それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

6.2人の告白

さて帰るか、との小さな呟きに律儀に、はい、と助手席から声がする。たったそれだけの事なのに、まるで恋人の様に感じて、胸の奥が暖かくなる。


梶野インテリアからPartnerまでは、2時間強の道程だ。
時間はある、と言っても運転中。
そんな中で告白なんてできないし、しようものなら注意力散漫で事故を起こしそうだ。
信号待ち。ちらと腕時計を見やる。15時30分。距離としてはあと半分といったところ。今日はこのまま直帰の予定だが、彼女をあまり引き留めてしまうのも、と思う。
どうしようかと考えて、ふとある場所を思い出す。
ここからだと道をちょっと逸れるぐらいで行けるし、気に入ってくれそうな気がするな。
「菅野。……ちょっと寄り道してもいいか。」
「はい。良いですよ。」
どこに行くのか、とわざわざ聞かないところが彼女の良いところだ。俺は返答を聞いて、青になった信号を左折した。


「……綺麗。」
そう呟く彼女の視線の先には、一面のシバザクラ。
シバザクラのピンクがよく晴れた空の青と相まって、街の中である事を忘れてしまいそうな、幻想的な光景だ。
ここは陽見ヶ丘ひのみがおかと呼ばれる小高い丘。名前の通り1年中日当たりの良い立地で、向こうの山に夕日が落ちていく様はどこよりも美しい。
通常は緑の丘だが、この時期になると一面にシバザクラが咲き、最近では名所として遠くの地からも足を運ぶ人がいるという。
時期としてはギリギリだったが、まだピンクの絨毯は損なわれていなかった。
入社時に隣の県から移ってきた彼女は、まだ来た事がないと以前に話していたため、ここに連れて来た。
少し歩いて丘の一番上にある休憩所に向かう。
心地良い風に彼女の髪が靡く。景色を見下ろす横顔は、まるで少女の様で眩しかった。


「菅野。話があるんだ。」
背中に話し掛けると、柔らかい表情でこちらを振り返ってくれた。
「何でしょう?」
促されて心のままを話す。金城からのあの助言の通り。
「……菅野がLTPに来てこの2年、一緒に仕事をしてきて、
 菅野の良いところを沢山見てきた。人にも仕事にも、
 ひたむきで誠実で、思いやりに溢れていて。
 こんな人には、今まで出会った事がないくらい。」
「とんでもないです。」
手を振って首を振って、否定する姿が愛らしい。
「俺にとってはそうなんだよ。……だから……。
 だから、好きになった。」
驚いたように目を見開き、困った様に眉を下げる。
見つめながら、もう一度。
「好きなんだ、君が。これ以上ないってくらい。」

沈黙。1秒が何分にも感じてしまう。
俺は何と続けていいか分からず、彼女は苦しげに言葉を探しているようだった。
やがて彼女が、目線を花に向けたままゆっくり口を開く。
「私は……私は、愛を、知りません。」
言葉の意味をすぐに理解できなかった。
回らない頭で考えようとした時、彼女が言葉を繋げた。
「愛、自体は理解していると思います。家族を大切に
 思ってますし、大切にされているとも感じます。
 友人を大切に思う気持ちもあります。
 きっとそれが愛というものでしょう。
 ……でも恋愛感情を持った事が、ありません。
 好き、ってどういう事なんでしょうか。
 人として大切に思う事と、どう違うんでしょうか。」
そこまで一気に言って、更に苦しげに、切なげに顔を歪める。
彼女の言葉は質問の形を取りながらも、問いかけている訳ではなく、独り言の様だった。
「立花さんが、そんな風に想ってくださっていても、
 私はその気持ちを、理解する事ができないんです。
 勿論、お気持ちはとても嬉しいです。
 それでも愛を、恋を、知らない私には、
 どうしていいのか分からないんです……!!」
悲しみを孕んだ声で吐き出された言葉は、誠実な彼女だからこそ出た言葉だ。
「同世代の人はこういう時、
 嫌いじゃないなら付き合ってみれば、って言うんです。
 そうしたら分かるよって。
 でも、もしずっと分からなかったら?
 時間を掛けたのに理解できなかったら?
 真摯に想ってくれる人をきっと、とても傷付ける……!!
 ……そんな事できません。
 それなら最初からお付き合いはしない、と決めたんです。
 ……きっとこれから先も、私は分からないと思うから。」
風の音にかき消されそうな程の声で、そう締め括った。
きっと彼女の心には、理解できない歯痒さ、俺を傷付ける事への悲しみ、これから先への諦め、「ずっと知る事ができない」という切なさ、幾つもの感情が混ぜ合わさっているのだろう。
その表情は、消え入りそうに儚かった。

直接的な言葉ではないものの、はっきりと断られた。
でも彼女の答えは、俺を嫌いであるというものではない。
「……そうか。分かった。
 ……でも。勝手に想うのはいいよな?」
俺は卑怯だ。
断らないと分かっていて、こんな質問をする。
「……はい。」
眉を下げて、どうしていいのか悩みつつもそう返してくれた。
「諦めるつもりはない。すぐ諦めるなんてできないし。
 君に恋愛感情を教える、なんてきっと無理だけど。
 俺が持ってるこの気持ちを伝えていく事はできるから。」
少し呆けた顔をした彼女に、もう一度。
「好きだよ。……俺は諦め悪いからね?さ、帰ろう。」
そう言って背を向けて、坂を下って行く。
こんな時でも律儀に、はい、って返すから、
何だか恥ずかしくなって、少し顔が熱くなった。

「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く