【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

194 - 「炎の壁」


聳え立つ炎の壁フレイムウォール!!」


[UC] 聳え立つ炎の壁フレイムウォール 1/1 (赤×3)  
 [壁]
 [(赤):一時能力補正+1/+1]
 [生命維持:(赤)]


 広範囲に渡る大津波を、炎の壁で堰き止めようなんて、我ながら無謀な考えだと思う。

 だが、これしか方法がないのも事実。

 兎に角、やるしかない!


「うぉぉおおおお!!」


 地上に炎の壁が巻き上る。

 その炎の壁へ、即座に赤マナを投下していく。

 すると、炎の壁はみるみるうちにその体積を増やしていった。


「まだまだぁぁあああ!!」


 紫色の電光が身体中に迸るのも気にせず、ただひたすらに赤マナを注ぎ続ける。

 逃げる人々と押し寄せる大津波を隔てるように、成長した炎の壁は南北へと走った。

 その光景に、王都から避難していた人々が言葉を失う。


「も、もっと! 波を押し返せるくらいに厚く!!」


 バチバチと電光が弾ける耳障りな音が響くも、闇の衣ダークローブの効果か全く痛みはない。

 赤マナの過剰行使により、炎の壁が幾重にも重なり、その厚みを増やしていく。

 対する大津波は陸地を飲み込み、もうすぐそこまで迫ってきていた。


(頼む……! 耐えろッ!!)


 津波と炎の壁が衝突する。

 刹那、海水が蒸発し、白い水蒸気が逃げ場を失って空へと噴き出す。


「ぐぉおおおおお! 押し返せぇええええ!!」


 軽い蒸気爆発により、波の勢いが一瞬相殺されたように映るも、後から押し寄せてくる海水の体積の方が圧倒的だった。

 炎の壁を飲み込まんと、大量の波が覆い被さるように繰り返し押し寄せる。

 その度に唸りを上げて上空へ放出される白い蒸気。

 過度のマナ行使により、目が充血し、鼻血が流れる。

 それでも津波の勢いを殺そうと、ありったけの赤マナを必死に行使し続ける。

 迫る波。

 噴き上がる蒸気。

 大量の水蒸気が重なり、上空に大量の雲が発生し始める。

 それでも必死に続ける。

 ――続ける。

 ――――続ける。

 いつの間にか、ポツポツと雨が降り始めた。

 だが、それすらも気にせず、目の前の波にのみ集中し、炎の壁で押し寄せる波を押し返し続けた。

 それからどのくらいそうやっていただろうか。

 ふと気が付けば、空は積乱雲で埋まり、時折稲妻がピカピカと光っていた。

 そして――


「よ、ようやく、終わったか……?」


 急激に波が引いていく。

 だが、ガザの跡地から東の陸地は消え、陸地だった場所には、ただ一面に海原だけが広がっていた。


「陸地が消えた…… もしや東の港も……? そ、そうだ、リ、リヴァイアサンはどうなった……?」


 念でフラーネカルに問いかける。

 すると、積乱雲から黒い物体が突き抜けてきた。

 フラーネカルだ。

 そのまま俺の目の前まで高速で飛行してくると、大きく翼を広げ急停止。

 召喚した時同様の紳士然とした佇まいでお辞儀してみせた。


「主、無事に任務を遂行シて参りました」

「やったのか!?」

「ご命令通りに」

「そ、そうか…… 良くやった!」


 急激に波が引いたのは、フラーネカルがリヴァイアサンの討伐に成功したからだろうか。


「どうやって倒した?」

「この触手で刺シ殺シました」


 そう告げながら、フラーネカルは背中に生えていた黒い鋭利な触手を伸ばし、目の前で器用に動かしてみせた。


「外皮がとても厚く、更には鋼鉄の如く頑丈でシたので少シ手間取りまシた。が、攻撃が通る相手であれば、私の敵ではありません」


 フラーネカルが笑みを浮かべる。

 紛れもなく [即死攻撃] の能力だろう。

 あれ程の超巨大なリヴァイアサンを一撃で殺すなんて芸当、フラーネカルのようなピーキーな能力持ちのモンスターじゃなければ不可能だった。

 デッキ――ヘイドリッド・ファージを構築し、そのデッキにフラーネカルを入れてくれた兄に感謝する。

 すると、再びフラーネカルが口を開いた。


「主、次のご命令を」

「暫くは待機だ」

「出来かねます」

「……は?」

「殺シの、ご命令を」


 フラーネカルの口角が狂気的な角度まで釣り上がる。


(出たよ…… やっぱり一癖あるじゃねぇーか……)


 どうするべきか考えていると、シュビラから念話が届いた。


『そのフラーネカルとやらの命令、われに一任してはくれんかの?』

(シュビラか。そうしてくれると助かる)

『うむ、任されたのだ。緊急時の傭兵は多いに越したことはないからの。それに、陸地が減ったということは、住処を追われた魔物の群れが周辺に溢れる可能性もあるであろう。こやつに殺させる相手がいなければ、周辺の魔物討伐でもやらせておくから問題はないの』


 さすがはシュビラ。

 本当に頼りになる。


(じゃあ、俺は後片付けが済み次第帰るよ。ああ、忘れないうちに伝えておく。強力な力を使った反動で、多分、明日は一日中気絶してるかもしれない。その間、シュビラ宜しくね)

『分かったのだ。となると、後家蜘蛛ゴケグモのアジトで絶対安静の方が良いの』

(そうだね。その方が安心か。じゃあ諸々頼んだ)

『任されたのだ。それでは旦那さまの帰りを楽しみに待っておるの』

(ういうい)


 シュビラとの念話を切り上げ、目の前のフラーネカルへ指示を出す。


「暫く、お前の命令はシュビラが下す。シュビラに従え」


 俺の言葉にフラーネカルが口角を釣り上げる。


「ハッ」


 そう短く返事を返すと、大きな翼を広げ、ローズヘイムへと素早く飛び去った。


「ふぅ〜」


 あと一息で片がつく。

 俺は気合を入れ直すと、空をまばらに旋回している使い魔ファージ達に指示を出した。


「ファージ! 周辺の海に漂流している人がいれば救い出せ! 救助したら、一先ず、ローズヘイムへ連れて来い!」


 キシィイと甲高い鳴き声が空に響くと、ファージ達は雷雨の中へと消えていった。

 津波に攫われた人達の捜索はファージ達がやってくれる。

 海で遭難中、突然、空からファージがやってきたら必死に抵抗すると思うが、まぁ誤解は後から解けばいい。


永遠の蜃気楼エターナル・ドラゴン! 真紅の亜竜ガルドラゴン! 灰色の翼竜レネ! お前達は周辺の巡回だ! 人が魔物に襲われていたら手助けしてやれ!」


 ――キィイイイン!!

 ――――ギャォオオオ!!

 ――――――レュォオオオ!!


 ドラゴン達が北と東と南、それぞれ別の方向へ飛び去っていく。


「よし」


 後は、王都から生き延びた人達の保護だ。

 っと、その前に――


「マナよ!!」


 俺は両手を広げ、周辺のマナへ呼びかけた。

 積乱雲により日が遮られ、夜のように暗くなった空に、シルヴァー戦で全て回収しきれなかった分のマナが光輝きながら舞い上がる。

 それは海となった東からも無数に舞い上がった。

 その色とりどりのマナを、暫く空に留まった状態で吸収し続ける。

 そして、その全てのマナを回収し終わった時、今回のシルヴァー戦は、思わぬ延長戦があったものの、その幕をようやく下ろしたのだった。


 ……。

 …………。

 ………………。


《 マナ喰らいの紋章 Lv47 解放 》
《 マナ喰らいの紋章 Lv48 解放 》
《 マナ喰らいの紋章 Lv49 解放 》
《 マナ喰らいの紋章 Lv50 解放 》


『(虹×3)マナを獲得しました』
『ライフ上限が2上がった』
『過去に討伐したモンスターを1枚カード化できます』

『 [次元を渡り歩く者ディメンションズ・ウォーカー] の能力を解放しました』

『マナ喰らいの紋章Lvが上限に達しました』
『20000マナで、世界喰らいの紋章へ進化させることができます』



※おまけ

[UR] グリムワールドの抹殺者フラーネカル 5/5 (黒×8)  
 [飛行]
 [即死攻撃]
 [先制攻撃]
 [振分攻撃ディバイド]
 [ダメージ転移:支配下のモンスター]

『奴が笑うと誰かが死ぬ。誰かが死ぬと奴が笑う。奴が傷付けた者は死に、奴を傷付けても死ぬのは他の者。奴の顔から笑みが消えることはない――聖刻騎士団長ディアルムド』

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品