【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

300 - 「黄金のガチョウのダンジョン14―菫色の守護者」

「また新しいのが出てきたな」


 菫色の空に突如現れた一体のモンスター。

 悠々と広げられた一対の大翼に、水晶を全身に生やしたかのようなごつごつとした鱗。

 鋭い牙と角をもつ外見は、空の支配者であるドラゴンのようにも見える。

 遠方ゆえ、その大きさを正確に測ることはできないが、少なくとも、眠りの森のダンジョンで遭遇したドラゴン――闇を育むものデザストルに匹敵するくらいには大きい。

 空の色と同じく全体的に菫色だが、太く長い尻尾は、先端にいくにつれてドズ黒く変色しており、その尻尾の先端には鋭利な刃物のような突起が無数に伸びていた。

 人のように腕を組みつつ、ゆっくりと下降しながら冷静に地上を見下ろしている姿は、どこか気品すら感じられる。


「あれが何か分かるか?」


 マサトがアシダカに尋ねると、アシダカは首を横に振った。


「いえ……初めて見るモンスターです」

「チョウジは?」

「あんな奴見たことないッスね。少なくとも、報告されている階層守護者には存在しない新顔スよ、あれ」


 アシダカとチョウジが知らないとなれば、他のメンバーも知らないだろう。

 となれば、答えは絞られる。


「状況的に、あれが親玉ってところか」


 マサトが空に浮かぶモンスターを観察していると、頭の中に直接声が響いた。

 多少悲壮感はあるものの、透明感すら感じられる優しい声色だ。


『……もう少しだけ、私たち・・・に時間をください』


(なんだ……? 少女の声……?)


 マサトは一瞬混乱した。

 頭に響いた声が、上空にいるモンスターとの見た目と大きくギャップがあったからだ。

 マサトだけでなく、他の者たちも同様に混乱している様子だった。

 チョウジがマサトに聞く。


「これ、頭の中に直接少女の声が響いてるんスけど、自分だけじゃないッスよね?」

「ああ、俺にも聞こえてる」

「ふぅー、自分だけ幻聴が聞こえたのかと思って焦ったッスよ。けど、一体どこから……」


 顔をしかめたチョウジが周囲を見回す。

 腐敗の運び手ロット・ライダーの荒くれ者たちも声の主を探している様子だったが、ヴィリングハウゼン組合の軍人たちは空に現れたモンスターに集中していた。

 チョウジが再び口を開く。


「まさかあのモンスターッスか? 見た目はゴツいのに、えらくかわいい声してるんスね……」


 そう話したものの、顔はどこか納得していない様子だ。

 そしてそれはマサトも同じだった。


(……本当にあのモンスターが発したのか?)


 マサトが違和感の原因を探っていると、突然タコスが大声を発した。


「時間は十分過ぎるほどあったであろう! これ以上、何を待てと言うのか!!」


 先程の腰の柔らかいタコスが発したとは思えないような怒声に、突然の少女の声によって緩みかけていた場の緊迫感が元に戻る。

 すると、再び頭の中に少女の声が響いた。


『……このグリムの童話世界グリム・ワールドから出ていくために、もう少しだけ時間が必要なんです』

「ほぅ? ここから出ていく準備ですと?」

『はい』

「では、その条件をのむ代わりに、こちらの条件ものんでもらいますぞ!」

『……条件?』


 空に向かって大声で話すタコスと、頭の中に直接響いてくる少女の声。

 恐らく、この場にいる全員が聞いているであろう会話に、マサト自身も聞き漏らさないように耳を傾ける。

 この後、タコスが重要な発言をする気がしたからだ。


「お主が持っている多元宇宙マルチバース級の魔導具アーティファクト幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーシリーズの1つ――菫色の四ツ葉ヴァイオレット・クローバーを渡しなさい」


幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーッ!?)


 タコスの言葉に、その物の価値を知っていたマサトが驚愕する。

 幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーとは、MEにおける多元宇宙マルチバースにおいて唯一無二の存在で、あらゆる魔導具アーティファクトの中で最高峰の力を持つとされる幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーシリーズの総称だ。

 ME黎明期に登場した計7色の幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーは、その圧倒的な強さから通称ラッキー7と呼ばれ、1枚で数千万の値がつくほど貴重なカードでもある。

 入手した者にとっては、まさしく幸運を運ぶクローバーになるというわけだ。

 今回話にあがった菫色の四ツ葉ヴァイオレット・クローバーは、ラッキー7カードのうちの1色――菫色に属するカードのことだろう。


(確か、MEの世界観設定では、幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーは、数々の次元戦争を引き起こす元凶になった究極の秘宝であり、神出鬼没の魔導具アーティファクトだったはずだが……本当にそんなものがここにあるのか……?)


 誰もが欲しがる魅惑的な秘宝は、それだけで災いの種になる。

 ラッキー7とは名ばかりで、その世界に生きる者たちにとっては厄介極まりない代物だろう。

 だが、それを手中に収めることができれば、今後の戦いに大いに役立つのは間違いない。


(ラッキー7、菫色の四ツ葉ヴァイオレット・クローバーか……どんな能力かまでは覚えてないが、幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーは、その色に纏わる固有の能力をもっていたはず。菫色は赤と青の混色だから、火力と操作系あたりだと思うが……)


 正確には、赤と青、それに更に四ツ葉の設定色である緑を加えた3色だ。


(どちらにせよ、そんなものを持ってる相手に無策で挑むところだったのか……)


 相手がラッキー7持ちであれば、それは守護獣だとかボスモンスターという枠組みから大きく外れてくる。

 例えるなら、相手の裏をかいた方が勝ちを掴むような戦い――対プレイヤー戦に近くなるだろう。

 強力なカードは、それだけで盤面をひっくり返す力をもつからだ。


(せめて、どんな能力かだけでも分かれば……)


 タコスの提案に対する少女の返答は、やや時間がかかった。

 物が物だけに、本当に所持しているのであれば、素直に提案をのむとは考えにくい。

 であれば、しらを切るか、拒絶するかだろうが、どちらにせよ相手の言葉を鵜呑みにできるような状況でもないため、開戦は時間の問題だろう。

 そうマサトが考えを巡らせていると、再び少女の声が響いた。


『……それは、できません』


 それは、落胆したような、何かを諦めた感じのする声色だった。


(だろうな……)


 マサトもその回答に納得し、これから激しい戦闘になるだろうと警戒を強める。


「では、交渉決裂ということですかな?」


 タコスのその発言を合図に、軍人たちが動き始める。

 だが、意外にも少女の声は別の方法を探ろうとしていた。


『それ以外のことであれば……』


 その提案は成立しないだろうとマサトは思った。

 ラッキー7の代わりになる物となれば、それこそ別のラッキー7しか釣り合わないからだ。

 当然のように、タコスがその提案を突っぱねる。


「その幸運の四ツ葉ラッキー・クローバーは、このグリムの童話世界グリム・ワールドで生まれたもの。それは即ち、グリムの童話世界グリム・ワールド世界主ワールド・ロードである方々の所有物ということですぞ? この世界を間借りするだけなら、温情で見逃されることもあったでしょう。ですが、多元宇宙マルチバース級の宝を持ち逃げされたと悪評が広がれば、この世界が他の世界主ワールド・ロードたちから狙われることもあり得るのですぞ?」


 場に沈黙が流れる。

 少女の返事はすぐには返ってこなかったが、上空に浮かぶモンスターには動きがあった。

 胸のあたりで組んでいた腕を下ろしたのだ。


「あれは……」


 マサトが目を凝らす。

 腕を下ろしたことで顕になったモンスターの胸部に、少女の上半身のようなものが見えたからだ。

 色白で、菫色の長い髪の少女は、モンスターの腹部のあたりから上半身だけ生えていた。

 肌には何も身につけていない。

 ただ、祈るように両手を結び、その先に菫色に輝く何かを握っているのが見えた。

 モンスターの胸部は空洞で、通常時は胸部の中に入っているのだろうか。

 今は、少女が胸部から身を乗り出した状態になっているが、少女の両脇には、モンスターの肋骨のような突起が、少女を守るように複数突き出ていた。


(あの少女が声の主か……?)


 先程まで眼を瞑っていた少女の瞳が僅かに開く。

 金色の瞳が覗き、マサトはその瞳が何故か自分のことを見ているような感覚になった。


(こっちを見ている……? 勘違いか?)


 少女の声が響く。


『それでも、この四ツ葉を渡すことはできません』


 感情の消えた少女の声を聞いた瞬間、マサトは鳥肌が立つほどの悪寒を感じ、皆に警戒を促そうとする。

 だが、口を開こうとした刹那、まるで画面が切り替わったように、目の前の光景が変貌した。

 いつの間にか、一面が轟々と燃え盛る赤い炎で埋め尽くされていたのだ。


「なっ!?」


(皆は!?)


 焦ったマサトが周囲に目を向けるも、こちらは全員無事だった。


(良かった……だが……)


 視線を前に戻す。

 炎の渦に包まれているのは、腐敗の運び手ロット・ライダーとヴィリングハウゼン組合の者たちがいた場所だ。


「な、なんで目の前が火の海になってんスか……」

「と、父ちゃん、なにが起きたの!?」


 チョウジとヴァートが動揺する中、アシダカが炎の中を指さして叫んだ。


「マサト様! あれを!」


 それは、円形の光のドームに守られたタコスたちだった。


(あの一瞬で防御魔法を……? いや、魔導具アーティファクトか?)


 だが、守るだけであればジリ貧だ。

 すると、目が眩むほどの強い光が放たれ、周囲の炎を一瞬でかき消した。


「ヒュー、やるッスね。あのおっさんたち。自分なら確実に一回丸焼きだったッスよ。やっぱヴィリングハウゼンは伊達じゃないってことッスかね」


 チョウジが軽い感じで称賛を口にしながら聞いてくる。


「旦那どうスか? ぶっちゃけ、あのクラス相手でも余裕ッスか?」

「そういうお前はどうなんだ? 余裕そうだが」

「え? 自分スか? さすがにあれが相手だと無理ッスね。知覚できない攻撃を仕掛けてくる時点で抵抗できねッス」


 軽い感じで白旗をあげる。

 それが本心かどうかまでは読めない。


「で、旦那はどうなんスか? それによっては、この戦のうちらのスタンスが変わるんスよね?」


 勝てなさそうな相手なら撤退を選択肢に入れろと言いたいのだろう。

 このフロアに撤退の選択肢が存在するのであれば、だが。


(目の前が一瞬で炎で焼かれたのは驚いたが、まだ相手の力量を図るには情報が少ないな……)


 チョウジの質問は適当に流すだけでも良かったが、マサトは真面目に現状を分析して答えた。


「少なくとも、あの炎程度なら不意打ちされたところで、何の問題もない」

「マジスか。一瞬の出来事だったッスけど、結構な火力で燃え盛ってたッスよ? それをあの程度って」

「ただ、それは俺に限った話だ。ヴィリングハウゼン組合がやってみせたように、あの一瞬で、仲間全員を守ることはできなかった」

「そ、そッスか」


 マサトは、火の加護と炎の翼ウィングス・オブ・フレイムのお陰で、炎に対する強い耐性を得ているため、強力な火系の攻撃であっても即死することはほぼないだろう。

 そうでなくても、マサトには魔力喰らいマジックイーターとしての圧倒的な生命力の高さがある。

 その生命力の高さにより、肉を斬らせて骨を断つ戦術も可能になるのだ。

 だが、その強さに頼った結果、今のマサトには、仲間全員を守る術がないに等しいくらいに手段が乏しかった。


(今回ばかりは、タコスに先陣を譲って正解だった……)


 マサトが頭を軽く横に振る。

 息子であるヴァートが炎で焼かれるシーンを想像したのだ。


(もっと臨機応変に対処するための、いや、常に安定して勝ち続けるための事前準備か……)


 マサトの脳裏に『勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝を求む』という孫子の言葉が過ぎる。

 優れて強い兵は、まずは勝てる状況を作ってから戦いに挑み、戦いに敗ける兵は戦い始めてからどうするか考えているという意味だ。


(タコスらヴィリングハウゼン組合は、ラッキー7所持者がいると分かってここに来た。戦闘の準備も十分にしてきたはずだ)


 場には、ロンサム・ジョージの悲鳴にも似た咆哮が轟いている。

 耳障りなそれは、補助魔法バフ解除や詠唱妨害効果のある咆哮だ。

 その中での攻防となれば、当然、優秀な魔導具アーティファクトを所持していた方が有利となるのは間違いない。


(あれも魔導具アーティファクトか……)


 マサトが目の前の光景に唸る。

 光のドームと炎の渦が消えたその場所には、黄色に青の装飾が施された全身甲冑に身を包んだ者たちが陣形を組んでいた。

 いつの間に装備したのか、タコスや隊長格のメンバーも全員甲冑姿になっている。

 タコスの怒声が響く。


「不意打ちとは卑怯千万ッ! その決断、高くつきますぞッ! 総員、攻撃ぃいいいいッ!!」


 次の瞬間、場に黄色の光の残像だけを残し、全身甲冑に身を包んだ者たちが一斉に跳躍していた。



――――
▼おまけ

【SR】 ルードヴィッヒの器の鎧、(6)、「アーティファクト ― 装備品」、[装備補正+1/+5] [時魔法干渉] [ダメージ軽減Lv2] [青魔法耐性Lv2] [(青):一時高速飛行] [装備条件:器の紋章持ち、またはその眷属、ヴィリングハウゼン組合員] [装備コスト(0)] [耐久Lv5]
「最高芸術卿であるルードヴィッヒが、時の魔術師ラーセンの介入を阻止するために作ったとされる鎧。グリムの童話世界グリム・ワールドを守るために作り出された守護騎士の器でもある――グリム恩恵品大全、第二百十一」




★★『マジックイーター』1〜2巻、発売中!★★

また、光文社ライトブックスの公式サイトにて、書籍版『マジックイーター』のWEB限定 番外編ショートストーリーが無料公開中です!
・1巻の後日談SS「ネスvs.暗殺者」
・2巻の後日談SS「昆虫王者の大メダル」
https://www.kobunsha.com/special/lb/

2022年もよろしくお願いいたします。




コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品