【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

120 - 「後家蜘蛛抗争5」


 予想通り、竜語りドラゴンスピーカーのクランリーダーであり、我らのターゲットでもあるマサトが現れた。

 伝説級レジェンドだけでなく、神器級ゴッズ古代魔導具アーティファクトを複数持ち歩き、古代魔法ロストマジックと思わしき大型魔法ソーサリーを操る、新たなローズヘイムの王。

 新興の王ながら、既に数万もの土蛙人 ( ゲノーモス・トード )を支配下に置く軍事力保有者でもある。

 その上、空の覇者――ドラゴンまでもがマサトに従っている。

 一頭ではなく、二頭も。

 王自らドラゴンに跨り、空を駆ける姿は、伝説上の竜騎士ドラゴンライダーを彷彿とさせる。

 それだけではない。

 マサト自身も炎の翼で空を飛行することができる。

 民が新たな王を、大天使アークエンジェルとも噂する理由に、私ですら納得してしまうほどの異能者だ。

 そして、奴にはまだ秘密がある。

 平然と我らの目の前に現れたことから察するに、デクストが与えた神経毒にも何らかの耐性があるのだろう。

 更には、後家蜘蛛ゴケグモでの最高傑作であるA0エーゼロ――パークスをも無力化させてしまう洗脳系の能力も保有しているらしい。

 これだけの異能者を、私は他に知らない。

 いや、一人だけ知っている。



 それは――



 私だ。



「べ、ベル!? よ、よせ、やめろ!!」


 灰色ハイイロの力で精神支配マインドコントロールした娘が、マサトへしがみ付く。

 それを合図として、私は全ての構成員に攻撃命令を下した。


「かかれ」


 マサトの焦る顔が見える。

 娘がマサトの手に持つ光の剣を奪おうと手を伸ばす。

 それを触らせまいと必死に手を上げるマサト。


(情報通り、仲間に甘い奴のようだ)


 精神支配マインドコントロールされた相手は、灰色ハイイロの命令を素直に聞くようになる。

 ただ、この力も万能ではない。

 従順になるのと同時に、思考する力も奪ってしまうため、こちらとの意思疎通が満足に取れなくなるのだ。あくまでも、こちらの単純な命令を聞いて動くだけの人形に過ぎない。

 娘には、ただマサトにしがみ付き、身を呈して動きを封じ、武器を奪えとだけ命じてある。

 そして、娘にはもう一つだけ、重要な仕込みをしておいた。

 抜かりはない。

 その上で、後家蜘蛛ゴケグモが誇る戦力を全てここへ集結させた。

 背赤セアカの致死毒、灰色ハイイロ精神支配マインドコントロールもある。

 もしその二つが効かない相手だとしても、私自身の数多の能力がある。

 そしてこの空間の中だ。

 私の敗北はありえない。


「パークスちゃんはどうするのかしらぁん? さっきから穏便に解決しましょうって喚いているけどぉ?」

「放っておけ。もし攻撃してくるようであれば始末しろ」

「簡単に始末されるような玉かしらぁん。パークスちゃんが向こうについたとなれば少し厄介だわん」

「その場合は、私と背赤セアカで対処する。問題はない」

「はぁ~い。それならいいんだけどぉ」


 幻術系の能力者が、マサトへ先制する。

 だが、マサトに変化は見られなかった。


「やはり幻術系は効かないか」

「この調子だと、干渉能力は全て期待出来そうにないかしらぁん?」

「最終的にお前がやって無理なら、その手の作戦は諦めよう」

「そうねぇ。それじゃあ、早めに確認しちゃうわねん」

「頼んだ」

「任せてぇん」


 灰色ハイイロと、その配下の者達が一斉にマサトへと駆け出す。

 マサトは娘を傷付けないようにしながら、斬りかかってくる者達を、炎の翼で上手く牽制していた。


「それだけでは勝てないぞ? どうする? 竜語りドラゴンスピーカーのマサト」



◇◇◇



「くそっ! ちょ、ベルやめろ!!」


 近付く敵を炎の翼ウィングス・オブ・フレイムで牽制しつつ、ベルを引き剥がそうとするが、思わぬ怪力に苦戦する。


(そういえば、ベルに火の加護かけたんだった…… 力が強いのはそのせいか!)


 すると、炎の翼ウィングス・オブ・フレイムを掻い潜って、灰色のローブ姿の女達が急接近してきた。


「ベルごめん!」


 しがみ付いたベルを強引に引き剥がすと、横に投げた。

 だが、体勢をすぐ立て直したベルが、炎の翼ウィングス・オブ・フレイムの炎を顔に浴びながら再び飛びかかる。


「ば、ばか!」


 すかさず炎を止めると、頬を黒くしたベルにそのまま抱き付かれる――いや、手を宝剣へと伸ばしていた。


「だからっ、ガチで危ないから止めろっつの!!」


 ベルを突き飛ばすと、視界が一瞬点滅し、次の瞬間、宝剣を持つ右手に衝撃が走った。


「いづっ!? あ、まずっ!!」


 手に電気を流したような痺れが走り、その衝撃で宝剣を落としてしまう。


「くっ!?」


 だが、拾う隙など与えてもらえなかった。

 マサトへ向けて、周囲を囲んでいる黒いローブの者達から、いくつもの紫電が走る。


「ぐぐっ!?」


 それを歯を食いしばって耐える。

 複数の雷撃を受けて硬直したマサトへ、薄紫色の髪をローブの中から覗かせた女が至近距離まで近付き、その色っぽい唇をゆっくりと動かした。


「いただきまぁす」


 反射的に突き放そうとするマサトを、灰色のローブ姿の女達が取り押さえる。
 
 振り払おうとするも、上手く身体が動かない。


「な、にっ!?」


 突如、まるで身体を鉄で固定されたかのように、手足をぴくりとも動かせなくなった。

 よく見れば、女達の手からは、複数の青白い線が、手足を縫い付ける糸のように無数に伸びている。


(何だよこれ!? か、身体が動かない!? う、うわ、女の口から何か出てきた!? や、やばいやばい何だこれ!?)


 灰色ハイイロ精神支配マインドコントロールが迫る。


(な、何か他の手を、他の……)


 焦るマサトが対処するよりも早く、灰色ハイイロ精神支配マインドコントロールがマサトの目と鼻から体内へ侵入する。


(は、入ってきた!? 何か入って!?)


 すると、突然目の前にシステムメッセージ表示され、激しく明滅した。


精神支配マインドコントロールに干渉されました』
『マジックイーターは、精神支配マインドコントロールの影響を受けません』


(影響を…… 受けない? た、助かった? ってか精神支配マインドコントロール!? もしやベルも!?)


 灰色ハイイロの口から出ていた青白い光が、一瞬で霧散する。


「あ、あらぁん? やっぱりダメだったのかしらぁん?」


 苦笑いを浮かべながら、素早くマサトから離れる灰色ハイイロ


(くっ! こうなりゃ手当たり次第だ!!)


「ガルドラの鋼鉄虫スチールバグガルドラの鋼鉄虫スチールバグガルドラの鋼鉄虫スチールバグガルドラの鋼鉄虫スチールバグガルドラの鋼鉄虫スチールバグガルドラの鋼鉄虫スチールバグガルドラの鋼鉄虫スチールバグ!!」


 マサト言葉に呼応して、周囲に7つの光の塊が出来上がる。

 その光景に息を飲む後家蜘蛛ゴケグモの構成員達。


「何!? ま、まさか……多重召喚だ、と?」


 黒崖クロガケが呟く。

 だが、マサトの詠唱はこれで終わらなかった。


(ゴブリンが通用しないなら…… 今の手持ちの最強手札で切り抜けてやる!!)


 マサトが虹色に輝く。

 その姿を見た黒崖クロガケが叫んだ。


「攻撃を再開しろっ! 奴を好きにさせるなっ!!」


 黒崖クロガケの命令を受けた構成員達が、すかさず魔法を行使。

 マサトへ紫電やら火の玉やらが乱れ飛ぶ。

 だが、その魔法攻撃を、鋼鉄虫スチールバグがその身を高くして防いだ。


「くっ…… 鋼鉄虫スチールバグか!? 魔法は効かない! 白兵戦へ持ち込め!!」


(残念、時間切れだ!!)


永遠の蜃気楼エターナル・ドラゴン、召喚!!」


 辺り一面を、真っ白に埋め尽くす程の白い光の粒子が、虹色に輝くマサトを中心に、まるで台風の目のように、荒々しく螺旋を描きながら舞い上がった。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品