばっかで暇もなかったし。」
「ほうほう。という事は、今のお相手は
 忙しくても出掛けたくなる程の人って事ですね?」
言葉尻を拾って、天馬があけすけに聞いてくる。菅野が好きだって分かってるんだろうな。
俺の気持ちを知って助けてくれようとしているのか、それともただからかいたいのかは定かではないが。
「そうだな。寧ろ仕事を放り出したいくらいだ。」
隣の彼女は、どうも酒のピッチが早くなっている様だ。
「立花さん、それはやめてください。」
「分かってるよ。ものの例えだ。」
竜胆はやはり真面目なんだろうな。結構冗談ぶっ込んでくるくせに。

「いいなー。私も立花さんみたいな彼氏欲しい。」
「天馬、酔ってるだろ。これ以上飲むな。」
こんな戯言を言うとは相当酔っているんだろう。お仲間の林田はもう結構前からおねんね中だ。
「やっぱ、皆の憧れだと思うんですよ。
 格好良いし、仕事できるし、優しいし。」
指折り数えてそんな事を言われる。最近やけに褒められるが、酔っても言ってくれるという事は本心から思って言ってくれているんだろう。
「完璧かと思ったら意外と可愛いとこあるし。」
「それはあんまり嬉しくないぞ……。」
可愛いなんて恥ずかしいだろう。
「そんな人に愛されたら、一生幸せだと思います。」
そう、なんだろうか。本当に幸せにできるかなんて、考えると気が遠くなりそうだ。
「でも。まぁ、かと言って、
 立花さんを彼氏にしたい訳じゃないんですけど。」
「その一言余計なんだけど。」
褒めて終わってくれたら良かったのに。何故か振られたみたいになってるじゃないか。
「結局何が言いたいかと言いますと、
 自分の気持ちには正直に、という事です。」
「めちゃくちゃ支離滅裂だけどな。」
今までの話と結論が繋がっていないが、何か意味があって、どうしても言いたかったんだろうな。

「もう分かったから、お開きにしよう。
 布団で寝ないと体痛くなるぞ、
 ってもう寝てんのかよ。」
今の今まで話していたのに寝るとは。しかも見回すと全員寝ているという。
ここで寝るのは良いとしても、テーブルに突っ伏した状態じゃ、朝が辛いだろう。
「……男は、いいか。」
そういう事にして隣の部屋に3組布団を敷く。
まず一番近くの天馬に声を掛けながら、肩を叩いてみるが反応がない。仕方なく天馬を抱き上げる。
その時、テーブルの向こうで菅野の肩が動いた気がした。
「菅野?」
呼び掛けてみるが、起きた様にはない。
天馬を抱えたままでいるのはいけないと、敷いた布団にそっと寝かせる。幼い顔が気持ち良さげに眠っていて、何だか父親の様な気持ちになった。

次に金城の元へ。そこで思う。これ、竜胆に睨まれてしまうんじゃないだろうか。いや、でも金城をこのままにしておくのは人としてどうなんだ。
金城も軽く揺すってみるが、反応なし。
「仕方ないか。」
天馬と同じ様に抱き上げる。
体型が小さい事は分かっていたが、予想以上に軽くて驚く。これはお菓子の栄養とやらも必要だ、と意味の分からない納得をした。
転がっている林田を蹴らない様に気を付けながら、布団へ連れて行く。降ろした途端、寝ぼけた金城の左手が顔に向かってくる。今にも殴られそうな寸でのところで何とか避けられた。
……感謝こそされど、睨まれる事はしていないぞ。
ふー、と息を吐く。最後は菅野だ。


「菅野、菅野。」
呼び掛けながら、その肩をぽんぽんと叩く。
すー、と寝息が聞こえて完全に寝てしまっているのが分かった。
本当なら起きて自分で布団に入って欲しかった。彼女に触れる事は、天馬や金城に触れる事とは全く違う。変な意図がある訳では、勿論決してないけれど。
そっと肩と足に手を回し、優しく抱きかかえる。小さな赤ちゃんを初めて抱いた時に似た不安感が押し寄せる。
力を入れすぎない様に。でも落とさない様に。
彼女が俺の腕の中で寝息を立てている現実が夢の様に感じて、それでも腕や胸に感じる温もりや微かな鼓動が現実だと知らせる。
10歩程の距離が、長くも短くも感じる。行き着いた布団に寝かせる。
肌が離れると、必然的に離れていく体温。それが寂しく、追い求めそうになる。
テーブルの方で寝ようと腰を上げると、裾が引っ張られる感触。見ると、彼女の右手がしっかりと俺の浴衣の裾を握っている。
「これ……どうしろって言うの……。」
手に触れてみるが、かなりしっかり握っている。無理やり引き剥がすのは気が引ける。
だから、彼女が寝ている隣に座布団を敷いて座って、襖に背を預けて眠る事を決めた。
口角が上がる。それは苦笑か、微笑みか。

……いや、本当はこうして控えめにも大胆に捕まえられている事が、俺を求めてくれている気がして嬉しかったんだ。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く