【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

104 - 「疑いの眼」

(悪いことしたかな…… いや、門前払いしようとしたあいつらが悪いよな。うん、そうだ。そう思うことにしよう)


 城門は、真紅の亜竜ガルドラゴンの咆哮がきっかけで簡単に開いた。

 勿論、俺を締め出そうとした門番には「竜の背に乗って城壁を飛び越え、そっち側に行ってもいいんだぞ?」 と一言脅しはしたが……


(普通に考えれば、ガルに城門なんて意味ないことくらい分かりそうなもんだけど…… ああ、もしかしてこれが民度というやつなのか…… そういえば学校みたいな施設なかった気がするし。俺が国を持つ日がきたら、教育改革は必須だな。文化水準はやっぱり高めないと駄目だわ)


 そんな妄想をしながら街中を歩くと、街の人が怯えたように道を開けた。


「大丈夫ですよー。このワイバ…… ドラゴンは俺の命令には絶対です。優しく接すれば危害は加えません」


 マサトが警戒を解こうと言葉を投げかけても、街の人達の反応は変わらなかった。


(何か変だな…… まぁいいか)


 マサトの隣を真紅の亜竜ガルドラゴンが歩き、その後ろを礼拝堂の癒し手ヒーラー・オブ・チャペルの4人、熟練の薬学者マスター・アポセカリーの2人、最後に戦場の癒し手バトルフィールド・メディックの1人が列を成して歩いている。

 すると、目の前から兵士の集団が駆け寄ってくるのが見えた。

 マサトが身構えると、そのマサトに呼応するかのように、真紅の亜竜ガルドラゴンも両翼を広げ、威嚇の体勢に入る。

 真紅の亜竜ガルドラゴンの迫力に、前列の兵士がか細い悲鳴をあげて、たたらを踏んだ。


「ま、待ってください! 私達は味方です!」

「そ、そうです! 私達は、ボンボに従う私兵を捕えにきました!」

「あなたは街を救ってくれた恩人です! ボンボはあなたを疑っていましたが、俺達は違います!」

「ど、どうか信じてください!」


 状況がすぐ飲み込めず、つい真紅の亜竜ガルドラゴンの方を見てしまう。

 見られた真紅の亜竜ガルドラゴンも頭上に?マークが浮かんでいるようだった。首を傾げている風貌が少し可愛い。見た目は凶悪だけども。


「う、うん? ああ、そっか。ボンボがなんか絡んでるってことは…… 何と無くイメージできてきた。そっかそっか、悪い。いきなり集団で迫ってきたんで、ちょっと警戒した。ガル、もういいよ」


 真紅の亜竜ガルドラゴンが両翼を畳み、ブフンッと口から火息を吐いた。

 それを「もう驚かさないでよね!」と脳内アフレコすると、ギロリと視線で咎められる。


(まさかガルまで俺の心読めるのか? マジ? いや、そんな…… えっ? マジ?)


 真紅の亜竜ガルドラゴンとマサトが、どうでもいい内容でアイコンタクトを飛ばし合う。

 それを見た兵士達は、何故か一様にホッとした表情を浮かべると、各々が移動を再開した。

 大半の兵士は、マサトの横を通り過ぎて城門まで向かったが、そのうちの数名が、護衛兼案内役として屋敷まで同行することになった。

 道中、マサトが不在の時に何が起きたのか、一部始終を共有してもらう。


「……と、いうことがありました」

「自ら死地まで援軍に来た女王に対して、謝罪と賠償要求って…… どこの世界でも似たようなことをする奴らはいるんだなぁ…… 絶対君主制みたいなこの国で、そんな奴らがいるのは意外だけど」


 すると、その言葉を礼拝堂の癒し手ヒーラー・オブ・チャペルの一人である、薄卵色うすたまごいろのゆるふわヘアーが特徴的なクララが、話に割って入ってきた。


「マサト様がお住いだった世界も、同じような方がいらっしゃったのですか?」

「うーん、まぁ、似たような人達は居たね。そういう人達が得するような世界だった気もする」

「それはさぞお辛かったことでしょう。私達でよければ、いつでもお側にお呼びください。マサト様をお慰めするのも私達の役得…… いえ、使命でもあります」

「……え? あ、うん…… ん?」


 聞き間違い、あるいは解釈が間違ったのかと思い、動揺しながらも他の三人にも視線を向ける。

 すると、カルメは色っぽい表情でこちらへウインクを飛ばし、キュリは満面の笑みでこちらを見てニカッと笑った。

 そしてシエナは、頬をほんのり赤く染めながら、横目でチラッとこちらを盗み見ていた。


(ええ? 礼拝堂の癒し手ヒーラー・オブ・チャペルって、そっちの癒しもありなの!? えっ!? 何!? 冗談!? 本当!? ど、どっちだ!? くっ…… だ、駄目だ。判断できん…… 解釈間違ったら酷い事になるし、これは聞かなかったことにしよう…… うん、そうしよう……)


 女性陣からの意外なアプローチに、妄想がいらぬ方向へ脱線しかけたマサトは、忘れろ忘れろと煩悩を振り払うように頭を振った。

 そのまま歩くこと数分。

 屋敷へと向かう途中で、トレンと合流した。

 何もなかったか?と心配されたので、特に何もなかったと答えておいた。

 それよりも、日に日に深くなるトレンの目の隈の方が心配だ。

 ただでさえ体調悪そうな顔付きなのに、今では病人の域に達している。


「そっちは何かあった? 顔色がやばいくらい悪いけど……」

「色々、あった。だが、その話は後にしよう。一度、竜語りドラゴンスピーカー全員で話し合いをした方が良さそうだ。時間はあるんだろ?」

「大丈夫。むしろ丁度いいかな。新しい仲間の紹介もしようと思ってたし」

「それなら良かった。今は女王陛下がこの街に居るからいいが…… 居なくなったら治安も悪化するだろう。その前に、竜語りドラゴンスピーカーとしてどう行動するのか、クラン方針を決めておきたい」

「そういうことか。了解」


 俺の返事にトレンが頷く。その後、トレンは周囲を見渡すと、家の脇に隠れて怯えていたマーチェを引っ張り出した。


「マーチェ! いつまで隠れてんだ! 来い! ほら、いい加減慣れろ!」


 すると、真紅の亜竜ガルドラゴンの前へ突き出した。


「ひぃやぁっ!?」


 目尻に涙を浮かべて悲鳴をあげるマーチェ。

 一度、昨日の夜に軽く挨拶は済ませてあるので、これで二度目の対面だ。

 初対面のときは、号泣されながら拝み倒されたので、強く印象に残っている。

 ……うん、弄られ体質の明るい子だとは思う。

 そんな二人を連れて屋敷まで向かうと、屋敷の入口でヴィクトルとソフィーが待っていた。


「来たか」

「ヴィクトルもいるってことは、街全体に関わることか」

「そうだ。女王陛下が屋敷の応接間でお待ちだ。早く行くぞ」

「はいよ…… って、だからそれ俺の屋敷なんだけど…… 屋敷の所有権を持ってるっていう感じが全くしないのは何故だ」


 マサトが一人ブツブツと不満を零しながらも、フロンの待つ応接間へ皆で移動する。

 勿論、トレンとマーチェも一緒だ。

 まぁ自分達のクラン拠点なのだから当たり前だが。

 応接間には、各部屋から椅子が持ち込まれ、円卓を囲うように等間隔で配置されていた。

 正面中央の奥には、アローガンス王国の女王であるフロンが座っており、その後ろに近衛騎士団クイーンズガードの団長オーリア、お目付役でもあり、フロンの侍女でもあるレティセが立っている。

 そして、フロンの左手側には、立派な口髭を蓄えた筋骨隆々のおっさんが座っていた。


「遅かったわね」


 開口一番、女王であるフロンが不満を露わにした。


(気の強そうな女王様だ。面倒なことはだけはどうかご勘弁……)


「申し訳ありません。外で竜語りドラゴンスピーカーのクランリーダー、マサトの到着を待っておりました」


 ヴィクトルがそう返すと、フロンへ軽く頭を下げた。

 ソフィーはそっぽを向いている。


(おいおい…… 女王相手にその態度いいのかよ。仮にもあんたこの世界の住人だろ。そして冒険者ギルドのサブマスターでしょうに…… 立場とか関係ないんかね? この世界は。もしくは、元々性格がぶっ飛んでるだけとか。まぁ透明になってストーカーしてくる人だしなぁ……)


 マサトがソフィーを心の中で酷評していると、フロンは気にする様子もなく言葉を繋げた。


「いいわ。早く会議を始めましょう。立ってないで座ったら?」

「はい、失礼します」


 ヴィクトルとソフィーが、フロンの右側の席へ座る。


(あれでいいのか。案外、この世界の女王って、それ程厳粛な感じじゃないのかな? それならいいけど)


 すると、フロンが俺に視線を向けてきた。

 だが、黙ったままで何も話そうとしない。


(これは…… 俺が先に名乗るのを待っている? でも、この世界の礼の作法なんぞ分からんぞ…… うーん、まぁそれっぽい感じでいいか……)


 片膝を折る。

 所謂、騎士が忠誠を誓うときのイメージ――左膝をたて、右膝を地面へつけたポーズだ。

 一応、右手も胸に当てておく。

 視線は失礼にならないよう軽く伏せ気味に。


「女王陛下、初めまして。竜語りドラゴンスピーカーのリーダー、マサトと言います。お待たせしてしまったようで、大変申し訳ありません」


 マサトが頭を下げながらそう答えると、フロンは目を見開いて驚いた。


「い、いいのよ。謝罪はいらないわ。あなたが遅くなったことを咎めている訳じゃないもの」


 フロンが少しあたふたしながら返答すると、レティセが「姫様」と小声で指摘したのが微かに聞こえた。

「こほん」と、分かりやすい咳払いで仕切り直そうとするフロン。


「私はフロン。フログガーデン大陸の北部、王国アローガンスを統治する女王よ。でも下手な口上はいらないわ。楽にして頂戴」

「はい、助かります。ですが、その前に……」


 俺が立ち上がると、フロンは再び警戒したのか、力強い眼差しでこちらを見返した。


「何かしら」

「ローズヘイムには、治療を受けれずに苦しむ人々がまだ多く存在します。その人々のために、ベテランの癒し手ヒーラーを数人連れてきました。なので、先にこの者達へ、街の住人に対して治療を行う指示を出してもいいでしょうか?」


 俺の言葉を受け、軽く息を飲むフロン。


(何だろ…… 時々あるこの微妙な間と反応は……)


 マサトが少し怪訝な表情をすると、再び背後に立っていたレティセが「姫様」と発言し、それを受けたフロンが小さく息を吐いた。


「え、ええ。問題ないわ」

「では……」


 俺は背後に立っていたトレンと、癒し手ヒーラー達に、それぞれ指示を与えた。

 まず、戦場の癒し手バトルフィールド・メディック礼拝堂の癒し手ヒーラー・オブ・チャペルの五人には、屋敷に残っている怪我人の治療に専念してもらう。

 一人を徹底的に治療するのではなく、広く浅く治療をするようにと彼らには説明してある。

 まずは、全員に治療が行き渡ることを優先する。まぁ彼らなら問題ないだろう。

 そして、熟練の薬学者マスター・アポセカリーの二人には、屋敷の地下室を与えて、自由に回復薬ポーションの研究をさせる。

 すぐに成果を上げられなくても、長期的に見たらかなりのアドバンテージになるはずだ。新薬の開発もどんどんさせようと思う。

 屋敷の案内役はマーチェに頼んだ。


「は、は、はぃぃいい! い、命に代えてもか、必ず役目を果たしますぅうう!!」

「お、おぅ…… よ、よろしく」


(このマーチェの異常な反応…… どうにかならないのだろうか……)


 チラッとトレンを見たが、トレンはトレンで額に手を当て、「駄目だこいつ」と呟いていた。


「トレンさん、彼らが必要とする物資は最大限工面して欲しい」

「ああ、分かった。マーチェ、資金箱は “三番” まで使っていい」

「あたいにお任せあれぇええ!!」


 張り切り過ぎたマーチェが、癒し手ヒーラー達を連れて応接間から退出する。

 それを見届けた俺とトレンは、同時に溜息をつくと、円卓の椅子にそれぞれ腰掛けた。

 俺はフロンと正面の席に、トレンは俺の右手――口髭のおっさん側に。

 すると、トレンがそのおっさんへ手を挙げ、軽い挨拶を交わした。


「どうも、商人組合長ギルドマスター

「坊主とは毎日顔を合わせてる気がするぞ? 毎回場所は違うがな!ドゥワッハッハ!」


 商人組合長ギルドマスターと呼ばれた男は、上体を反らしながら豪快に笑うと、その筋肉の盛り上がった太くて短い腕を伸ばし、バシバシとトレンの肩を叩いた。


「ぐっ…… 商人組合長ギルドマスター、相変わらずの馬鹿力で、すね。い、いだっ! 痛いので止めてください!」

「ドゥワッハッハッハ! もうちっと鍛えたらどうだ? そんな軟弱な身体じゃ、鉄の一つも満足に打てんぞ?」

「いえ…… 何度も言ってますが、おれは商人なので鉄は打ちません」


(あのおっさん…… まさかドワーフ?)


 マサトの視線に気が付いた商人組合長ギルドマスターは、一度「ごぉほん!」と大きく咳払いすると、姿勢を正して自己紹介を始めた。


「マサト殿、ワシはドワンゴだ。ローズヘイムの商人ギルドで、商人組合長ギルドマスターをしておる。宜しく頼む」

「ご丁寧にどうも、竜語りドラゴンスピーカーのクランリーダーやってます。マサトです」

「ドゥワッハッハ! 知っておる!」


 マサトがトレンへと小声で尋ねた。


「ドワンゴさんって、もしかしてドワーフ?」

「そう。ドワーフだ。大酒飲みで、鍛冶に煩いむさ苦しい種族」

「ドゥワッハッハ! 軟弱な人族に言われたところで、痛くも痒くもないわい!」


(そういや、冒険者ギルドの冒険者組合長ギルドマスター――ヴィクトルはエルフで、商人ギルドの商人組合長ギルドマスター――ドワンゴはドワーフか。アローガンスって亜人に排他的じゃなかったの? 亜人にエルフやドワーフって入らないのか? よく分からんな……)


 ドワンゴは場の空気を読まず、尚もマサトへ話し掛けた。


「話し合いをする前に、一つはっきりさせておきたいことがある」

「はい、何でしょう?」

土蛙人ゲノーモス・トードが大量に死ぬことを見越して、数日前に触媒剤と精霊水を買い占めようとしたのは、マサト殿の考えか?」


 ドワンゴが、探るような眼つきでマサトを見据える。

 そしてドワンゴの発言に、ヴィクトルが「何?」と反応した。

 すかさずトレンが反論する。


「違う。ボスはあの件には関与していない。あれはおれの独断で動いた。しかし、何故それを?」

「ドゥワッハッハ! 商業系ギルドのトップである商人組合長ギルドマスターを舐めてもらっちゃ困る。坊主の動きなんぞ、物の動きに目を配っておれば一目瞭然。まっ、坊主のことだ、また何か儲け話だろうと思ってな。今回は便乗させてもらったがな。お陰でかなりの儲けになりそうだわい! ドゥワッハッハ!」

「まさか…… 想定の5割も買い占めできなかったのは、商人組合長ギルドマスターのせいか!」

「ドゥワッハッハ!」


 豪快に笑うドワンゴに、苦虫を噛み潰したような表情のトレン。

 そこへヴィクトルが口を挟んだ。


「その話が本当なら、竜語りドラゴンスピーカーは、事前に土蛙人ゲノーモス・トードが攻めてくることを予知していたことになるが…… その報告を聞いた覚えはないぞ?」


 ヴィクトルが鋭い眼つきで、マサトとトレンを睨む。

 だが、ヴィクトルの問い掛けには、ドワンゴが先に答えた。


「ヴィクトルよ、それは誤解だ。買い占めが行われたのは、土蛙人ゲノーモス・トードがロサの村を襲撃した後だ。つまりは、こいつらは土蛙人ゲノーモス・トードが攻めてきた直後、土蛙人ゲノーモス・トードがローズヘイムとの戦争で大量に死ぬことに賭けて動いたに過ぎん。勿論、ローズヘイム側の勝利を前提にな」

「……大量とは、どのくらいだ?」

「そうだな。買い占めても尚儲けが出るとなると、最低でも2000は土蛙人ゲノーモス・トードの死体が必要だろう。だが、全ての土蛙人ゲノーモス・トードから魔結石マテリアルが取れるとも限らんからな、確実に儲けるには倍の4000は欲しい」

「4000の土蛙人ゲノーモス・トードの死体……」


 ヴィクトルの眼つきが更に厳しくなる。

 だが、ドワンゴは気にせず続けた。


「そうだわい。そして今回の戦争で出た土蛙人ゲノーモス・トードの死体は、およそ1万5000程度。まぁ2〜3割は原型を留めていなかったがな。それでも即剥ぎ取りを開始したことが幸いして、大半の土蛙人ゲノーモス・トードからは魔結石マテリアルが採取できた。そうだな? ヴィクトル」

「そうだ」

「ドゥワッハッハ! ここまで坊主の予想が的中するというのも、不思議な話だわい! なぁマサト殿」


 ドワンゴとヴィクトルが、マサトへ鋭い視線をぶつけた。

 その眼は、明らかに「お前が全て仕組んだことじゃないだろうな?」と疑った視線だった。

 その二人の視線を受けたマサトはというと――


「へぇー、それを的中させたトレンさんって凄い優秀じゃないですか。凄いな。俺でも土蛙人ゲノーモス・トードの先の動きは読めなかったのに…… 」


 疑われていることに気が付いていなかった。


「ドゥワッハッハ! とんだ策士だわい! 全く読めん!」

「…………」


 ドワンゴは豪快に笑い飛ばしたが、ヴィクトルは依然として疑いの眼でマサトを見つめていた。

 すると、痺れを切らしたフロンが話に割って入った。


「もう話は済んだかしら?」

「おお、これはすまん!」

「女王陛下、失礼いたしました。お許しを」


 女王陛下のいる場で、女王陛下を置き去りにして話を進めたことを詫びる二人。

 その二人が素直に頭を下げたことで、フロンは彼らをさして咎めることはしなかった。


「分かればいいわ」


 胸を反らしながら、鷹揚に頷くフロン。

 少しの間をあけて、議題を話し始める。


「既に気付いているかもしれないけど、集まってもらったのは、ローズヘイムにとって、とても重要なことを話し合うためよ」


 皆の視線が、フロンへと集まる。


「ローズヘイムの領主、ティー・ローズ公爵は死に、その跡取りは大罪を犯して今は牢屋にいるわ」


 その事実に、皆が頷いた。


「つまり、今のローズヘイムには領主がいないの。その跡取りもね。なので、私はここで臨時の領主を決めようと思います」


 フロンのその言葉に、ヴィクトルとドワンゴ、それにトレンが目を見開いて驚いた。


「……いいのですか? この街には、まだ他にも貴族の方々がいたはずですが……」

「奴ら、自分達抜きで重要な決議を進められたと知れば、後から小煩く騒ぎ出すぞ?」


 ヴィクトルとドワンゴが続けて意見を述べようとしたが、フロンは手でそれを制した。


「先の窮地に、貴族本来の役目を忘れ、自身の保身に走った貴族なんて…… 不要な存在よ。気にする必要はないわ」


 女王陛下にそこまで言われてしまっては、そういう訳にはいかないと言えず、ヴィクトルとドワンゴは二人で困惑した。

 フロンは気にした様子もなく、視線をマサトへと向けると、予め用意していた言葉を投げかけた。


竜語りドラゴンスピーカーのマサト。あなたに此度の褒賞として、ローズヘイムの領地を貸し与えます。いきなり公爵位は無理だけど、男爵位までなら何とかするわ。だから、これからは男爵を名乗りなさい」


 ヴィクトル、ドワンゴ、トレンが驚愕の表情でマサトを見る。

 だが、その申し出の価値の有り難みを知らないマサトは、周囲の期待とは正反対の答えを口にした。


「……え? い、いや。別にいらない、です」


 ヴィクトル、ドワンゴ、トレンがマサトの返答に更に驚くと、視線をすぐさまマサトと、反対側へ座るフロンへと向けた。


「な、な、な……」


 そこには、想定外の出来事に、片目を激しく痙攣させながら青筋を浮かべたフロンと、瞳を全開に見開いた状態で固まるレティセ、それと、マサトを食い殺さんばかりの般若の形相で、鋭く睨み付けるオーリアの姿があった。


コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品