それはきっと、絵空事。

些稚絃羽

1.いつもの朝

柔らかく沈むベッドの中。
ブルーのカーテンの隙間から、朝の光が差し込む。
5月だが、部屋の中は少し肌寒く、
肩を窄ませながらベッドを出る。


寝室のドアを開け、リビングを抜けて洗面所へ向かう。
冷たい水で顔を洗い、少し耳にかかる髪のハネを直し、
申し訳程度の髭を剃り、歯を磨く。
いつもより長めの睡眠で、鏡の中の顔は調子が良さそうだ。


洗面所を出て左手、リビングの奥のキッチンにある
頂き物のコーヒーメーカーをセットし、寝室へ。


クローゼットからスーツを出して着替えていく。
細いパープルのストライプの入ったシャツにグレーのスーツ。
水玉模様を配したネイビーのネクタイ。
ブラックの靴下を履き、シルバーの腕時計をはめる。


リビングにはコーヒーの香りが立ちこめている。
落ちたばかりのコーヒーをカップになみなみと注ぐ。
朝はこのコーヒーが無ければ調子が悪い。
いつからそうなったのだろう。
テレビを付けて朝のニュースに耳を傾けながら、
朝一で入っている会議の書類に目を通す。
どれも面白い案だ。なかなか濃い会議になりそうだな。
テレビで時間を確認する。AM8:00。
そろそろ出なくては。


テレビの電源を消し、カップを洗う。
書類と携帯をバッグに入れ、部屋をざっと見回し玄関へ進む。
履き慣れたダークブラウンの革靴を履いて、
靴箱の上の鍵の束を握り、ドアを開ける。


同時刻に出勤のお隣のご主人と挨拶を交わしながら
鍵を閉めて、連れ立ってエレベーターへ。
12階から地下1階の駐車場まで止まることなく下り、
1216のスペースに駐車した車に乗り込む。
暖かい日差しの中、通勤の波へと出て行く。


今日も一日が始まる。
これが俺、立花幸多たちばなこうた、28歳の日常だ。


「それはきっと、絵空事。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く