それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

26.弱さと決意

家に帰り着いてからも、彼女のあの顔が頭を離れずにいた。
眉は悲しげに垂れて。上目遣いで見上げる瞳は頼りなく揺れて。唇は悔しげに固く結ばれ。全身で何かを伝えている様だった。
それでも俺は、彼女の本心を汲み取ることができずにいる。
だから、あの時抱き締める事も、今電話やメールをする事にさえ臆病になる。きっと意識の奥底で拒絶される事を恐れているからだ。
想いのままに抱き締めて、振り払われたら。
電話を掛けて、電源さえ切られてしまったら。
メールをして、返事のないまま朝を迎えたら。
そうなる事を恐れている。
29にもなった男が女々しい事を、って。そんなの自分が一番よく分かっているんだ。でも、大切な人を完全に失う事の絶望感を知っているから。あの時の感情が、吐き気の様に込み上げる。
何もしない事で失う確率が少しでも減るなら。そんな弱くて浅はかな考えが脳みそを支配している。
「怖いよ。……怖いんだ。」
広いリビングのソファの上で、あの頃より少し大きくなった体を抱き締める。呟いた独り言は、悪寒となって体に纏わり付いた。

洗面台の鏡に映る自分の顔が情けなくて笑えた。それでも上手く笑えていなくて泣きそうになった。
明日、顔合わせづらいな。どうしてまだ木曜なんだ。
夏休みも来週末からだし。タイミングが悪い。
「はぁー。」
大きな溜め息をついて、この前の事を思い出す。心配そうに俺を見つめる顔。淹れてくれたコーヒーの味。
どうして好きになると、嬉しさや楽しさだけでいられないんだろう。
どうしてこんなにも、辛く苦しいんだろう。
……俺はどうして、こんなに彼女が好きなんだろう。
リビングからメロディーが聞こえる。電話だ。
今は正直、誰からの電話も取りたくない。だけど取らなければいけない様な気がする。
何かに突き動かされて、手に取った携帯には「菅野湖陽」の文字。
ドクンと胸が大きく鳴る。震え出した指で、通話に切り替えた。

「もし、もし。」
緊張したまま出した声は、ひどく掠れていた。
「もしもし。…立花、さん。」
控えめに俺の名前を呼ぶ声が聞こえて、緊張が溶け出していく気がした。
「……どうした?」
自然と優しい声が出せた。
「あの、あの。さっきはすみませんでした!」
謝られるからどうしていいか、分からなくなる。
「あんな事言うつもりなかったんです。
 なのに、立花さんが重郷さんに呼ばれた時、
 もしかしたらって。
 林田君が告白されたんじゃないかって言った時、
 否定されなかったから、やっぱりって思って。
 自分は立花さんに答えを出していないくせに、
 立花さんが告白されているのが嫌だと、
 思ってしまいました。それであんな事…。
 困らせたかった訳じゃないんです。
 ただ、ただ、違うって言って欲しかったんだと、」
「それは。」
捲し立てる菅野の言葉を遮る。
「……それは、嫉妬してくれたって思ってもいいのかな?」
返事は返って来ない。
「告白、されたんだ。」
スッと息を吸う音が聞こえた。
「でも、俺にはその人がいないとだめになるくらいに
 好きな人がいるから、って断った。
 君に、軽い奴みたいに見られたくなくて、黙ってた。
 ……俺が好きなのは君だけなんだ。
 君が走って行くのを止める事も、連絡する事も、
 もし拒絶されたらって、怖くてできなかった。
 本当に君がいてくれなきゃ、もうだめみたいだ。」
いつの間にか声は震えていて、溢れ出す涙を止められなかった。
「……ッ。」
電話の向こうで、漏れる声は泣いている様に聞こえた。 
「……俺の事、好きにならなくてもいいから、
 近くにいさせて。」
もうそれしか言えなくて。
「……はい、ッ、はい……!」
彼女にもそれしか言えない様だった。
「また、明日。」
そう言って電話を切った。
彼女の涙声が耳から離れなかった。


その夜、本を読んでいた。世良颯人の『転身』だ。
ラストシーンで、菅野が好きだという探偵が、助手の少年にこう言う。
『人は流されやすい生き物だ。良い方にも、悪い方にも。
 でもね、恐れてばかりではいけないよ。
 本当に欲しいものは、手を伸ばさなきゃ手に入らない。』
失わないでいる事に目が向いて、気付けば手に入れる事に目を伏せていた。
『自分が自分らしく笑っていられる道を選びなさい。
 そうでなければ、自分も、他の誰も、
 幸せにしてあげられないのだから。』
自分らしく笑っていられる道。
それはやっぱり、彼女の隣にいる事。彼女が隣にいてくれて、笑っていてくれる事。
今ある幸せにもっとちゃんと目を向けないと。そうじゃなきゃ、自分も、彼女も、幸せにできない。そんなのは嫌だ。

俺は幸せになりたい。彼女を幸せにしたい。
そのために、俺は手を伸ばすよ。
君が開いてくれたその手を、掴みに行くよ。
どうしてこんなに好きなのか。君を好きなのか。
理由なんていらない。
君だから好きなんだ。ただ一心に君を愛すよ。
人は辛くても、苦しくても、誰かを好きになる事をやめられない。
俺は何があっても、君を好きでいる事をやめられない。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く