【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

220 - 「ララとキング」


 まだ微かに焦げた臭いが残る船内の一室で、看守服をラフに着崩した金髪無精髭の男――キングが、机に並べられた料理を貪っている。

 その様子を白けた様子で見つめながら、白いティーカップに口を付け、ちょびちょびと白湯で喉を潤しているのは、最上位支援魔法師ハイ・エンチャンターのララ・ラビット・アクランドだ。

 二人は、マサトが巨大奴隷船オサガメを制圧した後、部屋主がいなくなった個室に集まり、休憩という名の密談を交わしていた。


「丸焦げになった人の死体を嫌という程見た後で、よくもまぁそんなに肉をガッつけるかしら」

「んなこと言ったって、牢獄の飯はクソ不味い上に少なかったんだからしょーがねぇーだろ。腹減ってちゃ、出る力も出ねぇよ」

「結局、今回は何もできなかった奴がよく言うかしら」

「いやいやいや、ちょい待て待て。俺は上手く誘導させた方だと思うぜ? 現に生きてるだろ?」

「究極の結果論かしら。もう少しで死ぬところだった事実は変わらないのよ」

「元はと言えば、ララがあんなの買ったのが原因じゃねぇーか。自業自得だ。諦めろ」

「チッ、あれ程までに力が強いとは思わなかったかしら。想定外のその上を軽く飛び越えていったのよ」

「バハッ、だから白湯なんて味のねぇーのさっきからちびちびやってんのか?」

「誰がチビかしら!」

「そのチビじゃねぇーよ!」

「そんなの分かってるかしら! ララもそこまで馬鹿じゃないのよ。馬鹿キング」

「あーはいはい。そーでございますかー。心配してやって損したぜー」

「プンッ! キングに心配される程、落ちこぼれてないかしら」

「はいはい。でも、相当辛ぇーから魔力回復薬マナポーション薄めて飲んでんだろ?」


 キングの鋭い指摘に、ララが言葉を詰まらせる。


「……こういう時の観察眼だけは鋭いかしら。そうなのよ。ララは相当無理したのに、あいつはどこ吹く風だったかしら」

「俺もそこは想定外だったな。まぁお陰ですぐプランBに移行できたが」

「キングは諦めが早すぎるかしら! 薄情者と罵られてもおかしくないくらいの潔さなのよ!」

「いやいやいや! そこは冷静に状況を判断したと褒めるとこだろ! なんだその薄情者って!」

「一回くらいダメ元でぶつかるくらいするかしら! キングはそれが出来るだけの力はあるはずなのよ!」

「馬鹿! それやったらそれこそ取り返しつかなくなってただろ! 計画がご破算になるどころか、今頃皆魚の餌か灰のどっちかだ!」

「キングだけ灰にされてれば良かったかしら!」

「もはや意味が分からねぇ! ただの八つ当たりだろそれ!」

「死ね馬鹿キング!」

「死ねとはなんだチビ!」

「チビじゃないかしら! この姿は魔力マナを抑えるための仮の姿なのよ! プンスコッ!」

「はいはい、余程悔しかったんだな。可哀想に」

「チッ」


 毎度不毛な言い合いに発展して話が逸れた後、話を戻すのはキングの役割だった。

 疲れた様子で肩を落としたキングが「はぁ……」と溜息を吐いた後、気怠そうに肉を頬張りながら半目で仕切り直した。


「で、何か分かったのか? あいつの事」

「古代人であることは間違いないかしら。あれを買うとき、加護調べの水晶が古代語で表示されたのも、きっと故障なんかじゃないのよ。目を覚ましたら問いただそうと思っていたのに、馬鹿みたいに寝起きの悪い奴だったかしら」

「バハハッ、違いねぇ。起きて早々看守ぶっ殺して、船を乗っ取ると言い出した時は内心焦ったぜ。でもやっぱりか。じゃああいつが例の?」

「そこまでは分からないのよ。でも、噂の人物像と一致する部分が多いかしら」

「そうか…… あいつが、突然姿を消したフログガーデンの英雄様か」

「キングはなぜ毎回そっちの二つ名の方を口にするのかしら。ワンダーガーデンでは、悪魔の紅い贈り物デーモンズレッドギフトを創り出した六つ羽の悪魔セラフデーモンの再来と呼ばれているのよ」

「バハッ! そんなプロパガンダに惑わされてちゃ世話ねぇーぜ。ララも知ってんだろ? ヴァルト帝国の本質をな」

「それは聞かない約束かしら。ララは好きな事を好きなだけ出来れば、誰が統治者でも関係ないのよ。ララ以外の誰かが不幸になっても、ララには興味がないかしら」

「ひっでぇ。血も涙もない鬼畜発言だな」

「偽善や生温い正義感より数億倍マシなのよ」

「それは本心だな」

「それ以上、ララを観察したら殺すかしら」

「無理無理、やめとけ。本調子でも無理なのに、今のララじゃどう足掻いても無理だろ」

「チッ、ムカつくかしら。本調子なら負けないのよ。キングなんてけちょんけちょんのぺっちょんぺっちょんの、あそこちょっきんかしら」

「最後だけエゲツなっ! 冗談だとしてもやめろ恐ろしい! で、どうする? 南部に着いて、何もなく中央へ行けるとは思えないぜ?」

「確実に海亀ウミガメとは一戦することになるのよ。南部は海亀ウミガメのNo.2、ダックワーズが幅を利かせているかしら」

「奴隷軍船アカガメの船長か。確か、鳥人族のいけ好かねぇ野郎だったよな。それこそ、人をゴミのように扱う鬼畜野郎だ」

「奴隷商ギルドにまともな人間なんていないかしら。まともな人間なら奴隷商なんてやってないのよ」

「まぁそうだな。んで、潰すのか?」

「そう仕向けるしかないかしら」

「結局はそうなるか。まぁこうなっちゃ穏便にやり過ごすのは無理だし仕方ねぇか」

「そういう事かしら。でも、騒ぎが大きくなり過ぎないように気を付けるのよ」

「そりゃ…… 無理だろう」


 キングの言葉に、ララもセラフの言動を思い出し、顔を歪める。


「だとしても、南部で大きい騒ぎを先に起こしたら、南部まで来た意味がなくなるかしら。キングのなんちゃって話術でどうにか納得させるのよ」

「なんちゃっては余計だろ」

「必ず納得させるかしら! 大きな騒ぎになれば、必ずアリスが先にやってくるのよ。中央のあれを壊す前に、アリスと戦っても無意味かしら。当初の計画が達成できなくなって困るのは、キングも同じなのよ」

「アリスにはセラフをぶつけて時間稼ぎすれば良いと思ってたが、やっぱり中央のあれを壊さないと駄目なのか?」

「駄目かしら。あの古代魔導具アーティファクトを壊さない限り、アリスの洗脳は解けないのよ。それに、あの男――セラフの力は未知数過ぎるかしら。その状態でアリスと戦わせるのは危険なのよ」

「ほぉ? そりゃセラフがアリスよりも強いってことか? アリス命のララがそんなことを言うなんて珍しいな」

「あくまで可能性の話をしただけかしら。アリスが最強なのは揺るがないのよ」

「へいへい。しっかし、アリスの洗脳解いてどーするつもりだ? さすがに洗脳解いたアリス一人味方に付けたところで、ヴァルト帝国相手じゃ無理があるだろ? まだ金色の鷲獅子騎士団グライフスヴァルトがいるぜ? 奴ら敵に回して死ぬつもりじゃねぇーだろな?」

「アリスが金色の鷲獅子騎士団グライフスヴァルトなんかに負けるはずないし、死ぬ気もないかしら。でも、アリスとの約束は守るのよ。親友との約束に命を賭ける価値はあるかしら」

「それは高尚なお考えで頭が下がるところなんだが、その考えに俺の命を勝手にベットしてんのが、俺としては引っかかんだよな」

「そんな小さいこと気にするなかしら」

「小さいこと!? 俺の命だぜ!?」

「じゃあキングは降りるのかしら。ヴァルト帝国の第一王位継承候補のグリフィス・キング・ヴィ・ヴァルトは」

「はぁ…… だからその名で呼ぶなっつったろ。聞かれたら、聞いたそいつを殺さないといけなくなる」

「じゃあどうするのかしら。男ならはっきりするのよ」

「やるやる。やるよ。ったく。俺が奴らを殺す為には、ララの力が必要だって分かってて言ってやがんなチキショー」

「当たり前かしら。ララとキングの利害は一致してるのよ。今更ごたごた言うなかしら」

「へいへい。まっ、いいか。強力な味方も得た事だしな。結果オーライだ」

「まだ味方だと判断するには早過ぎるかしら」

「あぁん? 大丈夫だろ。心配すんな」

「その根拠は何かしら」

「勘だよ、勘」

「なら信用するかしら」

「バッカ! 俺の勘は良く当たるんだぜ!? 信用して損は…… って、あ? 今なんつった?」

「信用するといったのよ。耳くそ詰まってるんじゃないかしら」

「そ、そうか。なら良いんだ」


 その後、二人の会話がピタリと止まり、その沈黙はキングが料理を食べ終わるまで続いた。

 暫しの沈黙を経て、白いナプキンで口を乱雑に拭いたキングが、頭をぼりぼりと掻きながら話す。


「思わぬ拾い物をしたことは俺たちにとって幸運だったが、目的は変わらねぇ。俺は帝国を腐らせた元凶――帽子屋と猫野郎を殺し、ララは親友を助ける。俺を血眼で探してる奴らも、まさか海亀ウミガメの奴隷として北部から南部まで移動したとは考えないだろうしな。俺が事を起こせば、各地に潜伏する同志達も立ち上がってくれる。反乱が各地で起きれば、中央に拠点を置く厄介な金色の鷲獅子騎士団グライフスヴァルトも対処せざるを得ないだろうよ」

「殺した後はどうするのかしら。キングの方こそ、死ぬ気としか思えないのよ」

「バハッ! 俺がそう易々と死ぬ玉かよ! そんときゃ、親父ぶっ殺してでも王位を奪ってやらぁ!」

「はぁ…… キングは、相変わらず大馬鹿者なのよ」

「まぁ、そう言うなって。ララにとっても悪い話じゃねぇだろ。それとも何だ? 今更俺の事が心配になったのか?」

「プンッ! もう勝手にすれば良いかしら」

「ああ、勝手にするさ。最期までな」


 柔らかく微笑みながらそう告げて部屋を出るキングの背中を、ララは口をギュッと閉じて見送る。


「キングは本当に馬鹿かしら。ララの親友はアリスだけじゃないのよ……」


 ララの言葉は、キングに届くことはなかった。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品