それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

21.思い出の場所

「ここだ。」
俺達はレストランを後にして、車で10分程の所にある志方社長の実家、雑貨屋・SIKATAを訪れた。あの頃よりずっと寂れてしまっているが、それでも元気の良い女性の声が響いている。
「ありがとうねー。」
子供連れの若い女性に手を振りながら見送るのは、志方社長の母、美代子さん。社長の恰幅の良さと豪快さは母親譲りだ。
「美代子さん、お久しぶりです。」
「ん?んーと、あ、幸多くん?幸多くんよね!」
声を掛けると暫く悩んでいたものの、思い出してくれた様だ。
「はい。お元気そうで何よりです。」
「まあまあ、大人になっちゃって。
 私が元気無くしたら、お店できなくなっちゃうからね。
 今年で68になっちゃったけど、まだまだ元気よ。」
大方白くなった髪を掻き上げ、カッカと豪快に笑って言う。本当に元気な人だ。
「あら、後ろのお嬢さんはどなた?
 こりゃまたべっぴんさんねー。」
「初めまして。菅野湖陽と申します。」
べっぴんさんだわーと繰り返す美代子さんに、
「部下です。近くまで来たんで、
 社長のご両親を紹介しようと思って。」
と目的を告げる。
「あらま、そう。とりあえず暑いからお入りよ。」

促されて店内に入っていく。アンティーク風の雑貨が、幾つものテーブルに並べられている。
後ろの菅野はわぁ、という感嘆の声を漏らす。何年経っても変わらない光景に、顔が綻んだ。
奥に入っていった美代子さんが誰かと話す声が聞こえる。
「ここの雑貨、全部社長のお父さんの手作りなんだ。」
そう菅野に教えると、
「そうなんですか。
 味わいのある素敵なものばかりですね。」
と興味深そうに近くのテーブルに目をやっている。
「本人に言ってあげてくれ。喜ぶから。」
奥から美代子さんと共に白髪の男性が出てくる。確か美代子の5歳程上だった筈だから、73歳にもなっているだろうか。社長の父、誠さんだ。
美代子さんとは対照的に、長身細身で口数の少ない穏やかな人である。
「誠さん、お久しぶりです。」
挨拶すると、少し口角を上げて、
「久しぶりだね。仕事の方は順調かい?」
と尋ねてくれる。
小さい時から来る度、「学校は順調かい?」と尋ねてくれた。
その度に俺は、
「順調だよ、おじちゃん。」
と答えるのだ。同じように答えると、誠さんも懐かしそうに目を細めて笑う。深くなった目尻の皺が、月日を感じさせた。
「今日は部下も連れて来たんです。菅野。」
商品に目を奪われていた菅野を呼ぶ。
「部下の菅野です。
 こちらが社長のお父さんの誠さん。」
「菅野湖陽と申します。
 ここの商品は全てハンドメイドと伺いました。
 どれも繊細な作りで思わず見蕩れてしまいます。」
「ありがとう。」
菅野の感想に誠さんが笑みを深くする。

菅野は商品を見ながら、何やら誠さんに質問し始めた。
そんな2人を見ながら、隣で美代子さんが俺にだけ聞こえる声で話し掛けてくる。
「ここにお嬢さんを連れて来たって事は、ご両親の事話したのかい?」
母さんが死んで落ち込んだ姿を一番知っているのは、千果以外では、美代子さんと誠さんだ。
Partnerに入る時、
「誰かに父さんと母さんの事話せる様になるまで、
 俺はきっとここに戻って来れないと思う。」
と話していた。この街の、特にこの店は母さんとの思い出がありすぎるから。
美代子さんに答える前に、レジの向こうに目をやる。
壁に掛けられたコルクボードには、お客さんの写真が何十枚も貼ってある。
その中に、まだ3歳の俺と若い父さんと母さんが写った写真が1枚。笑顔で寄り添う3人は本当に幸せそうだ。
「話したよ。一番大切な人だから。
 ……泣くの我慢して、笑ってくれたんだ。」
写真を見ながら、菅野の表情を思い出していた。
いつの間にかあの頃と同じ話し方になっていた。
「そうかい。良い人に出会えたんだね。」
美代子さんも写真を見ながら、優しくそう言ってくれた。
「うん。これからもっと大きな幸せがあるって。」
「そうだね。あるよ、絶対に。
 あんたは、あの2人が愛した子だからね。」
少し震える声に、涙が零れた。
「ありがとう。」
俺を見ていてくれて。心配してくれて。
背中に暖かい何かが触れた。
気が付けば隣に菅野が立っていて、背中にそっと手を置いてくれていた。こちらを見る事なく、優しい顔で写真を見つめている。
その気遣いと柔らかい感触と流れてくる体温に、愛しさが溢れて、余計に涙が込み上げる。
肩を震わす俺の背中をそっと摩る手に、母さんの手を思い出して。

帰りの車内。沈黙が続く。
でもそれはいつかの様な気まずいものではなくて、穏やかで心地の良い沈黙だった。
空が夕日のオレンジに染まって、鮮やかなグラデーションをなしていた。
「……今日はありがとう。
 俺の我儘に付き合ってくれて。」
少し鼻声なのが恥ずかしい。
「いえ、こちらこそありがとうございました。
 お話を聞かせてくださって嬉しかったです。
 こんな素敵な街に住んでおられたんですね。」
気にせずそう言ってくれる。
「うん。……自慢の街なんだ。」
きっとPartnerに入ることを選ばなければ、彼女と出会わなければ、言えなかったと思う。
仕事をしていれば喪失の悲しみを頭の隅に追いやれても、ここに近付けば、楽しさと悲しさの両面を思い出してしまうから。
だから今まで、近づく事すらできなかった。
それでも今、こうして爽やかな気持ちでこの街を後にできるのは、彼女が隣にいて笑ってくれているからだ。
2人で笑い合いながら、心の中でありがとうを繰り返した。

父さん、母さん。
本当に本当に大切な、守りたい人ができたよ。
いつも笑って隣にいてくれる、優しい人なんだ。
この人のために頑張るから、いつまでも見守っていて。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く