それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

20.過去と現在

菅野のアパートの近くに設けられた来客用スペースに車を停めると、アパートの1階に菅野の姿が見えた。白い肌が太陽の光を反射し、眩しそうに目を細めている。
ナチュラルベージュの半袖のシャツワンピースに、七分丈の淡いブルーのジーンズを履いて、今まで見たことのないカジュアルな服装だった。
こういう格好も良いな、と思って外の暑さを思い出す。これ以上この炎天下に立たせておく訳にいかない。出て行くのをやめて、アパートの前に車を横付けする。
「おはよう。乗って。」
助手席側の窓を開けて、呼び掛ける。
「おはようございます。失礼します。」
礼儀正しくそう言って乗り込む。
「外で待ってなくて良かったのに。暑かったろ?」
車を走らせながら、暑い中待たせた事を詫びると、
「いえ、もう来られそうな気がしたので出て来た
 だけですから。出てからすぐ来られたので、
 タイミングはバッチリでしたよ?」
と答える。気だけで出て来るなんて無謀な。
「ならいいけど、もし俺が遅くなってたら
 どうするつもりだったんだ?」
「大丈夫です。立花さんは予定の3分前に
 必ず来られますから。」
確かに仕事で迎えに行ったりする時は、予定を早めに設定して伝えて、実際の迎えはその3分程度前に行く様にはしているが。
「でもなぁ……。」
「立花さんが遅れる事って絶対ないですよね。
 信頼してますから、時間丁度に出てこられるんです。」
信頼してるなんて言われると、苦言も引っ込んでしまう。
現金な奴だな、俺。

たわいもない話をしていた道中。
「そういえば、どこへ向かっているんですか?」
「もうすぐ着くから、とりあえず秘密。」
別に隠さなくてもいいんだけど、行ってからのお楽しみにしたくて。
程なくしてパーキングに車を停める。
「着いた。」
きょとんとする菅野を車から降りる様促す。眼下に広がるコバルトブルーがキラキラ輝く。
「あ、海ですねっ。」
会社のある県中心部からそう遠くはない距離だが、隣県から移って働き詰めだった菅野は、この海をまだ見た事がないだろうと思った。それに。
「ここ、俺の地元なんだ。」
「そうだったんですか。
 こんな素敵な海を見て育ったんですね。」
我儘だけど、勝手だけど、俺の事を知って欲しくて。
「今日は話をしたいんだけど、いいかな?」
マスターとあの店を褒めてくれたから。好きな人だから、話したいし聞いて欲しい。
「はい。勿論です。」
柔らかく笑ってそう言ってくれるから、何だか泣きそうになった。

海が一望できるオープンテラスの付いたレストランに連れて行く。景色も料理も最高に美味しい、地元で有名なレストラン。
プレートに目を輝かせる菅野と向かい合って、ランチにする。
食後にドリンクが運ばれ、一口飲んで息を吐く。
人に初めて話す事だ。少し緊張する。
「俺の家、ここから本当に近くて、小さい頃は
 あの海でよく遊んでた。母さんと2人きり
 だったけど、いつも楽しかった。」
気恥ずかしくて顔を見て話す事ができない。
海に視線を向けて話し始めると、目の端で息を呑むのが分かった。

***

エンジニアをしていた父さんは、俺が物心付く頃に仕事中の事故で死んだ。
それからずっと母さんが女手一つで俺を育ててくれた。
何度も何度も、耳にタコができるくらい、
「父さんは本当に格好良い、エンジニアだったのよ。」
って聞かされて、エンジニアの意味も知らなかったけど尊敬してた。
ひとり親でも母さんが必死になって頑張ってくれていたから、何の不自由もなかったし、大きくなってからは家の事を手伝ってた。父さんがいなくて可哀想って言われた事もあるけど、本当に毎日楽しかったんだ。
中学生になって、必然的にエンジニアを目指した。父さんの背中を追いたいと思ったし、母さんを助けられると思ったから。高校も専門の大学を受けやすいところを選んだ。
高校に入ってからは学校の勉強以外にも、専門知識を独学で勉強したりして、人一倍頑張ってたと思う。志望の大学にも受かったし、順風満帆にいってたのに。

卒業目前の2月。母さんが病気で死んだ。
働き詰めで病院にも行かなかったから、発見が遅れたらしくて。
俺は勉強ばっかで、母さんを気遣う事もできてなかった。死んでから気付いたってどうすることもできないのに。
母さんが倒れて病院に運ばれたって連絡を受けて、病院に行ったら、もう息をしてなかった。
やる気なくなって。全て失った気がした。
大切な家族1人助けてやれない奴が、どうして人のために働けるんだって、投げ出した。受かってた大学も蹴って、何をする気にもならなかった。
ずっと傍にいてくれていた千果の言葉も、受け入れる事ができなくて。
その時、志方社長に出会ったんだ。実は社長もこの地元の人だったらしくて。昔からよく行ってた店が社長の実家で、そこで初めて会って。
抜け殻みたいな俺の頭撫でて、
「今までよく頑張ったな。でも何もしないままなら、
 父ちゃんも母ちゃんも、何やってんだって怒るぞ。
 お前の事はこれから俺が助けてやる。
 母ちゃんにできなかった恩返しを、
 俺と一緒に世界中の人にしてみないか?」
そう言ってくれたんだ。
知らないおっさんに言われた言葉なのに、うろ覚えの父さんに言われた様な気がして。頑張りたいって思ったんだ。

***

「働き始めてから、マスターと出会った。
 良い店があるって千果が紹介してくれて。
 仕事の面も心の面も俺を助けてくれる、
 父さんみたいな人が2人もできて。
 ……あの時差し伸べられた手を、振り払ったり
 しなくて良かった。」
黙って耳を傾けてくれる、菅野の顔を見つめる。
その顔はちょっと泣きそうで、でも必死にこらえて微笑んでくれていた。
こういう人だから、好きになったんだ。
「この道を選んだから、君に出会えた。
 これ以上の幸せはないってくらい、今幸せなんだ。」
「ふふ、大げさですよ。これからもっと
 大きな幸せが、やってくるはずですから。」
そう言って笑ってくれる。
俺達はただ黙って、海に無数に輝く白い光を追っていた。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く