それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

14.まだ見ぬ世界

今している仕事と言えば、やはり。
「お客様、カップルでいらっしゃますか?」
「あ、いや……、」
「こちら、先週出た新作のペアリングなんです。
 カラー、デザイン共に大変人気でございます。
 宜しかったら御試着なさってください。」

ジュエリーしかなくて。
「あの、」
「カラーはシルバーとピンクゴールドがありまして、
 裏に文字を彫る事も可能でございます。
 例えば結婚指輪として裏に日付を彫る、
 というお客様もいらっしゃいます。」

別に本当にジュエリーショップに行かなくても良かったんだけど。
「それにしてもお客様、お似合いの美男美女カップルで
 羨ましい限りですぅ。」
「いや、」
「ご謙遜なさらないでくださいー。」

たまたま見つけたショップの店員が、こんなに押しが強いと思わなくて。
「お客様お二人の雰囲気からしますと、
 ピンクゴールドがおすすめですかねー。」

とりあえず、と入ったのが間違いだった。
「菅野。行こう。」
「えっ。」
店員の押しにタジタジになっていた菅野の左手を掴んで店を出る。タジタジになっていたのは、言葉を挟めなかった俺もだが。
お似合いのカップル、という言葉だけ、あの店員を評価したい。
店を足早に出て手を離す。離したくはなかったけれど。
菅野の表情が寂しそうに見えて、自分の目の都合の良さに呆れる。
「……すごかったな。」
「……はい。」
「俺、初めて入ったんだけど、
 ジュエリーショップって全部あんな感じなのか?」
「私も初めてなので分からないですけど、
 多分珍しいと思います。」
「……だよな。」
ジュエリーショップの店員が皆あんな感じなら、ジュエリーを買う人達は、強靱な人達だろう。俺達はちょっと特殊な人に捕まった様だ。とりあえずあの店員の事は忘れよう。
「もうちょっと見やすい店、無いかな。」
様々なショップの並ぶ大通りを並んで歩く。
菅野は昨日の仕事と同じ服装ではあるが、会社の女性は基本的に私服だから、今の格好も私服な訳で。いつもスーツ着用の俺は千果の家に置いていた私服を着ていて。
土曜に男女2人が私服でジュエリーショップに入る。
そう考えるとさっきの店員みたいに、カップルに見られても不思議じゃない。というか寧ろ、こうやって並んで歩いている今でさえ、カップルに見られているんじゃないか?なんてまるで中高生みたいな事を考えて喜んでしまう。
俺、ガキっぽくね?

ふと横を見ると、菅野は道路を挟んだ向こうの店を見ていた。
何か気になるものがあるのか?
「向こうの店、気になる?」
「へ?あ、いえ。大丈夫です。」
「よし、行こう。」
「え、立花さん?!」
菅野の性格上、仕事に関係するものを物色する目的で出掛けたのに、関係ないものを見に行く事はマナー違反と思っているのだろう。
「立花さん、いいですよ。また個人的に行くので。
 それに立花さんに入ってもらうのは……」
こうやって真面目すぎるせいで、俺は少し寂しい。
「菅野の好きなもの、俺が知りたいから。
 俺の為に行くんだから、文句はないだろ?」
そう言ってぐんぐん進む。
観念して付いてくる菅野の靴音を聞いて、嬉しくなる。
大通りを渡る横断歩道で止まるとタイミング良く、信号が青になる。
前後になっていた立ち位置がまた横並びになって、耳の上の方が赤くなっている横顔が見えた。
横断歩道を渡りきり、少し歩くと菅野の表情が明らかに変わった。
何というか、好きな人に会った恋する乙女の様な。
胸が大きく跳ねて、菅野の後に続いて木製のドアから店内に入る。どんな奴がいるのかと見回した瞬間、店内の視線を一気に集めた。

理由は一発で理解した。
店内にいる客は全て女性である事。
そして店内が「緑の丘のミッチェル」のキャラクターで埋め尽くされている事。
「緑の丘のミッチェル」とは世界的に有名なアニメ。
主人公のミッチェルが可愛いと女性に人気なのだ。
「ミッチェル」のグッズショップの日本一号店ができたとは聞いていたが、
こんな所にあったのか。
菅野もミッチェルが好きなんだな。あんな顔する程に。
しかも俺、ミッチェルに嫉妬したって事かよ。
「やっぱり出ましょうか?」
声を掛けられて我に返る。さっきの「立花さんに入ってもらうのは…」って、遠慮じゃなくてこの状況を懸念してだったのか。
「いや、いいよ。俺も見る。」
「でも……」
「俺は大丈夫だから。菅野、ミッチェルが好きなのか?」
「はい。キャラクターの絵のタッチの好きですし、
 何より服装がすごく可愛くて。特に、」
そりゃ恥ずかしいけど。
店内の女性客にチラチラ見られてクスクス笑われてるのが、本当に恥ずかしいけれど。
それでも、目の前で大好きな人が、いつもは見せない無邪気な少女の様な顔で、必死になって自分の好きなものを教えてくれているから。
それに勝るものなんてないだろ。
「うん。可愛いな。」

愛しさが溢れ出す。
きっと千果で言う所の「甘っ!!」て顔になってるだろうけど、そんなの気にしない。
目の前に愛しいと思える人が居て。
その人と大切な時間を共有して。
色んな表情を見て、2人で笑い合える。
こんな素敵な事、他にないんだから。
商品を見て回る菅野に気付かれない様にレジに向かう。
にこやかな店員から商品を受け取って、パーカーのポケットに仕舞う。
キョロキョロしている菅野を見つけて、背中から声を掛ける。
「全部見たのか?」
振り返って俺を確認して、笑顔が花開く。
俺を探していたんだな。それだけの事が嬉しくて仕方ない。
「はい。」
「買わなくていいのか。」
「今回は大丈夫です。
 念願叶って来られただけで十分ですから。」
連れ立って店を出る。
いつの間にか昼を過ぎていた様で、日差しが一層きつくなっていた。
眩しさに目を細めているのが、目の端に見えた。
「飯、食いに行くか。」
「はい。」
道の際に長く伸びた影の中に菅野を追いやって、じりじりとした日差しを背中に感じながら、並んで歩き出した。




「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く