【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

146 - 「空を喰らう大木、伐採戦3」

 注意を促す念とともに、真紅の亜竜ガルドラゴンの咆哮が轟く。


「大丈夫だよ。こっちからも見えてるから」


 そう、真紅の亜竜ガルドラゴンへの返事を呟いた。

 視界の先には、森の端を駆ける集団が見える。

 独特な作りの木の仮面に、緑色の腰草。

 足に靴らしき袋を履いているくらいで、後は裸だ。

 男は上半身裸だが、女は茶色の晒しのようなものを巻いている。

 その全員が、バッタの胴体にムカデの脚を付けたような生き物に跨って、こちらに向かって駆けてきていた。

 その数、目算で300人以上。


「なんかまたキモい生き物に乗ってるなぁ。殺気撒き散らして、やる気満々ですか。はぁ、仕方ない。無駄かもしれないけど、警告してみるか」


 その集団へ向けて、手をかざす。

 狙いは前方の地面。

 手にマナを込めると、そのまま放った。


「そこで止まれっ!」


 [火魔法攻撃Lv2] の力で生成された火の玉が、白い煙の尾を引きながら飛んでいく。

 そして、着弾。

 ドンッと爆発すると、大量の煙と土埃を巻き上げた。

 だが、その集団は止まるどころか、減速すらしなかった。

 そのまま爆発で発生した煙を突っ切ると、各々が武器を片手に叫んだ。


「「「アーラァラァラァラァラァアア!!」」」


 それは闘いの開始を告げる雄叫び。

 味方への鼓舞であり、敵への宣戦布告だった。


「なんか怖い奇声あげてるし…… どうすっか…… 会話成立しそうにないよなぁ、どう考えても……」


 すると、その集団は何かを上空に放った。

 無数の黒い点が打ち上がる。

 それは弧を描くと、徐々に大きくなり――


「あ…… やべやべ! 危な!!」


 地面へと降り注いだ。

 それを後方へ素早く移動することで回避する。

 地面は大量の水と樹液でぬかるんでいるが、炎の翼ウィングス・オブ・フレイムで空中に浮いているため、何の影響もなく素早く移動できる。

 だが、少しヒヤリとしたのも事実だ。


「弓矢って、あんなにも一気に飛来するんだな…… 遠くに見えたと思ったら足元にストン! だもん。怖ぇ怖ぇ」


 相手がその気なら、こちらも応戦しなければ殺されてしまう。

 マサトは両手を前に掲げると、再び掌にマナを込め始めた。

 そして――

 連射。

 ドドドドッと音とともに、ソフトボール程の大きさの火の玉が、機関銃で乱射したかのように前方へ放たれる。

 至る所で爆発が起こり、被弾した男達がバッタのような生き物とともに吹き飛ぶ。

 だが、その集団の速度は落ちることはなかった。

 着実に距離を縮めてきている。


「あー! くそ! 宝剣で一人ずつやるか!?」


 そう思い、敵軍に突っ込もうとしたその瞬間、突如、四方から次々に土煙が上がった。


「今度はなんだよ!?」


 この事態に、仮面の集団も進軍を止める。

 土煙の上がった場所に、2m程の大穴が空く。

 そこへ周辺の水が流れ込むと、無数の渦が生まれた。


「何が起きてんだ? 魔法か?」


 だが、目の前の仮面の集団が何か仕掛けてきた様子はない。

 むしろ、突然の現象に、こちらを警戒さえしているようだった。


 一面に広がっていた水溜りが数秒で地中へと消え去る。

 樹液は水より重いのか、水が穴へと捌けた後も、陸地に塊となって残ったままだ。

 だが、問題はこれからだった。

 空いた大穴から、赤い色をした巨大な蟻がうじゃうじゃと大量に這い出てきたのだ。


「あ、蟻!?」


 地中から出てきたこの蟻は、火蟻ヒアリという魔物で、体長が1〜2mほどもある巨大な蟻だ。

 乾燥した土地を好み、地中に巣を作って巨大なコロニーを形成する。

 火に対する耐性がめっぽう高く、火山地帯が主な生息地だったため、この名前が付いた。

 特に火を吹いたりはしない。

 元々雑食性だが、サーズに生息している火蟻ヒアリ達は、空を喰らう大木ドオバブの根を好んで食べる。

 その為か、他の地域に生息する火蟻ヒアリに比べてサイズが一回りも大きかった。

 彼らの武器は、大顎による噛み付きと、腹部の先端に生えた刺針。

 そして、口から吐き出す強力な蟻酸だ。

 今回は、マサトが空を喰らう大木ドオバブを伐採したことで、近くに存在していた火蟻ヒアリのコロニーを刺激してしまったのかもしれない。

 地中から這い出てきた火蟻ヒアリ達は、空を飛ぶマサトや、近くにいる仮面の一団には目もくれず、一目散に地面に溢れた樹液へと群がった。

 点在する樹液の塊が、群がった火蟻ヒアリ達で全て覆い隠されていく。

 地中から這い出てくる火蟻ヒアリの数が、地上にばら撒かれた樹液の数よりも圧倒的に多いのだ。

 すぐさま地に溢れた樹液は、出てきた火蟻ヒアリ達によって占有された。

 だが、火蟻ヒアリはまだまだ穴から這い出てきている。

 そして、樹液のお零れを得られなかった火蟻ヒアリ達が、次に向かったのは――


「あ、何してんだ!? 馬鹿! 止めろ!!」


 斬り倒したばかりの空を喰らう大木ドオバブだった。

 火蟻ヒアリ達は、倒れた空を喰らう大木ドオバブに群がると、その強靭な顎で、内側からバキバキと喰い破り始めたのだ。

 空を喰らう大木ドオバブの根を食料としていた火蟻ヒアリ達にとっては、空を喰らう大木ドオバブの幹も、根と同様に同じ食料だった。

 こうなると、後は争奪戦だ。

 火蟻ヒアリを追い払わなければ、せっかく斬り倒した空を喰らう大木ドオバブが皮だけに――皮も残らないかもしれないが――なってしまう。


「おい! 離れろっつの! 獲物を横取りすんな!!」


 火蟻ヒアリへと火の玉を放つ。

 被弾した火蟻ヒアリが爆発とともに弾け飛んだ。

 だが、直撃しなければ効果はないようで、直撃を免れて、その爆風で吹き飛んだ個体は、すぐ様立ち直ると牙を向けて威嚇を始めた。

 キシキシと不快な音が響き渡る。


「お、おいおい嘘だろ……」


 不快な音は、威嚇音ではなく、仲間を呼ぶ合図だった。

 次々に上がる土煙。

 そして、増え続ける火蟻ヒアリの大群。

 いつの間にか、斬り倒した空を喰らう大木ドオバブの周辺は、地中から這い出てきた火蟻ヒアリ達で真っ赤に染まっていた。

 火蟻ヒアリ達は、仮面の集団へもその牙を向け、襲いかかった。

 口から酸を吐き、その酸に触れた者が悲鳴をあげて溶け始める。

 仮面の男の一人が、火蟻ヒアリへと勢いよく武器を振り下ろしたが、外皮が頑丈だったのか、ガキィンと音を立てて弾かれていた。

 武器を弾かれた男は、そのまま火蟻ヒアリの強靭な顎に挟まれると、その肢体をあっさりと切断されて絶命した。

 火蟻ヒアリは個体差はあるが、大きい個体は、体長が約2mもある。

 その巨体の顎で噛まれては、人族の柔らかい胴体などひとたまりもない。

 流石の仮面の一団も劣勢だと悟ったのか、すぐに退却を始めた。

 だが、その退路を断つかのように火蟻ヒアリが次々に地面から現れ、遂には囲まれてしまう。

 全滅も時間の問題だろう。

 その間、マサトは火蟻ヒアリから放たれる酸を回避しながら、必死に応戦していた。

 [火魔法攻撃Lv2] の力で生成した火の玉を放ち撃ち続ける。


「く、くそ! キリがない! な、何か他の手を……」


 倒す速度より、穴から湧き出てくる火蟻ヒアリの数の方が断然に多かった。

 これでは、駆除する前に空を喰らう大木ドオバブが無くなってしまう。


「勿体ないけど、あれを使うしかないか……」
 

 全体除去魔法――神の激怒ラース・オブ・ゴッドが使えない今、数には数で対抗するしかない。

 となれば、手持ちで使えるカードは限られてくる。

 マサトが選択したカードは――


「これしか手はないよな―― 《 蠢く死体リィグルデッド 》 !!」


[SR] 蠢く死体リィグルデッド (黒×4)
 [死体操作デッドコントロールLv1]
 [能力補正 +1/+0]
 [不死化]
 [使用制限:1ターン、場に出た後に倒した対象全て]
 [耐久Lv1]


 倒した対象を不死化させて使役する付与魔法エンチャントだ。

 マサトが呪文を行使すると、マサトを中心に、黒い靄が一瞬で周囲に広がった。


「これで下準備は完了か? なら、ここからは賭けだな……」


 ステータスを開く。


<ステータス>
 紋章Lv26
 ライフ 43/44
 攻撃力 99
 防御力 5
 マナ : (赤×3052)(緑×99)(黒×40)
 加護:マナ喰らいの紋章「心臓」の加護
     炎の翼ウィングス・オブ・フレイム
     火の加護
     火吹きの焼印
 装備:心繋きずなの宝剣 +99/+0
     火走りの靴
     火投げの手袋
 補正:自身の初期ライフ2倍
    +2/+2の修整
    召喚マナ限界突破12
    火魔法攻撃Lv2
    飛行
    毒耐性Lv5


 ライフが1減っている。

 食残虫レオフに受けたダメージだろう。

 ここからは、ライフの残量を気にしながら慎重に魔法を行使しなければならない。

 そう、限界まで赤マナを込めて、「ゴブリン呼びの指輪」でゴブリンを大量召喚するためだ。


「すぅー、はぁー」


 マナが暴走し、肌を引き裂いた時の痛みが蘇る。

 それを深呼吸することで、弱気になる気持ちを無理矢理落ち着かせ、敢えて声を上げることで気持ちを奮い立たせた。


「よし! 行くぞおらぁ! ゴブリン呼びの指輪、召喚!!」


 手に込めたマナが、色を帯びて発現する。

 掌に発現した粒子の渦は、炎よりも紅く、光よりも明るく輝いた。

 震える空気。

 歪む視界。

 次第に大きくなる光の渦。


「く、こ、怖ぇえ!」


 そして、暴れ狂う白光の稲妻。

 その稲妻が身体を走り、激痛が身体を襲う。


「ぐ、い、いってぇええ!?」


 着々と減り続けるライフ。

 ライフ 39……38……37……


「ま、まだまだぁ!!」


 痛みに耐えつつも、ギリギリまでマナを込め続ける。

 ライフ 18……17……16……


「くっ! おらぁあああああああああ!」


 雄叫びとともに、暴れる光を力づくで押し込めていく。

 そして、すぐさま解放した。

 瞬く間に周囲へと赤い光の粒子が散らばると、マサトを囲むようにして、ゴブリン達が次々に具現化されていった。

 その数、約500体。

 ライフは残り10だ。

 突如現れたゴブリン達に、火蟻ヒアリ達が下顎に生えた牙を振り上げて威嚇し始める。

 ゴブリン達を警戒しているのだ。


「う、うし! 何とか上手くいった…… 後は仕上げを」


 火蟻ヒアリ達がゴブリンを警戒しているうちに、ゴブリン達への仕上げを行う。


「 《 ゴブリンの鬨の声ゴブリンズ・バトル・クライ 》 !!」


 自動発声される鬨の声に、ゴブリン達が続く。


 ――ガァアアア!!


 雄叫びをあげたゴブリン達の身体が、「ゴブリンの鬨の声ゴブリンズ・バトル・クライ」の効果で光輝いた。


[UC] ゴブリンの鬨の声ゴブリンズ・バトル・クライ (赤)(2)
 [ゴブリン一時強化+2/+2]


 これで、召喚したゴブリンは皆、3/3となった。

 補正には適応範囲があるのか、ネスの里に残してきた「ゴブリンの首長」の効果である [ゴブリン持続強化+1/+1] の補正はかかっていないようだ。

 だが、十分だろう。

 今回、ゴブリンは「蠢く死体リィグルデッド」の効果を加速させるための燃料に過ぎない。

 狙いは、不死化した火蟻ヒアリ達の同士討ちによる殲滅だ。


「いけぇえええええ!!」


 ――ガアアァァ!!


 マサトの号令を合図に、筋骨隆々のゴブリン達が、武器を片手に周囲にいる火蟻ヒアリへと飛びかかっていく。

 仮面の男達では貫けなかった外皮も、強化したゴブリン達には通用しなかったようだ。

 ゴブリンに飛びかかられた火蟻ヒアリ達が、その身体を武器で切断されると、透明な体液を、空を喰らう大木ドオバブの水と樹液でぬかるんだ地面へと撒き散らした。


 そして――


 すぐさま、絶命した火蟻ヒアリの身体から、黒い粒子がもやもやと舞い上がる。

 その黒い粒子は、死した火蟻ヒアリの部位へと伸びていき、それらを宙へと浮かせると――


 切断された胴体を繋ぎ――

 潰れた複眼を埋め――

 垂れ流した臓器を、乱雑に元の場所へと詰め直した。


 だが、そうして出来上がったそれは、生前の姿とは似て非なる悍ましい何かになっていた。


 大顎はより鋭利に歪み。

 腹板の先に一本だけついていた刺針は、背板の至る場所に無数に生えている。

 恐らく、蠢く死体リィグルデッドの、[能力補正 +1/+0] 効果だろう。

 少なくとも、これでコンボは成立した。

 後は、蹂躙するのみだ。


「死から蘇りし戦士達よ! 俺に続けぇえ! 目の前の火蟻ヒアリを駆逐しろぉおお!!」


 ――キシキシキシキシ!!

 ――――ガアアァァアアア!!


 不死化した火蟻ヒアリとゴブリンが、光の剣を掲げ、炎の翼で空を羽ばたくマサトに続く。

 そこからは、一方的な戦いだった。

 殺しても、蘇って再び襲い狂うゴブリン。

 死ねば奇形となって復活し、仲間に襲い掛かる火蟻ヒアリ

 不死化した火蟻ヒアリ達は、その凶暴性を激化させ、狂ったように目の前の火蟻ヒアリに噛みついていく。

 それは、召喚したゴブリンも同じだ。

 何千といた火蟻ヒアリの大群は、蠢く死体リィグルデッドの効果によって、その数を急激に減らしていった。

 そして、その数に反比例するように増える不死化した自軍。

 その勢いは加速度的に強まり、開戦から小一時間で、敵は仮面の集団を残すのみとなった。

 不死身の軍団が、仮面の一団を取り囲んでいる。

 取り囲まれた仮面の一団は、円陣を組むことで守りを固め、周囲を警戒しているが、多勢に無勢だろう。

 勝敗はついた。

 仮面の集団も、あれから攻撃してきてはいない。

 攻撃の手を止めたのであれば、交渉の余地があるのかもしれないと踏んだマサトが、心繋きずなの宝剣を片手に、炎の翼ウィングス・オブ・フレイムを広げ、その仮面の一団へと近づいた。


「言葉は分かるか?」


 反応はない。


(えー…… 無視かよ。せめて何か話してくれないと、本当に通じないのか、無視されているのか判断が付かないだろ)


 マサトがどうしようか悩んでいる間も、無言の睨み合いが続く。

 不死化した火蟻ヒアリ達に囲まれているせいか、最初の威勢は感じられない。

 だが、怯えている感じでもない。

 すると、一際大きなバッタムカデに跨った女が前へと進み出た。

 屈強な男達が陣形を崩し、その女へ道を開ける。


「我はエンベロープ族の族長、ヨヨアだ!」


 新日本プロレスで見た「獣神サンダーライガーのマスク」みたいな木の仮面を付けた金髪の女が、自己紹介をしながら、その仮面を脱いだ。

 青い瞳の、色白の美人だった。


「ローズヘイムの王、マサトだ」

「ローズヘイムの王が、ここへ何しに来た!」


 ヨヨアが吠える。


空を喰らう大木ドオバブを一本貰いにきた」

空を喰らう大木ドオバブが、エンベロープ族にとって、どんな存在か知った上での愚行か!」

「ああ、そうだ」


 マサトの返答に、エンベロープ族の戦士達がギリギリと歯を嚙み鳴らす。


「何故、空を喰らう大木ドオバブを求める!?」

「異常発生した大黒虫(ゴキムシ)による食害と、ハインリヒ公国による交易路の封鎖によって、ローズヘイムの民の食糧が底をつき始めた。何万という民の食糧を賄えるのは、空を喰らう大木ドオバブしかない」

「我らにとって、空を喰らう大木ドオバブは神と同じ。それを殺すなど、如何なる理由をもってしても、許すことはできん!」


 ピリピリとした張り詰めた空気が漂う。

 力強いヨヨアの瞳を、マサトは真っ直ぐ受け止める。


「ヨヨア、お前はそれでいいのか? それがエンベロープ族の総意か?」

「そうだ」

「この戦いを見ただろ? 俺は強い。お前達よりも。火蟻ヒアリの大群よりも。空を喰らう大木ドオバブですら敵にはならない」

「それはこの眼で見た。邪神の如き異能も」

「それでも、答えは変わらないのか?」

「変わらん。変えるつもりもない」

「そうか……」


 軽く溜息を吐き、視線を落とす。

 対話の意思があるなら、交渉で決着できると思ったのだが、勘違いだったのだろうか。

 すると、ヨヨアが先に口を開いた。


「ローズヘイムの王、マサトよ。貴様も、我らのことを知らんだろう。空を喰らう大木ドオバブを崇める我らの力を……」


 この展開、なんだか嫌な予感がする。


「……何を」


 マサトが聞き返すよりも早く、ヨヨアが剣を抜き、その剣先をマサトの顔へ向け――

 叫んだ。


「その眼に焼き付けよ! 我らエンベロープ族の真の力を!!」


 ブブブブと重低音が響き、地面の小石が躍る。

 音は森の方角から聞こえる。

 それも、上空から。

 すぐさま、音のする方角へと視線を向けると、そこには――


「で、でかいカブトムシ……」


 馬鹿でかい黒光りした昆虫――巨人の盾甲虫ゴライアスオオツノが、その巨大な羽を広げ、こちら目掛けて空を飛んでいた。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品