話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

FANTASY WAR ONLINE

海沼偲

第四八話


 俺たち四人は次のウサギを求めて草原を歩いている。

「あいつだな」
「また一匹だね」

 ウサギを見つけることには見つけたのだが、残念なことに、一匹だけである。

「ウサギが二匹以上で固まっているって報告は一度も聞いたことないからな。そういうものだと諦めてくれ」

 ウッドが言っていることだし事実なのだろう。しかし、一匹を探すのにうろうろするのは何とも効率が悪い。こりゃ、すぐにでも他の狩場に行くのは当たり前のことなんだろうな。仕方なし。

「一匹を複数人で囲んで殺すんだね。ひどいなあ」

 かおるは空を見ながら笑っている。まあ、パーティ組んだらそうなるよね。

「まあ、そうなんだけどね……」
「でも、レベル1のプレイヤーがソロだとウサギに殺されることがよくある程度には強いんだぞ」
「ほんとかあ?」

 先ほどの戦闘で強そうに見える要素が少しもなかった。一撃で胴体が真っ二つにされるのだからな。

「じゃあどっちが先に戦う?」

 かおるは俺に聞いてくる。

「じゃあ、じゃんけんで勝ったほうでいいんじゃないのか?」
「ああ、それもそうだね」
「おいおいおい!」

 と、じゃんけんしようとするとウッドが止める。何かね?

「なんだ?」
「さっきの話聞いてた」
「聞いてたよ」
「一人だと殺されることもあるんだって言ったじゃん」
「ああ、そうだな。じゃ、かおる。じゃんけん」
「うん」

 俺たちはじゃんけんをする。勝ったのはかおるだ。

「じゃあ私だね」
「おう、頑張れよ」
「わかってるよ」

 ウッドたち二人をしり目にかおるはウサギの方へと歩き出した。二人は眉間を抑えている。さすが双子だなあ。シンクロしてる。
 かおるは自然な足取りでウサギへと近づいていく。と、ウッドが警戒される距離よりもさらに遠くからウサギが警戒を始める。しかし、かおるはそれに気にする様子は見せない。同じ速度で近寄る。

「きゅっ!」

 ウサギは角を突き出すようにして飛び掛かる。その速度はかなりの物であり、ウサギの瞬発力の高さを感じさせることが出来る。止まった状態から、すぐにマックス速度まで加速できるのなら、不意打ちで敵を殺すこともできるのだろうな。なかなかやる。
 しかし、残念なことに、かおるには効かない。かおるはそのままタイミングを合わせて木刀を振り上げる。それはウサギの顎に入る。ウサギは宙を舞い、地面へ力なく落ちる。そこからウサギが動くことはなかった。

「終わったよ」
「あ、ああ……」

 ウッドが固まってしまっている。どうしたのかね?

「いやあ、強いというのはわかっていたけど、ここまでなんだね」

 ライフが感心したようにしている。

「ああ、そういえば、二人は知らないんだったな」
「まあな。お前もあまり強いということを見せびらかさないし」

 そりゃ、黒歴史ですし。

「じゃあ頼んだよ」

 かおるがウサギの首根っこを摑まえてウッドに近寄る。ウッドは少し後ずさるがそんなことは関係ない。

「あ、ああ。とりあえずおいてくれ」
「はーい」

 かおるは地面にウサギを置く。ウッドはほっと胸をなでおろした。
 ウッドが近寄ってナイフを突き立てる。すると、ウサギは肉と皮に変わる。先ほどのナイフは剥ぎ取りナイフというらしい。そのまんまである。何故かおるが剥ぎ取りをしないのか。それは、ここに来たときに剥ぎ取りナイフなんてものがないからだ。自分で買わないと剥ぎ取りナイフが手に入らないということなわけだ。で、俺たちは剥ぎ取りナイフなんか買っているわけがないので、おとなしくウッドに任せているというわけだな。

「はい、かおるの取り分な」

 ウッドはドロップした素材をかおるへと渡す。

「ありがとう」

 かおるはそれをアイテム欄へとしまう。これで終わりだ。

「次は俺か」
「そうだな。早く行こうぜ」

 ではそうしよう。俺はウサギを探すとどうやら一匹、こちらに近づいているのがいる。

「ここで待とう。近づいてきてる」
「そうか」

 ウッドは地面に腰を下ろす。

「けっこう重いんだよ防具って」
「あと、着慣れてないからね。疲れちゃうんだよ」

 そう言いながら、ライフも腰を下ろす。
 そうして、ウサギが近寄ってくるまで俺たちはその場で談笑していた。

「まだかね」

 飽きたのか知らないが、ウッドが聞いてくる。もしかしたら独り言かもしれないが。

「あいつ、ゆっくりとこっちに近づいてはいるんだがな。道草を食っているのかもしれない。ふらふらとしているからな」

 まるで酔っぱらっているかのようである。

「こっちから行かね?」
「だなあ」

 あの進む速度だったらすぐにでもこっちに来ると思ってたのに、突然止まりやがって。

「野生動物の本能ってすごいよね」

 かおるはにこやかに言った。
 ……ああ、そういうこと。

「それ、逃げられるんじゃないのか?」
「どうかな? かな?」

 かおるは口を三日月に広げる。俺は気持ち殺気を抑えてみる。そのあとかおるを抱きしめて興奮状態を抑える。

「ふふ」

 かおるの笑い声が心地よく俺の体に響いている。

「さて、これで大丈夫だろ」

 俺はにっこりと笑う。これなら、目の前で人が殺されても穏やかな笑みを浮かべ続けていられるだろう。

「うわー……」

 ウッドが何かまずいものでも見たような声を出した。俺はウッドの方へと向く。すると、ウッドの顔が青ざめていく。人形のような色をしているな。はく製に出来るな。今なら多くのご婦人に愛用されることだろう。

「助けて……」

 ウッドは天に祈り始めてしまった。何をそんな。救済の言葉なら俺が掛けてあげるというのに。

「さて、行くか」

 気を取り直して出発しよう。
 かおるは俺の腕に自分の腕を絡ませる。デートではないのだけれども、まあいいだろう。近くに敵はいない。
 そうしてウサギの方へと歩けば、見つけた。毛玉である。真っ白な毛玉が草の中に隠れようとして穴を掘っている

「穴を掘ってるな」
「へえ、そんな行動をとるのか。初めて見たぞ」

 恐怖から解放されたウッドは興味深そうにウサギのことを見ている。ライフとかおるの二人組はうっとりとウサギを見ている。可愛らしいのかね。あれ、何かから逃げようとしているように見えるけど。
 ウサギは顔を上げてきょろきょろとあたりを見渡す。と、俺と目が合う。俺は笑う。笑顔が一番である。ウサギは引きつる。石になってしまったかのように動かなくなる。ただ、目だけは俺を真っ直ぐ見つめている。
 俺は一歩足を踏み出す。ウサギはブルリと震える。ウサギは諦めたのか覚悟を決めたのか。俺を睨み付けるように見ている。

「ああ……あはっ」

 やばいな、楽しすぎるぞ。
 俺はゆっくりと木刀を抜く。そして正眼に構える。
 覚悟を決めようぜ。俺はお前を敬意をもって殺す。だから、お前も俺を全力で殺しに来てくれ。

「ひゅっ」

 瞬間、俺はウサギの間合いに入り込み、そのまま振り下ろす。脱力した速度の乗る一振り。威力は? ある。俺の体重を乗せている。これで効かないわけがない。
 ウサギは横に避ける。当然だ。あからさまな攻撃。リズムを相手に合わせてあるんだ。避けるに決まっている。避けなければ楽しくない。
 ウサギは俺に飛び掛かる。角の一撃が俺に迫る。だが甘い、やはりウサギは不利だな。飛び掛かるときに急所に当てようと思うと、空中に待機することになってしまう。その瞬間に俺の膝蹴りを食らってしまう。こうやって、タイミングを合わせられると、もろいな。どうしても。
 だが、俺はここでやめることはしない。すぐさま横に木刀を振る。ウサギの胴体を横薙ぎにする。
 そうしてウサギはぽとりと地面に落ちる。
 俺はウサギに礼をする。

「頼んだ」
「あ、ああ……」

 ウッドは同じようにウサギに剥ぎ取りナイフを突き立てて、素材を手に入れる。俺はそれをもらう。
 ああ、満足した。

「FANTASY WAR ONLINE」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く