それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

7.本格始動、恋の方はまた後で

彼女への想いが消えるか、彼女から拒絶されるか。
他に好きな人ができるか、彼女が誰かを好きになるか。
そのどれかが起こるまでは、好きでいよう。
そう思ったところで、起こるまでは止められたって好きだろうな、と気付く。
あの日、断られはしたものの、帰りの車内は気まずいものではなく、寧ろ和やかな雰囲気だった事が嬉しかった。
ただ悩んでいた以前と、想いを伝え諦めないと宣言した今とでは、気持ちの在り方も、彼女との距離も、大きく変化している様に思う。堂々と何度だって、彼女に気持ちを伝えられる。そしてあわよくば、俺を好きになってくれたら。
アパートの前で、ありがとうございました、と柔らかく笑った彼女を思い出す。永遠にその笑顔が近くにあるといいな。

あれから2週間。思いに耽る間もなく、LTPは大忙し。
コラボ企画のため、その他の仕事は終わらせていたが、他の課からの確認の連絡や他社との交流会など、急に対応しなければならない仕事が入る事はしょっちゅう。
コラボ企画の方はアンケート結果を参考にしつつ、5人がそれぞれ2パターンずつ出し、その後は会議に会議を重ねる。
対象は2、30代の独身女性だが、どういうテーマにするか。
皆の案から中心にする案はどれがいいか。
変更するところ、組み合わせられるところはないか。
細部のデザイン、形、素材等はどうするか。
会議は女性陣、特に天馬の意見を中心に進めていく。
どの案にも直接関与していない天馬だからこそ、率直で消費者の声を代弁する意見を出せるからだ。
一度会議を始めると時間を忘れる程白熱するのが、Partnerの社員の特徴。それだけこの仕事に熱意と誇りを持っている証拠だ。
そうして最終案が決定したのが、2回目の合同ミーティングの前日。
皆思いがけない多忙さに、顔には疲れが見えるがそれでもその目は輝いていて、翌日のミーティングに想いを馳せていた。

11人が集まるブースの中。
簡単な自己紹介を済ませ、本格的なミーティングが始まる。
1階の受付前で迎えた梶野インテリアの面々は、初めて足を踏み入れる会社に顔を激しく硬直させていたが、明るい会社の様子と林田の軽いトークに笑みが溢れるまでになっていた。
「―――テーマは、“恋を呼び込む、大人フェミニン”。
 2、30代の働く女性という大人っぱさを出しつつ、
 恋に前向きになれる様な女性らしさを加えたものを、
 と考えました。家は疲れた体を休め、新たに
 エネルギーをチャージして出て行く場です。
 仕事も頑張って、恋もしたい。
 そんな女性達の頑張る姿を応援するインテリアを
 コンセプトにしました。」
金城が説明する。テーマは金城の案だ。
シンプルにまとめつつ、且つ力を与えるカラーリングを考えた。
考案した6案のプレゼンが始まる。スクリーンには3D映像が映し出され、金城や林田が説明を加える。聞き入っていた彼等も、最年少だという小鳥遊が
「このテーブルはどれくらいのサイズになるんですか?」
と質問したのを皮切りに積極的に参加してくれた。前回のミーティングでの言葉が功を奏した様だ。特に小鳥遊と重郷は自分に重ねて、意見を出してくれている。
案は1つずつに集約されていく。プロの製作者達の専門的な話も加わって、映像上のインテリア達はほぼ完成に近くなっている。

中心となっていた金城が視線を投げてくる。終わりの合図だ。
「これで決定という事で宜しいでしょうか?」
質問に全員が笑顔で頷いてくれる。社に足を踏み入れた時のあの顔が嘘の様に、生き生きとした表情をしている。
「本当に良いコラボ商品が出来そうですね。」
この一言に、岸谷は前回のミーティングを思い出したのだろう。
恥ずかしそうに、それでいて誇らしそうに笑った。
「本来ならもう1、2週間頂いて最終決定案を出すのですが、
 十分な話し合いでここまで煮詰まりましたから、
 このまま梶野インテリアさんにバトンをお渡ししようと
 思います。宜しいでしょうか。」
「はい。私達も早く作りたくてうずうずしてますよ。」
冷静そうな岸谷の言葉が意外ながら、この人も製作者なのだと感じさせた。
「この映像以上の物をお作りします。
 自社の方の仕事もありますから、完成までに3ヶ月程
 かかると思います。
 うちでは縮小版のサンプルを作って完成版を作るので、
 まずサンプルを皆さんに確認して頂きたいと思います。
 その時はこちらにまた伺います。大体1ヶ月後ですかね。
 庭か重郷から連絡させますので。」
「分かりました。宜しくお願い致します。」

確認を済ませたところで、
「よし!今日は皆で飲み行きましょう!!」
という林田の張り切った声が響く。
「自分が飲みたいだけだろう。
 あとは重郷さんと小鳥遊さん目当てか。」
竜胆の厳しい言葉が飛ぶ。実際その通りだが。
「ち、違うっスよー。
 そんな事言ったら警戒しちゃうでしょ。」
名前を出された女性2人は目を合わせてクスクス笑っている。
「林田の事は放っておいても、良かったら
 皆さんどうですか?」
林田を甘やかす訳ではないが、ここから本格的にチームになるのだからより交流を深めた方が良い。
梶野インテリアの5人は、というより若い4人は岸谷のOK待ちの様だ。
岸谷もその様子に気付いて苦笑いしながら頷いた。
「ではお願いします。」
「やったー!!」
林田と金城の喜びの声が重なって、2回目のミーティングは終わった。

 

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く