それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

13.夢の様な、休日の朝

「……なさん、立花さん。」
漂う眠気に身を任せた、微睡みの中。
近くで大好きな女性の声がして、良い夢だなと嬉しく思いつつ、夢にまで出てきて末期だなとも思った。
どうせ夢なら声だけじゃなく顔も見せてくれたらいいのに。
そこで目を瞑ったままなのに気付く。これじゃ見たくても見れないよ。
そっと瞼を開ける。部屋に差し込む光に目が慣れた頃、すぐ近くに愛しい人の顔があって、笑みが溢れる。
「菅野。」
名前を呼んでみる。思ったより優しい声が出た。
「立花さん、おはようございます。」
柔らかい笑みで答えてくれる。会社でする挨拶と何処か違うそれは、甘い雰囲気を孕んでいて何て都合の良い夢なんだと可笑しくなる。
この空気にまだ触れていたくて、また瞼を閉じる。
「立花さん、朝ご飯できたので起きてください。」
あぁ、願望が反映されている。
朝起きて彼女が朝食を用意してリビングで迎えてくれたら。
そう願っているから。

「早くしないと千果さんが怒りますよ?」
こんな良い夢なのに、わざわざ千果の名前を出さなくてもいいだろ。
夢の中の菅野は意地悪だな。どうせ起きたら千果に色々言われるんだし。
菅野を泊めた事だとか。
あ、そういえば起きたら寝起きの菅野が見れるんだよな。
今何時だろ。そろそろ起きなきゃだめかな。
夢の中の菅野が名残惜しいけど、起きたら実物がいるし。こんな嬉しい事はない。
今度はしっかりと瞼を開ける。そこには困った様に眉を下げる菅野。
「あれ?」
まだ夢の中か?
起ききっていない目を擦ってみる。それでもやっぱり菅野は消えなくて。
「起きました?」
覚醒した頭がフル回転して、全部夢じゃなかった事に気付く。
ガバッと体を起こして、少しでも恥ずかしい姿を隠そうと髪を撫で付ける。
あ、上はねてる。
「ふふ、はねてる。」
そう言って手が伸びてくる。手櫛で整えられて、ゆっくり手が離れていく。
突然の事に下げていた目を上げると、バチッと目が合った。
菅野はハッと我に返った様に目を見開き、
「す、す、すみません!!」
と叫んで、すごい速さで部屋を出て行った。
出る間際ドアの隙間から見えた横顔が真っ赤で、今あった事が現実である事を改めて認識する。固まっていた思考が動き出した途端、顔に熱が集まる。
座っていた布団に前倒しになって布団で顔を冷やし、
「この、天然記念物め……。」
階段を駆け下りる足音を聞きながら、1人悶絶した。

「私は店の買い出しに行くけど、2人はどうする?」
朝ご飯を食べながら千果が聞いてくる。
俺がキッチンに降りた時から、千果の話し方はいつもの調子になっていて、菅野がいるのにいいのか、と聞いたら
「今はプライベートだもの。ちゃんと話したから大丈夫。」
と笑って言っていた。
そんな事はどうでも良くて、今はこれからどうするかだ。
「洗濯はもう少ししたら終わるから。」
「すみません。何から何まで、ありがとうございます。
 このルームウェアは洗濯してお返ししますね。」
菅野が着ているルームウェアを摘んで言う。
俺が寝ている間に2人の間で洗濯、シャワー、ルームウェアの確約が成されていたらしい。
「いいわよ。このちょっとの時間だし。
 後で他とまとめて洗濯するわ。」
「でも……、」
「いいの。お気に入りの洗剤で洗うから。」
千果がニコッと笑いかけて制す。
「……ありがとうございます。」
菅野が折れて、申し訳なさそうに頭を下げる。


「それで?どうせ送るんだったら、
 そのままどっか出掛けたら?」
啜っていた味噌汁を吹きそうになった。
「何、言ってんだ。」
「いいじゃない。
 2人とも帰っても仕事しちゃうくちでしょ?
 それなら2人で何か使えそうなの、見てきたら?」
踵を返してキッチンから出て行く背中を見送る。
俺も菅野も、先程の一件を気にしない様に食事していたのに、そんなデートみたいな事したら嫌でも意識してしまうだろう。
……でも家まで送る車内だって2人きり。
ただ送る事を目的にするより、仕事の話で繋げられて、いいか?それにこのまま別れたら月曜、会社で気まずいままかもしれない。それなら出掛けて、今日の記憶をもう少し大人しいものにしたら、お互いあの事を意識しないで済むかもしれない。まぁ、多少は意識して欲しい気もするが。
「どっか、行くか?」
耳を赤くしたままの菅野に聞いてみる。
「……立花さんが、いいんでしたら……。」
俯いてそう言った菅野は、恥ずかしさを隠すようにお茶を飲む。
そんな風に言われて、帰ろうなんてなる訳がない。
「じゃ、決まりな。」
休みの時間を共有できるなんて、夢みたいだ。
だらしなくにやけてしまう。
「洗濯終わったわよ。」
いつの間にか戻って来ていた千果が、畳まれた洗濯物を菅野に差し出す。
「ありがとうございます。じゃ着替えてきます。」
菅野はふかふかになった洗濯物を持って、キッチンを出て行く。
俺は茶碗に残った最後の一口を口に運ぶ。


「甘っ!!」
不思議に思い、千果に視線を送るとすごい顔でこちらを見ていた。眉間に皺を寄せて、まるで見たくないものがそこにある様に目を細めて。
「何が?」
「あんたの顔よ。砂糖吐きそうな位甘いわ。
 2人の雰囲気も、見てると全身痒くなる感じだし。
 我慢できなくて声掛けちゃったわよ。」
俺そんな顔してるのか。引き締めとかないと。
「あんた達、早くくっついてよね。
 お膳立てするの馬鹿らしくなってきたから。」
そんな簡単だったらもうそうなってるっての。
溜息をついて洗い物をしようと立ち上がった時、菅野が着替えから戻ってきて
「私、洗います。」
と俺の手から食器を受け取った。何かこの感じ、いいなぁ。
脇腹を肘でつつかれて隣を見ると、千果が自分の顔を指差していた。
顔がまた、緩んでいるらしい。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く