【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

84 - 「ギルドマスターの決断」

 冒険者ギルド――ローズヘイム支部では、突然の事態に混乱を極めていた。情報を集めようと慌てて駆け込んでくる冒険者達でひしめき合っている。

 そんな冒険者達を、ギルドマスターであるヴィクトルが率先して指揮を執り、ギルド総出で対処にあたっている状況だ。


「セリスはティー公爵に至急連絡を。入れ違いになっても構わない。出来る限り多くの関係者に伝えろ。ノクトは今いるBランククラン全てに声をかけ、広場の制圧へと動け。Cランククランは各城門へ向かわせろ。土蛙人ゲノーモス・トードに城門を開けさせるな。それ以外の者はBランクとCランクのフォローを」

「分かりましたわ」「了解」


 冒険者ギルドでも高ランクに属するセリスとノクトに、それぞれ伝達、指揮を任せる。

 すると、冒険者の一人が質問を投げかけた。


「マ、マスター! 市民の救助はどうすれば!?」

「後回しだ。今は市民を救助して回る余裕はない」

「そ、そんな……」


 ヴィクトルの非情な判断に、冒険者達が騒めく。だが、ヴィクトルは顔色一つ変えずに、冒険者達へ次の言葉を告げた。


「道中、襲われている市民がいれば適宜その場の判断で救助に当たれ。場合によってはここへ連れてきても構わないが、いつここを放棄するかも分からない。現時点で安全な場所はない。今の状況はそれだけ緊迫している。それを肝に銘じて動け」

「は、はい!」


 ヴィクトルの言葉に、その場に集まった冒険者全員が事態の重さを把握した。

 それまでは、心の何処かで大丈夫だろうと高を括っていた者達も、今では率先して事に当たろうと動き始めている。

 そんな冒険者達を見ながら、ヴィクトルはギルド最高戦力を外に出したことを悔やんでいた。


(よりによってソフィーとライトを外に出している時にこれか…… 城壁の外には土蛙人ゲノーモス・トードの大群。退路がない状態での内部侵入。土蛙人ゲノーモス・トードを指揮しているのは確実に変異種だろうな。よく頭が回るらしい。厄介なことになったものだ)


 仮にソフィーとライトが居たとして、この戦況を大きく変えることが出来るのかと言えば、答えはNOだ。少しはマシな状況になるというだけに過ぎない。劇的に状況を変えるには、より大きな力が必要となる。それこそ、マジックイーターと呼ばれる伝説上の魔導師が現れるくらいの大きな力が……


(マジックイーター…… マサトは何処にいった? あの男が居ればこの状況も覆せるはず…… 確か竜語りドラゴンスピーカーには拠点があったな…… 中流地区の…… その屋敷にはトレンという商人がまだ残っていたはず…… ん? 中流地区の屋敷? 最近売りに出されていた屋敷は…… そうか! あそこか!)


 ヴィクトルは竜語りドラゴンスピーカーについて事前に調査していた情報を思い返し、とある事実に行き着いた。


「全員に告ぐ! この冒険者ギルドは放棄する! 直ちに中流地区B-5の屋敷へと拠点を移す! ギルドの扉には張り紙をしておけ!」


 すると、ギルドから出ようとしていたノクトが驚いた表情でヴィクトルへと振り返り、質問を投げかけた。


「マスター、拠点を変える理由を伺ってもよろしいでしょうか」

「籠城戦に備えるためだ。ギルド館での籠城は不利だ。かと言って、今の領主館でも無理だろう。あそこは頭の悪い夫人が、見栄のために改築に改築を重ねて籠城に適さない作りになってしまっている。だが、逆に籠城に適した形へ改築を重ねた屋敷が中流地区にはある。そこへ冒険者ギルドの拠点を一時的に移す」

「はい。了解しました。その土地の所有者は誰でしょうか」

竜語りドラゴンスピーカーのクランリーダー、マサトだ」


 その名に、冒険者達の中でどよめきが起こる。

 異色の新人ルーキー、マサトが起こしたクランであり、僅か数日でクランランクBまで異例の昇格を果たした、ローズヘイムの冒険者であれば知らない者がいないくらいに有名になったクランだ。

 その竜語りドラゴンスピーカーの屋敷へと拠点を移すというだけで、冒険者達の中には不思議な安心感に包まれる者がいたくらいに、短期間で達成した竜語りドラゴンスピーカーの実績は凄まじいものだと言える。

 騒めく冒険者達を余所に、ヴィクトルは話を続けた。


「何かあれば中流地区B-5にある、竜語りドラゴンスピーカーの拠点へと向かえ。あそこであれば、ある程度の人数は収容できるだろう」


 その言葉に、居合わせた冒険者達が声を揃えて同意を示した。そしてヴィクトルは急いで商人ギルドへ物資の提供を無償でするよう封書にしたためると、封蝋した後、ギルド職員へと渡し、商人ギルドへ向かわせる。

 そして自身も愛用の長杖――風詠みの杖ウィンドスタッフを書斎から持ち出すと、残りの職員を連れて冒険者ギルドを後にした。


 外へと出ると、辺りは異臭に包まれていた。自然と眉間に皺がよるくらいの異臭だ。それは紛れもなく土蛙人ゲノーモス・トードの臭いだった。


「酷い臭いだな……」


 同じように顔をしかめたり鼻をつまんだりしている職員達を引き連れ、目的の場所へと向かう。

 大通りに人通りはなく、市民達は警鐘により皆家の中へ避難したようだ。

 道を挟んだ両脇の店舗の壁へ、ヴィクトルが魔法により何やら落書きをしていく。そこには「中流地区B-5へ避難」と書かれている。

 すると、突如ヴィクトルが「止まれ」と指示した。


土蛙人ゲノーモス・トードが5体。その左の路地から出てくる」


 緊張するギルド職員達。ヴィクトルが連れているギルド職員は、皆非戦闘員だ。事務職やコック。雑務担当といった、裏方の仕事を担う者達である。それぞれ、治療具や食料を抱えているが、戦闘に使える物は何一つ所持していない。

 全員がヴィクトルの後ろ姿を緊張しながら見守っている。

 ヴィクトルが長杖を構え、何やら詠唱らしき言葉を発する。すると長杖のヘッドが淡い緑色に輝き出した。同時に、ヴィクトルを中心とした旋風も発生しつつある。

 土蛙人ゲノーモス・トードが路地から顔を出す。こちらに気付き、ぎゅぎゅと何やら騒ぐと、ヴィクトルが話した通り土蛙人ゲノーモス・トード5体が路地から次々に現れ、鋭利な石槍を片手に、薄ら寒い笑みを浮かべながら走ってきた。


「ひぃっ!?」


 若手の子が思わず短い悲鳴をあげる。こちらに向かってくる土蛙人ゲノーモス・トードは身長が大きい者で2mはあり、とても大きいのだ。醜い姿のイボ蛙が、集団で、更には二足走行で襲ってくる光景は、普段戦いの場に身を置かない者にとっては恐怖すべき光景だったことだろう。

 だが、ヴィクトルにとっては、その程度のことは恐怖でも何でもなかった。至って冷静に、土蛙人ゲノーモス・トード全員が直線上に並ぶまで十分に引き付けると、すぐ様呪文詠唱とともに杖を横へ振り抜いた。


「《 突風刃ガストブレード 》」


 杖の軌跡から淡い緑色に発光する刃が生まれ、その刹那、ヴィクトルの目の前に円形の真空波が発生したかと思うと、凄い速度で三日月状の光の刃が前方へと放たれた。

 真空となった風の刃が、土蛙人ゲノーモス・トードへと迫る。

 その魔法に先頭の土蛙人ゲノーモス・トードが目を丸くする。


 ――だが、それだけだった。


 近距離から放たれた音速で迫る刃を、土蛙人ゲノーモス・トードが避けられるはずもなく、先頭の土蛙人ゲノーモス・トードは目を丸くしたまま、それ以外の土蛙人ゲノーモス・トードは何が起きたかも分からないまま、その身を2つに分断され、息絶えた。

 ヴィクトルの放った風の刃は、土蛙人ゲノーモス・トードを斬り裂いた数m先で霧散する。


「行くぞ」


 まるで何事もなかったかのように淡々と移動を再開するヴィクトル。

 そのヴィクトルの後ろ姿に――冒険者ギルドを背負うギルドマスターの後ろ姿に、その場にいたギルド職員達は改めて頼もしさを感じ、憧れ、心震えるのであった。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品