それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

31.2人きりはある意味危険

「……んー……。」
大きく伸びをして、ゆっくり瞼をあげる。
見慣れない木の天井を見て、考えて、旅行に来た事を思い出した。部屋に掛かった時計を見ると、5時を少し回ったところだった。
「いッ!」
起き上がろうと体に力を入れたら、足にいつもはない鈍い痛み。布団に寝転んだまま、痛みの正体を考える。
昨日は……。
ここに来て、ご飯食べて、海見て、温泉入って。足痛めるような事してないよな。走ったりしてるし、両方のもものここだけピンポイントに痛いって。
夜のご飯も美味かったし、酒も進んだなぁ。そしたら隣で林田が酔って、いつの間にか膝枕させられて。で、天馬も酔って反対側に……ん?
それだ、膝枕。胡座かいたまま長い間頭が乗ってたせいだ。
……ここって鍛えられるのかな?
そういえば菅野と話しながら寝てしまった様な気がするけど、竜胆が布団まで連れて行ってくれたんだろうか。
ふと両隣を見ると、2人が気持ち良さそうに寝ている。まだ早いし、温泉でも入ってくるか。

やっぱり風呂は1人でゆっくりの方が性に合ってる。
少しもやのかかった景色は、昨日とはまた違う顔を見せていた。
1人の朝風呂をじっくり堪能して、温泉を後にする。
脱衣所を出たところで、隣の方からもドアの開く音がする。
反射的にそちらを見ると、明らかに風呂上りの菅野が出てきた。
「おはよう。早いな。」
「あ。……おはようござい、ます……。」
普通に挨拶しただけなのに、明らかに目を逸らす。昨日の二の舞かと思ったが、ちゃんと浴衣の前は閉まっていて。昨日何かやってしまったのだろうか。
「良かったら、散歩しない?」
内心少しビクつきながら、無難な提案をしてみる。これで断られたら、完全にアウトだ。
「……はい。」
セーフ。どうやらそこまでではなかったらしい。

2人で並んで広い庭園を歩いて行く。紅葉を始めた木の葉や、よく手入れされた草花の色が鮮やかで。心地良い風と共に、心を落ち着けてくれる。
ちらと隣を見れば、顔を火照らせているのが分かった。お湯、熱かったんだろうか。
そして目に飛び込んできた、彼女のうなじなら伸びる濡れた後れ毛。妙にドキドキしてしまう俺も、なかなか純情かもしれない。
途中にベンチを見つけて座ってみる。
「昨日俺、何か変な事したかな?」
ちゃんと聞いて、今後目を逸らされる事がない様にしなければ。
「えっと、変な事は、してないと思います。」
「じゃ、どうしてこっち見てくれないの?」
出た声が驚く程寂しそうに響いた。
「あ、すみません……。」
「いや、責めてる訳じゃ。ただ寂しいなって。」
そう言うと、背を丸めたまま上目遣いでこちらを見る。
計算じゃないのが、憎い。
「……昨日の事覚えておられますか?」
「うん。酒で記憶なくす事ないから。」
答えると、ふぅーと息を吐いてから、淡々と話し出す。


「昨日の立花さんは酔っておられました。」
「うん。」
そう思うよ。
「その所為かすごく、何と言うか。
 いつもはっきりされた方ですが、
 いつもよりすごく直接的と言いますか。
 ……膝枕の事です、けど。」
あれは確かに思い出すと、ちょっと恥ずかしいかも。
「それなのに、浴衣を直された時は子供みたいで。」
見て、なんて本当に自分でも子供みたいだと思った。
「花火の話では、寝言の様に……その……。」
「何か言ったかな?
 楽しみって言ったのは覚えてるけど。」
打ち上げ花火はあまり見た事ないから、楽しみだなって。
「……その後です。」
その後?あの時は眠たくて何を言ったか定かじゃない。
うーん、と腕を組んで悩んでいると、溜息が聞こえた。
「菅野と見るの。」
「え?」
「楽しみだな、の後。
 菅野と見るのって言ったんです。」
楽しみだな、菅野と見るの。確かにそう思ったけど、殆ど寝かけてて。
「俺、口に出してた?」
「はい。もう半分寝に入ってましたけど。
 酔って、散々からかわれて。
 寝言みたいにぼそっと言われて、本人は寝ちゃうし。
 1人取り残された私の身にもなってください!」
不貞腐れた様に少し口を尖らせて、頬を赤く染めて。
これは怒られているん、だろうな。
「うん。ごめん。
 でも、ちょっと俺の言い分も聞いてもらえる?」
「……何ですか?」
恥ずかしかった気持ちがぶり返したのか、俯きながらも聞いてくれる様だ。
俺は前を向いて、陽に照らされた庭園を眺めながら話し出す。

「俺、自分でもびっくりしてた。
 今までした事ない、頭に浮かんだ事さえないのに。
 ここ最近知らない自分に出会ってばかりだ。
 子供っぽくなったり、正直になったり。
 …でも、菅野だからなんだ、って思うよ。
 菅野が望むなら、俺は何だってすると思う。
 膝枕だって、甘い言葉だって言えるよ。
 それで君が喜んでくれるなら。
 だから。からかったりしたい訳じゃなく。
 言った言葉全部、本当の気持ちだから。」
信じて、と彼女の目を見て言う。
ぐっと歯を噛み締めて、眉を寄せて、ふるふる震えている。
「……れの、」
「ん?」
「そ、れの、どこが甘くないんですかッ!!」
叫んで1人、走り去っていく彼女。
そして1人、取り残される俺。
「……取り残される俺の身にもなって、
 って言ってもいいかな。」
最近こんなシチュエーション、多くないか?
ちゃんと伝わったんだろうか。
「……甘く、なかったと思うけどな。」

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く