それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

35.夏の終わり

「沢山集まってますねー。」
歩道橋の階段を上りきり、真っ直ぐ伸びるコンクリートの上を歩くと、正面に土手が見えてきた。緑を覆い尽くす程に人がいるのを見て、顔を顰める。花火大会、というくらいだから覚悟はしていたが、こんなにも集まるものなのか。
「……すごい人ですね。」
隣の菅野も呆気に取られている。
「はぐれない様にしないとな。」
前を歩く4人は見慣れているのか、さっさと歩道橋を降りきって、土手に上がり始めている。
カタカタと下駄を鳴らして歩く菅野を気にしながら、もう、あいつらとははぐれてもいいかな、なんて思ってしまった。
「はるちゃん、大丈夫?」
「うん、ありがとう。」
土手を上がりきると待ってくれていた4人と合流する。
「出店とかもちゃんと出てるんだ。」
「当たり前っスよ。花火大会っスもん。」
「林田は出店メインで来そうだな。」
そんな事を話しながら、人混みの中へ降りていく。わっと押し流されそうになる。こんな状態で大丈夫だろうか。後ろを振り向くと、人の隙間に白い浴衣が見えた。
「っと、大丈夫か?」
一瞬覗いた手を掴んで引き寄せる。
「はぁ、すみません。ありがとうございます。」
慣れない下駄に気を取られていた所為で遅れた様だ。捕まえた手を一度は離して、それでももう一度きちんと握り直した。
「え?」
「1人で降りるの危ないから連れて行く。いい?」
返事を待たずに優しく誘導していく。文句も言わず、されるままに歩を進める彼女に、本当は手を握りたかっただけだと言ったら怒るだろうか。勿体ないから言わないけれど。

土手を降りきって、人混みから何とか抜け出す。4人の背中が見えるとそっと手を離した。俺のした事で彼女が冷やかされるのは嫌だから。
「今じゃなくていいっスけど、
 ご飯食べて帰ってくださいね。」
「え、旅館の飯は?」
「いらないって言っちゃいましたよー。
 旅館の人もそうだろうって言ってましたし。」
「……分かった。」
こういう事は相談せずに勝手に決めちゃうんだよな。まぁ、いいけど。
「じゃ、自由行動って事で!林田さん行きましょう!」
「え、俺!?」
天馬に引っ張られる林田。すぐに人の波に揉まれていった。
「金城、良かったら一緒に行かないか?」
「え、あ、う……はい。」
竜胆からの誘いに目を白黒させながら、それでも最後には顔を赤くして頷く金城。
恥ずかしそうにちょこちょこ歩く金城と、隣で守るように歩く竜胆の背中が微笑ましかった。
「皆行ってしまいましたが、
 俺と一緒でよろしいでしょうか、お嬢さん?」
天馬にお膳立てされたこの状況。やはり気恥ずかしさが出て、冗談めかして言ってみる。
「えと、立花さんこそ良いんですか?」
そんな質問は愚問だよ。
「それ誰に言ってんの?寧ろ願ったり叶ったり。」
にーと笑って言うと、くすっと笑ってくれる。
「どこで見ようか?」
「そうですね……。折角降りて来ましたけど、
 上の方がよく見えそうな気もしますね。」
「確かに。じゃ上がるか。
 と、その前に飲み物だけでも買ってく?」
幾つも立ち並んだ出店の中に、飲み物の店を見つける。
「はい。……お酒飲んじゃいましょうか。」
いたずらっ子の少女みたいな顔で言うから、いいね、と俺も少年に戻った気持ちで答えたんだ。

片手にビールと酎ハイの缶を。片手に彼女の手を取り、土手へと引き上げる。
「っとと、ありがとうございます。」
「そろそろ始まるな。」
出店の後ろは人が殆どいなくて静かに見れそうだ。
この辺でいいか、と腰を下ろす。
「わ、星が降ってくるみたいって
 こういう事を言うんですね。」
つられて見上げた空には、確かに零れ落ちんばかりの星が輝いていた。
下ろした視線を彼女に向けると、バチッと目が合って。
2人してハッとして、それから笑って、缶をぶつける。
缶がカチンと音を鳴らしたと同時に、バーンと大きな音が響いて、星空を背に大輪の花が咲いた。
「うわぁ……。」
隣から漏れた感嘆の声に、思わず笑顔が溢れた。
「やっぱり、君と見れて良かった。」
次々と打ち上がる花火の音に掻き消されるのをいい事に、あの酔って出た言葉は嘘じゃないと伝える。直接言ってしまったら、蒸し返すなときっと拗ねてしまうから。


「立花さん。」
花火の音に負けないように、声を張って呼び掛けてくる。
いつもよりずっと近い距離に、鼓動が早くなる。
「旅行楽しめましたか?」
「うん。予想外にはしゃいでる。」
あまり叫ばなくてもいい様に、自然と距離が近付いて肩が触れ合う。
彼女がふふっと楽しげに笑う。
「良かった。
 この旅行は立花さんのための旅行なんです。」
「俺のための?」
意外な言葉にきょとんとする。
「ゆっくりできるところがいいって言われましたよね。
 それを聞いて林田君が、
 『立花さん、疲れてるのかな?』って言って。
 いつも私達をまとめてくださっている立花さんが、
 楽しめる様にってここになったんです。
 温泉なら体が癒せるし、花火大会も見ながら
 ゆっくりできるからって。林田君が考えたんです。」
「そうか……。」
疲れていた訳ではないけれど。いつもいる喧騒から少し出たいとは思っていた。
俺の事を思って考えてくれたなんて。無性に胸の奥が熱くなったのは、ビールの所為じゃないだろう。
こうしている間も花火が上がっては散り、を繰り返していた。


「立花さん。」
「ん?」
「この夏休みの間に、」
クライマックスの一番大きな花火が打ち上がる。
見つめた彼女の白い肌も、浴衣も、眩い光に照らされて赤や青に染まった。
「また一緒に出掛けてもらえますか?」
焦げた匂いが風に乗って鼻を掠める。これが夏の終わりの匂いだと、漠然と思った。
「出掛けてもらえますか、じゃなくて
 出掛けるんですよね、だろ。
 それに夏休みの間だけじゃないし。
 君が嫌がらない程度に連れ回すつもりだけど?」
動揺を隠す様に、意地悪に訂正してみる。勿論、最初からそのつもりなんだ。きっと何度も、君の顔色を伺いながら誘うんだろうな。
「……ません。」
「え?」
座っていた観客達が立ち上がり、ぞろぞろと歩き出す。ざわつき始めた所為で、上手く聞き取れない。
「私は嫌がりません。だから、立花さんが
 嫌がるまで連れ回してもらいます。」
どこで覚えたんだろう。この頃よく見るあのいたずらっ子の様な顔で宣言する。
「……じゃあ、覚悟しとけよ?」
「わっ!!」
座ったままの彼女を抱き上げる様にして立たせる。
「いつまでも優位には立たせないからな。」
驚き顔の彼女の目を見据えて言う。呆気に取られて不思議そうに俺を見ている。
どうにも可笑しくて楽しくて、ははっと笑いが出る。
「飯食いに行こー。」
それだけ言って歩き出す。後ろからカタカタと駆け寄ってくる音がする。
隣に並んだ彼女に笑いかけると、彼女も柔らかく微笑んでくれる。
俺の好きな笑顔で。


想いを伝えてから4ヶ月。
ただの上司と部下だった俺達の関係は、少しずつ変化している。
いつだって君が俺を翻弄するけど。いつまでも優位には立たせないから。
全力で行くから、覚悟していて。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く