【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

314 - 「仙女族のセンリ2」


 センリの爆弾発言に、場の空気が凍る。

 さすがに想定外だったのか、メグリスだけでなくチョウジまでもが口を開けて驚いていた。

 当然、騙された形となったマサトも不快感を滲ませる。


「ボスは倒した。それは同行したチョウジが証人になったはずだ。それとも、始めから嘘だったのか?」


 マサトの言葉に、シャルルだけでなく、その場に同席した背赤セアカとアシダカからも殺気が放たれる。

 ヴァートもお怒りの表情だ。

 ララとキングは突然殺伐とし始めたことに動揺し、メグリスとチョウジは狼狽した。

 見届人として同行したチョウジも、これはさすがに我慢できないと抗議の声をあげる。


「ちょ、ちょっと姐さん何言ってんスか!? 自分はちゃんと報告したッスよね!?」


 このままでは色々と不味いとメグリスも続く。


「センリさん! 往生際が悪いですよ! いい加減にしてください!!」


 だが、センリの不遜な態度は変わらない。

 煙管煙草きせるたばこから口を離したセンリが、煙をマサトの顔へ吹きかける。

 その挑発行為に、シャルルの殺気がピークに達するも、マサトはまだ待てと念で指示。

 シャルルからの鋭い殺気を向けられても、顔色一つ変えずどこ吹く風のセンリが口を開く。


「ふぅ〜。外野が何を言っても変える気はないよ。お前らがいう未知のボスってのは、本当にダンジョンのボスだったのかい? それなら討伐報酬がドロップするはずだろう?」


 センリの言葉に、マサトはセンリが何を言おうとしているのか察した。

 マサトが倒したモンスターたちはボスではなく守護者であったり、ダンジョンのボスとは関係のない世界主ワールド・ロードだったりと、最初に提示されたボスの定義には当てはまらない。

 この黄金のガチョウのダンジョンは、固定の階に出現するボスを討伐すれば、その報酬テーブルの中から抽選で必ず何かがドロップするという、とてもゲーム的な仕組みなのだ。

 そしてのこの仕組みは既に認知されているため、センリはボスを倒して何もドロップしなかったのなら、それはボスとは言えないと主張したに過ぎない。


(そういえば、エヴァーはダンジョンのボスに該当しないのか……ヴィリングハウゼン組合との激戦があったせいで、本来の目的を忘れていたな……)


 チョウジや他のメンバーは、世界主ワールド・ロードであるエヴァーを未知のボスと認識していたため、その証言を盾に押し通すことは可能だが、それでセンリが引くとも考えにくい。

 マサトは少し考えた後、それならばと気になったことを口にした。


「未知のボスが本当に存在したとして、そのボスがドロップした報酬だと、どうやって証明できる?」


 マサトの問いに、今度はセンリが「む……」と渋い顔をした。

 だが、それだとメグリスとの賭けに負けてしまうことになると、センリはしどろもどろになりながらも強引に我儘を通した。


「そこは……ほら……それっぽいものを提示してくれれば信じるさ。一応、チョウジという証人もいるし……」


 センリのその発言に、皆のセンリを見る目が変わり、場に白々しい空気が流れる。

 マサトも、それでいいのかと、センリの理解し難い言動に首をひねったが、それならと考えを巡らせた。

 そして、崩壊していく菫色の小世界ヴァイオレット・ガーデンを出る直前に入手した、とあるカードを思い出す。


(そういえば、あれがあったか。あれならそれっぽく見えるかもしれないな)


 マサトが右手を開き、何もない掌を上に向けてセンリに見せつつ、一芝居打つ。


「仕方ない。見せるつもりはなかったが、そこまで言うなら……これがその討伐報酬だ」


 そう告げながら召喚を行使。


「これが、世界亀ワールド・トータスロンサム・ジョージの魂核だ」


 マサトの掌に、炎のように緑色の粒子を燃え上がらせながら輝く球体の宝石が出現した。


【SR】 世界亀ワールド・トータスロンサム・ジョージの魂核、(3)、「アーティファクト ― マナ生成、装備品」、[マナ生成:(緑×2)] [装備補正+0/+3] [(緑):再生Lv3、一時能力補正+0/+3 ※上限3] [装備コスト(0)] [耐久Lv3]


 世界亀ワールド・トータスロンサム・ジョージの魂核は、マナの枯渇を気にすることなく、毎ターン緑2マナを生成し続けることができる希少な魔導具アーティファクトだ。

 更には、身に付けるだけで防御力が3上がる、装備コストなしの装備品でもある。

 それだけでなく、緑マナを注ぎ込めば再生能力を使える上に、更なる防御力強化まで可能という大きなおまけ付きだ。

 宝石を見たセンリの瞳が大きく見開かれる。


「こ、こ、こ、こ……」


 驚愕のあまり、センリが正しく発声できずにいると、目を輝かせた好奇心の塊がマサトの足に飛びついてきた。


「すっごいかしらぁあああ! 魔力マナが濃すぎて、溢れ出た魔力マナの粒子が炎のように燃え上がってるように見えるのよ! もう少し近くで見せるかしら!!」


 マサトは足にしがみついたララに見える位置まで手をおろすと、ララはゆっくりと手を伸ばし、緑色の炎に触れた。


「全く熱くないかしら! やっぱりこれは魔力マナの放出が濃すぎてこう見えているだけなのよ! フンス!!」


 ひとり興奮状態にあるララ。

 そのララに、古代魔導具アーティファクトのブローカーとして表立って仕事をしてきたプライドを刺激されたのか、衝撃から復帰したセンリが加わる。


「わ、私にも見せてくれないか!? 下手な真似はしないと誓おう! 何ならここで契約を交わしてもいい!」

「別に構わない。契約もいらないから自由に確認してくれ」


 マサトがセンリの前に再び差し出すと、センリは食い入るように魂核を見ながら、震える手を伸ばした。


「これほどのものが、本当に討伐報酬だと……?」


 疑う意味での発言ではないと雰囲気で分かっていたものの、補足は必要だろうとマサトが皆に説明する。


「俺たちが訪れた、菫色のモンスターハウスと呼ばれる特殊なフロアは、笑い狂う島嶼ラフィング・マッド・アイルロンサム・ジョージという小世界を作るまでに巨大化したモンスターの背にできた世界だった。これは、その巨大モンスターが死んだことで手に入った魔導具アーティファクトだ」


 マサトの説明を、真剣な表情で聞き入るセンリ。

 澄んだ青色の瞳は、マサトという人物を見極めているようにも思えた。

 突飛的な言動や行動をするセンリだが、真剣な表情で佇む姿は、絶世の美女というに相応しく、それだけで男にとってはプレッシャーとなるが、マサトは気にせず話を続けた。


「結果だけを見れば、その巨大モンスターも、その世界の主と呼ばれる存在も全てが死んだ。この事実だけを利用し、俺たちが討伐した結果だと言うこともできるが、そこに至った経緯は違う」

「ほほぉ? 続けて」


 素直に討伐したと済ませなかったマサトに、センリの口元に少し笑みが生まれる。


「俺は、その世界の主である存在と、その世界自体を助けようとした。そのせいで、急遽ヴィリングハウゼン組合とやり合うことになったのだが、それはすでに聞いているな?」


 話を振られたセンリが答える。


「あれとやり合ったことは、チョウジから報告を受けている」

「そうか。だが、なぜ俺が組合と敵対してまで、モンスター側の味方につく必要があったのか、その理由までは知らないだろう」

「そうだな。それは聞いていない。教えてくれるのか?」


 センリの問いに、マサトが頷く。


「他の者にとっては大したことではないが……理由は単純だ。俺が最も探し求めていた、俺の兄に関する情報を、その世界の主が持っていたからだ」

「お前の兄と、その世界の主とやらに接点があったということか」

「そうだ。お陰で俺はその世界の主――世界主ワールド・ロードのエヴァーの記憶から、兄の伝言を受け取ることができた」


 センリの瞳が再び大きく見開かれる。


「記憶から伝言を受け取っただと……? その方法も気になるところだが、もしそれが事実なら、お前の兄は、お前が世界主ワールド・ロードに接触することを予知していたことになるぞ?」

「俺も兄の能力までは知らないが、その予測はすぐに立てた。そして、恐らくそうだろうと納得もした」


 センリの視線が鋭くなる。

 マサトの言うことが真実であれば、センリはその未来を描くために動いたということになる。

 他の誰でもない。

 黄金のガチョウのダンジョンにいた世界主ワールド・ロードとマサトが出会うきっかけを作ったのは、センリ自身の思いつきだったのだから。


「はぁ〜、これは参ったね〜」


 センリが溜息とともに目を瞑り、煙管を咥える。

 先端の火皿が赤く光った後、センリは上を向いて煙を吐き出した。


「ふぅ〜、この私が知らず知らずのうちに、どこの誰かも知らない男の運命の歯車の一部にされてたって〜? 笑えないねぇ〜」

「信じるのか?」


 マサト自身、信じてもらえるなどと思っていなかったが、返ってきた答えは意外なものだった。

 妖艶な笑みを浮かべたセンリがマサトに告げる。


「信じるさ。私は、その手の予知や占術に詳しい仙女族だからねぇ〜。それに、この世界の住民でもないしさ」

「仙女……この世界の住民じゃないなら、別の次元からどうやってきた? やっぱりダンジョンか?」


 マサトの質問に、センリがにやりと口元に深い笑みを作った後、わざとらしい溜息を吐いた。


「はぁ〜、今ちょっと入用でねぇ。外もあんな有様だろ? ここを出ようにも色々と準備しなくちゃいけないことも多くてさ〜。それに、暫くはどこか安全な場所に身を隠そうと思ってるんだけど、どこか衣食住を気にしなくていい場所とか知ってたら嬉しいんだけどねぇ?」


 センリの流し目を受けたマサトは、背赤セアカに視線を移す。

 マサトから視線を受けた背赤セアカは、その視線の意味を察したのか、すぐさま頷いた。

 マサトがセンリの要望をのむ。


「分かった。金も場所も安全も、望むものは後家蜘蛛ゴケグモが提供する。これでいいか?」


 マサトの回答に、センリが満足気に頷いた。


「ふふっ、話が早い男は好きだよ」


 そう言って、センリは胸元から一冊の小さな本を取り出し、マサトへと差し出した。


「ここに私が知り得た隠しダンジョンに関する情報が全て記載されてる。好きに使うといい」


 その本を見たチョウジとメグリスがギョッとする。


「え、ええ!? ちょ、姐さん、それ渡しちゃっていいんスか!?」

「センリさん!? それ私たちの飯の種ですよ!? 貴重な収入源!!」


 焦るふたりへ、センリが鬱陶しそうに手を払う。


「もうそろそろこの家業も潮時だって言っただろう〜? この辺が引き際なのさ。それに、目の前に最高の買い手がいるのに、ここで売らなくていつ売るっていうんだい?」

「そ、そりゃそうッスけど……」

「それでも全部売らなくたって……」

「はぁ……思い切りの悪い子たちだよ本当に」


 センリがそう溜息を吐く中、マサトはセンリから手渡された、ほんのりと温かく、甘い香りの漂う本を開いた。

 そこには確かにダンジョンに関する情報が事細かく記載してあった。


(この内容が真実かどうかを確認する術はない……そこは信用するしかないか)


「確かに受け取った。こちらも約束は守ろう」


 すると、センリが挑発的な視線を向けた。


「そこに記載してある情報が嘘かもしれないとは思わないのかい?」

「あなたも、目的を達成した俺が後で約束を破るとは思わないのか?」


 質問を質問で返されたセンリが朗らかに笑う。


「アハハ! それもそうね。でもそっちは安心していいわよ。それは誓って本物」


 そう告げながら、センリが身体を寄せる。

 両手でマサトの頭を抱えるようにして抱きついたセンリが、マサトの耳元で囁く。


「私の予感が正しければ、お前さんはまた私に会うことになる。この本は、私にとって良い未来へと続く道になるのよ」


 センリの顔が正面に移動する。

 鼻と鼻が触れ合う至近距離で、センリの青い澄んだ瞳がマサトの黒い瞳を見つめ、にこりと微笑んだ。


「それじゃ〜、また逢いましょうね」


 仙女らしい妖艶な色香を身に纏ったセンリが、マサトへ軽い口付けを交わすと、何事もなかったかのように離れる。

 仙女流の挨拶なのかと考えたマサトだったが、そうではなかったのだとチョウジとメグリスの反応を見て気付いた。

 口をあんぐり開けたチョウジとメグリスがそれぞれ呟く。


「あ、あの姐さんが……男に、デレた……?」

「ど、どういうこと……?」


 ヴァートは赤面し、パークスが軽い溜息を吐く。

 ララはやれやれと首を振り、キングがヒューと口笛を吹くと、その直後、シャルルと背赤セアカからピリピリとした刺すような圧がマサトへと突き刺さる。

 アシダカは苦笑いだ。

 ヴァートがいる手前、気不味いなと思うマサトだったが、再び場の空気を弄ぶことに長けたセンリが次の話題を投じた。


「そういえば、南部が一面氷の世界に変わった原因って、そっちでは把握してるのかい?」

「いや、知らない」


 マサトが答え、マサトに視線を向けられた背赤セアカも首を振る。

 すると、センリが答えた。


「なら特別に教えてあげる。南部が氷の世界に変貌したのは、世界級ワールズ魔導具アーティファクト――凍結の宝珠フリーズンオーブが使われたせいよ。私の情報が確かなら、あれはニニーヴ・リーヴェが持っていたはず。つまり、凍結の宝珠フリーズンオーブを南部でぶっ放したイカレ野郎は、アリス教の教祖リデル・オブ・マーリンの愛弟子にして愛人とも言われている大魔導師アークメイジの老婆ってことさ。気をつけな」



――――
▼おまけ


【R】 凍結の宝珠フリーズンオーブ、(2)、「アーティファクト ― 宝珠」、[(青):凍結カウンター+1] [生贄時:全体凍結魔法Lv5、効果範囲は凍結カウンターの数に比例] [耐久Lv3]
「神が、生命の進化を遅らせるために作ったとされる宝珠。時に神は、行き過ぎた文明を壊す目的でもこの宝珠を使う――神を観測する者マツゲンジ・ロウ」

【SR】 世界亀ワールド・トータスロンサム・ジョージの魂核、(3)、「アーティファクト ― マナ生成、装備品」、[マナ生成:(緑×2)] [装備補正+0/+3] [(緑):再生Lv3、一時能力補正+0/+3 ※上限3] [装備コスト(0)] [耐久Lv3]
「希少な世界亀ワールド・トータス種から極稀に入手できる幻の逸品。この商品を扱っているのは、星界に数ある素材屋の中でも、私たちくらいでございます。現物一品限りですので、お早めにお買い求めください。今なら、抽選で素敵な商品が当たるスターラッシュキャンペーン中でございますので、この機会にぜひ――星界の素材屋シングルスターの店主ソリテス・アブエ」



★★『マジックイーター』1〜2巻、発売中!★★

また、光文社ライトブックスの公式サイトにて、書籍版『マジックイーター』のWEB限定 番外編ショートストーリーが無料公開中です!
・1巻の後日談SS「ネスvs.暗殺者」
・2巻の後日談SS「昆虫王者の大メダル」
https://www.kobunsha.com/special/lb/

これからも更新続けていきますので、よろしければ「いいね」「ブクマ」「評価」のほど、よろしくお願いいたします。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品