【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

113 - 「得たものと失ったもの」


 私の夫となる男――マサトとの話し合いは、暫く思い出したくもないけど――色々あった。

 王家の証でもあった 《 王の傲慢アローガント・オブ・ザ・キング 》 は、今でも信じられない――信じたくはないが、消えてしまった。

 綺麗さっぱり、マサトに消されてしまった。

 でも、代わりに素晴らしい加護を貰った。


 “聖なる神の力の加護”


 マサト本人は、《 神聖な力ホーリーストレンクス  》 だと言った。

 でも、私はこれが神の力だと思っている。

 もちろん、私も最初は疑心暗鬼だった。

 だが、そんな私でさえも、その加護を貰って考えが一変した。

 それほどの力が、その加護にはあった。

 加護は、すぐに使って試した。

  《 王の傲慢アローガント・オブ・ザ・キング 》 を使うのと同じ要領で魔力マナを込めると、今までの淡黄色の光とは違う、純白の光が身体から溢れた。

 それと同時に、身体の底から漲る力。

 身体が、それこそ背中に羽が生えたかのように軽くなり、それでいて、力は以前の数倍にまで跳ね上がった。

 今までは何をしても全く敵わなかったオーリアに、組手稽古を挑んでも力負けすることがなくなったほどだ。

 凄い加護を貰った。

 素直にそう思えた。

 今までの 《 王の傲慢アローガント・オブ・ザ・キング 》 は、発現させて脅すか、実際に発動して相手の加護を消すか、その二択しか使い道がなかった。

  《 王の傲慢アローガント・オブ・ザ・キング 》 を使えば、皆が恐怖し、恐れ慄きながら跪いた。

 その度に、私の心は悲鳴をあげていたのかもしれない。

 恐怖による統治など、私の望んだ善政の形ではなかったから……

 でも、《 王の傲慢アローガント・オブ・ザ・キング 》 で脅さなければ、腹の肥えた卑しい貴族達を従わせることが出来なかったのも、また事実だった。

 だけど、これからは違う。

 そう思える力が、この加護にはある。

 マサトから貰った 《 神聖な力ホーリーストレンクス  》 は、私の力を、純粋に英雄と呼ばれる者達の領域まで高めてくれた。

 加護を得ただけで――まだ身体能力だけだけど――王国筆頭の実力を持つ、近衛騎士団クイーンズガードの団長、オーリアをも超えられる。

 本当に凄い加護だと思う。


 卒倒したレティセは、その後すぐ目を覚ました。

 事の結果を聞いて、今度は別の意味で卒倒しかけたけど、マサトとの婚約と、代わりに得た加護を絶賛してくれた。

  《 神聖な力ホーリーストレンクス  》 は、死地であったローズヘイムまで共に駆け付けてくれた、近衛騎士団クイーンズガードの精鋭達にもお披露目した。

  《 王の傲慢アローガント・オブ・ザ・キング 》 の時とは違い、 《 神聖な力ホーリーストレンクス  》 の純白の光――聖なる光による神々しさを目の当たりにした精鋭達が、私を、神の加護を得た使者として崇めた。

 その瞳には、尊敬や憧れの色が含まれていた。

 少し自信がついた私は、次にローズヘイムの民へ、演説を行った。

 勿論、マサトを私の婚約者として、また、ローズヘイムの新しい国王として、更にはローズヘイムを新しい国家として認める旨の説明を行った。

 その時の歓声は、それはとても大きなものになった。

 だけど、私が最も印象に残ったのは、別の事だった。

 それは、《 神聖な力ホーリーストレンクス  》 を民の前で発動した時のことだ。

 近衛騎士団クイーンズガードの精鋭達へ、初めて 《 神聖な力ホーリーストレンクス  》 を見せたときの反応以上のことが起きた。


 民は一様に、女王自ら民を救おうと死力を尽くした、勇敢で、献身的な行動が神々に認められた結果だと、大声援で私を讃えてくれた。

 今までは、恐怖の混ざった瞳を向けられていた私が、新しい加護を得ただけで、尊敬や憧れの眼差しを向けられるようになったのだ。

 確かに、私は近衛騎士団クイーンズガードを率いてローズヘイムへやってきた。

 民を救うために。

 でも、結果はどうだろうか?

 何も救えず、何も出来なかった。

 それだけじゃない。

 個々の力で、人族を上回る土蛙人ゲノーモス・トードに、数でも圧倒されて、為す術もなく全滅させられるところだった。

 助けたのはマサトであって、私じゃない。

 それなのに、民は私の行動に感動し、涙を流して喜んでくれた。

 褒めてくれた。

 それが、とても嬉しかった。

 嬉しさのあまり、民の前で初めて泣いた。

 その時、すぐ私の隣にいたマサトが、背中を優しく摩ってくれたのも、強く心に残ってる。

 私が、女王としての地位を盤石にさせるための、形式だけの婚約のつもりだったのに……


「姫様、いい加減鼻の下を伸ばすのは、みっともないのでおやめください」

「伸ばしてない!」

「では、ニヤケ顔をおやめください」

「ニヤケてもいないから!」

「では、猿の真似か何かでしょうか」

「さ…… レティセ!!」


 マサトと婚約してから、レティセの言葉に棘が目立つようになった。


(レティセがマサトに好意を向けていたのは知っていたけど…… 仕方ないじゃない…… ああするしか落とし所が思いつかなかったんだから。それに、レティセだって、絶賛してくれたのに、こう今でもネチネチと……)


 私の機嫌が悪くなり掛けてきたのを察したのか、レティセは「こほん」と、あからさまな咳で会話を仕切り直すと、深刻な表情を浮かべて本題を切り出した。


「それで、王都の件は如何しますか?」


 そう、私は大きな問題を抱えていた。

 状況的には、土蛙人ゲノーモス・トードの襲撃よりも重い問題。

 ローズヘイムを新しい国として、マサト王のもとに独立させると宣伝した翌日、王都から命からがら逃げ出してきた兵士が、ローズヘイムへ凶報を持ち込んだ。



『ハインリヒ公国が、王都ガザを占領した』



 何の抵抗もせず、アローガンス王国側がハインリヒ公国の軍を受け入れ、アローガンス王国は降伏を宣言。

 ローズヘイムを除く、フログガーデン大陸の全土が、事実上、ハインリヒ公国領となった。

 その報を初めて聞いた時、私はまた我を失いかけた。


 アローガンス王国には、王都を守る三つの主要要塞都市がある。

 ガザの南西の要塞都市――ヴィッテン侯爵が治めるフィデリティ砦。

 ガザの南東の要塞都市――リウドリフ侯爵が治めるライヤルティ砦。

 そして最後、フログガーデン南部、ハインリヒ公国との国境にある、アローガンス王国最南の要塞都市――ザクセン辺境伯の治めるアリジェンス砦の三つだ。

 その三つの要塞都市を、私がローズヘイムへ向かってからの数日間で攻め落し、王都まで占領するというのは不可能に近い。つまり、このハインリヒ公国の進軍は、予め仕組まれていたということになる。


「優柔不断なリウドリフだけなら、百歩譲って理解できるわ。でも、ヴィッテン卿とザクセン卿まで私を裏切っていたなんて!」

「ヴィッテン卿は、一度交わした約束は守る、忠義に厚いお方です。公国側に何か情報操作されたに違いありません。もしくは、背に腹はかえられぬ事情があったのではないでしょうか。姫様が健在だということを示せれば、きっと助けになってくれるはずです」

「そうね…… そうかもしれないわ」

「リウドリフ卿はその場の感情に左右される気紛れなお方なので、アローガンス王国を劣勢と見て見限ったとも判断できますが、国への忠義の厚いザクセン卿が寝返るとはとても……」

「ザクセン卿は…… それが国の為ならばと考えれば、寝返る可能性は十分にあるわ。問題はその理由よ。あのザクセン卿が寝返るような理由が、王国側にあったっていうの?」

「そのような理由は……」

「今考えて分かるようなことなら、こんな事態は招いてないわね……」


 二人の間に短い沈黙が流れる。

 普段は助言する立場のレティセも、この時ばかりは何を助言すればいいのか分からなかった。圧倒的に情報が不足していたのだ。


「せめて、ルーデント卿やブライ卿に連絡が取れればいいのですが……」

「期待はできないわね。その二人が健在なら、私かレティセ宛に何かしら便りを出しているはずよ。それが無いということは、連絡を出せない状況にあるか、内通者かのどちらかよ」


 私の言葉に、レティセが息を呑む。


「内通者…… ブライ卿ならまだしも、ルーデント卿もですか?」


 レティセはそう疑ったが、私の考えは違う。


「あの狸――ブライの方が、ルーデントより内通者の可能性は低いと思うわ」

「それは…… どうしてですか?」

「だってあの狸、自分の目先の利益のことしか頭にないもの。ブライが私に隠れて経営している商売――見世物小屋や男娼の館、あとは亜人解体小屋や他にもいくつか酷い商売があったはず。ハインリヒ公国ではその殆どが禁止されているのよ。ハインリヒ公国領となって損をするようなことを、あのブライが許す可能性は低いわ」

「それは褒めていいのか悪いのか…… それにしても、姫様はよくご存知でしたね。ブライ卿の副業を」

「何度か見に…… いえ、何でもないわ。それよりも、今後どうするかが重要よ!」


 代々続いてきたアローガンス王国が、ハインリヒ公国領となってしまったことは、今でも信じられない程の事件だったが、意外にも今の私は、自分でも不思議になるくらいに冷静だった。


(不思議ね。国も、適性も。王として代々受け継いできたもの全てを失ったのに。思ったほど落ち込まなかったわ。私も少しは成長したのかしら? それとも……)


 今の私がここまで冷静でいられるのも、過去の私にはなかったもの――どんなに望んでも、決して手に入れることができないと諦めていた、精神的な支柱の存在――夢の様な最終兵器――マサトを手に入れた影響かもしれない。


「きっと、私の旦那がどうにかしてくれるわ!」


 勢いでそう宣言したのはいいが、レティセの呆れるような視線を受けて、自分の発言がとても恥ずかしくなった。


(今の私は、きっと茹で蛸のように真っ赤な顔をしているわね…… ああ、なんて恥ずかしい発言しちゃったの私! 最近何かおかしいわ!)


 部屋には、レティセがついた深い溜息が木霊していた。


コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品