FANTASY WAR ONLINE

海沼偲

第一話

 サービス開始当日。昼の一時からサービス開始ということで、午前中は日課をこなしてサービス開始まで暇をつぶす。今は昼食をとっているところである。あと一時間まで迫ってきているのだ。
 父さんは有休をとってきているために昼に家族全員がそろっているという状況である。そもそも父さんはVRの開発でかなりのお金を稼いでいるため、今から遊んで暮らしても一生、生きていけるほどの蓄えはあるわけだが。
 と、そんなこんなで、ようやく開始時間まであとわずかに迫ってきている。家族とは後で会おうと約束を交わしてギアを装着する。画面からFWOを選択し、ログイン待機の画面が表示される。残り時間がカウントされている。あとは待つだけである。
 カウントが十秒を切る。心の中で残り時間を数えながら待つこと数秒、カウントが0を表示する。そして、俺の意識は落ちた。


○  ○  ○


 俺が最初に感じたことはその場所が暖かい場所であるということと、外であるということであった。草木の匂いが感じられる。遠くで小鳥がさえずっている。俺はまぶたを開けると、目の前には青空が広がっていた。俺は森の中の開けた場所で寝転がっていたのである。俺は起き上がりあたりを見渡す。周りには木が生えているのみである。広間には台座が置かれている。
 俺は木に近寄って回し蹴りを入れてみると、ミシミシと体をきしませる。

「すごいなあ」

 俺が今までVRでやってきたことはただ白いだけに現実世界の時刻と仮想現実世界の時刻が表示されている場所で、祖父ちゃんたちと稽古をしていたぐらいである。
 VRギアの時間加速技術は最高十倍速まで行える。それを利用して、VRで十時間、現実世界で一時間、合計二時間の稽古を日課として行ってきた。
 話を戻すが、俺たち家族は真っ白な無味乾燥とした世界を長い間見ていたために、このような自然を表現する空間というものに単純に驚いているのだ。しかも、木を蹴った時の衝撃は現実と変わらない。
 俺はその場で暫く型を行い体の違和感を探してみるが、そういうものは一切ない。こっちでも問題はないことが証明された。で、先ほどから放置している台座に近寄ってみると、台座からディスプレイが浮き出てくる。

――タッチしてキャラクター設定を開始してください

 なるほど、これで、アバターを作るわけか。
 ……まあ、今はやらないでいいだろう。ここは、キャラクター作成のためだけに作られた空間ということなのだろう。つまり、今探索しないと、これから先探索することが出来ないということである。おそらく、うちの家族は全員森の中へ足を踏み入れる。いや、一般プレイヤーも同じように森の中へと入っていくだろう。つまり、入らない理由がないわけである。これで、謎の壁があったら諦めるが、謎の壁がないことを祈る。
 と、広場から一歩森の中に入る。
 すると、広場からは一切しなかった獣の存在を感じさせる強烈なにおいが俺の鼻を侵す。ふむ、少し用心しておくべきだろう。なんせ今の俺は、俺の力で引き裂けるような布の服に裸足である。
 そう、裸足である。
 なんで裸足なのかは考えたが、おそらく、俺はログインするときに裸足だからなのではないかと予想している。そんなことなく全員裸足の可能性もあるが。そうだったらそうだったで、森に入らないで、さっさとアバターを作ってゲームを始めるのだろう。裸足が嫌なのなら。俺は別に気にしない。裸足は音を消してくれるから、隠密行動時には大活躍である。後は、振動を感じやすいので、どの体格の生物がどの程度の距離にいるのか把握しやすいというのもある。伊達に、森で熊と格闘しているわけではないのだ。
 しばらく、森を適当にほっつき歩いていると、獣道を見つける。ふむ、ここを通るか。俺は獣道を通ることに決める。まあ、道の幅的に、そう大きな動物ではないということはわかるので、問題はないだろう。オオカミまでなら、油断しなければすぐに殺されることはないだろう。
 と、かすかに動物の鼻息が聞こえる。その音の先にはイノシシ。ちょっと、戦ってみたいという思いもあるが我慢して、ゆっくりと気づかれないように通り過ぎる。そのついでに、手近にある石を俺の反対側へと放り投げてイノシシを誘導する。これで安心である。一息ついて前を向くと、熊と目が合った。

「グルルルルルルル……」

 牙を見せて威嚇している。俺も同じように威嚇しているので人のことは言えない。お互いの殺気がまじりあい、この場には近寄りがたい雰囲気というものが形成されているのだろう。近くにいたウサギやら小鳥やらが逃げていく様子が感じ取れる。動物はそういうものに敏感だからな。
 熊の体格的にはヒグマであることが予想される。別に炎を吹き出していたり、腕が四本あったりはしない。俺が知っている動物と同じだと思う。たぶん。いや、どうなのかね。

「ふきのとうでもお食べ」

 なんと近くにふきのとうがあった。きっと俺がこいつを奪おうと思っているのだろう。そんなことはないと笑顔で語りかけながらふきのとうを差し出す。

「ガアッ!」

 残念、敵対してしまったようだ。悲しいことである。飛び掛かってくる熊の体の内側へと体を滑り込ませて、みぞおちに掌底を一撃。

「ガヒュッ!」

 呼気が乱れたので、苦しそうにもがき出す。毛皮で守られているとはいっても、体の中まで通せば生き物なのでこうなる。内臓は物理的に鍛えられないからなあ。熊は現在せき込んでいるので、待っててあげる。なお殺気。
 熊はこちらへ顔を向け俺と目を合わせる。今のがまぐれか、何度もできるのか考えているのだろうか。俺は笑って答えるだけである。
 今度は四本の足で地を蹴って俺に懐まで潜り込ませないようにしている。だが残念、俺のほうが早い。間合いを素早く詰める。熊は一瞬戸惑って足を止める。それはいかんよ。熊の眉間に正拳突き。熊は目をちかちかさせて混乱しているような気がする。今ここで熊を殺しても、俺の今の気分としてはあんまり好ましくないので熊を放置して先に進む。追って来たら、相手してやればいい。
 しばらく歩き、何頭かのオオカミの群れが襲ってきたので撃退しつつ森の中を進む。再び森が開けたところに出た。

「ここは、花畑か?」

 遠くに色とりどりの花が見えるので、安直ながらそう思う。そして、俺の視界の端にログハウスが一軒ある。
 新築であるといったような生木の雰囲気は感じることはないが、丁寧に使われていることがわかる。木に痛みというものが見えず、ただただゆっくりと時間の流れによって少しずつ死んでいっているようなそのさまを見せつけられているような、退廃的な価値観とともに死んでいるが生きていると、生と死を同時に見せつけられているような錯覚に陥る建物である。
 俺はゆっくりとそれに近づき、触れてみる。わずかながらに水気が存在している。雨が降ったから濡れているというわけではない。あたりに水たまりはない。雨がつい最近降ったというわけではないだろう。しかし、この木には水分が含まれており、それが朽ち、腐り、ダメになるという目的で使われるのではなく、ただ死ぬことへの抵抗に使われているということがわかる。みずみずしく、若々しくはない。ただ、日本に存在する神木よりも、神々しく長き月日を生き続けている。切り倒されていながらにして、この姿で生を謳歌しているのだ。
 今まで生きている家というものは、動物的であり、怪物として語られることだ。だが、ここまでに、静かに、背景として見逃しそうな空間に鎮座していながら、その威光は堂々と俺たちに生きているということを知らしめているというのだから、何とも美しい建物である。
 外見はログハウスと言ってイメージしたログハウスの姿かたちをしているといえよう。窓がはめられている。中からカーテンが掛けられて、外から覗くことは出来ない。しかし、俺はこの家の主がどんな人物なのかこの目で見てみたくなってしまった。いや、最初にこれを見つけた時には、ここに人がいるのかと思い、声をかけるつもりだったが、より深く、会いたいと思っているのだ。
 俺は、すぐさま玄関の前へと移動し、ドアをノックする。

「もし、誰かいらっしゃいますか?」

 家の中で誰かが歩いている。ゆっくりと、こちらへ近づいているのが感じられる。鍵が外され、ドアがゆっくりと開いていく。
 そこから顔をのぞかせたのは白銀の髪を持つ、美しい女性だった。

コメント

コメントを書く

「SF」の人気作品

書籍化作品