【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

80 - 「里へ近づく者」

 マサト達が土蛙王と交戦していた頃、地上ではボンボ達がネスの里付近まで接近していた。


「閣下、ちょっといいでやすか……」

「なんだ。言ってみろ」

「蛇の足跡をずっと辿っては来てるんでやすが…… 同じ道を歩いている気がしやしてね……」

「なんだと!? どういうことだ!」


 ボンボが先導役のレンジャーを怒鳴り散らしていると、ローブ姿の傭兵が会話に入ってきた。


「何やら強力な結界が展開されているようです。先ほどから同じ道を歩かされています」

「結界!? なんとかできないのか!?」

「相当強力な結界ですので、この人数だと数日はかかるかと……」

「1時間でどうにかしろ! 金はいくらでも積んでやる! 奴は目の前だ!」


 ボンボの言葉に、ローブ姿の傭兵が他の傭兵達と顔を見合わせる。その顔は、そんな無茶なこと言われても…… とでも言いたげな表情をしていた。

 それを見たボンボが腹を立て、傭兵達に怒鳴り散らしていると、ふいに頭上を巨大な何か・・・・が通過した。


「し、静かに! 姿勢を低く!」


 緊迫した傭兵達の言葉に、その場にいた全員が黙る。ボンボもまた、頭上を通過した何かを瞬時に察し、先ほどまで怒鳴り散らしていたローブ姿の男の背に掴まるように隠れていた。


「な、なんだあれは!?」

「シッ! 閣下、今はどうか静かに……」


 小声で叱責されるボンボ。いつもなら怒り狂うだろう場面だが、その時ばかりは状況が違った。激しく頭を縦に振り、同意の意を示す。

 数分の間、全員が息を殺し、周囲の森の囁きに耳を澄ませる。普段は癒しに聞こえる森の囁きも、今は雑音にしか聞こえない。

 暫くして、レンジャーが皆に合図すると、一人木に登り始めた。そこから上空の様子を確認すると、降りてきて皆に報告を始めた。


「空に姿は見えないでやす。周囲に降りた気配もないでやすが、この結界はあっしには分かりやせんで…… ドラゴンは結界の中に降りたのかもしれないでやすね」

「結界の中に…… だと…… やはりそこに奴の拠点が……」


 驚愕の事実に、ボンボが口を震わせる。


「手遅れだったか…… 奴は…… 既にドラゴンを手懐けていたのだ…… まずい…… これは、非常にまずいぞ……」


 その言葉に、傭兵達が最悪の事態を連想する。

 ラミア、ドラゴン、そしてそれを隠すほどの強力な結界。急成長を見せる新生クラン 《 竜語りドラゴンスピーカー 》、岩熊ロックベアの希少種討伐、鋼鉄虫スチールバグの大量討伐、その全てが、ボンボが警鐘を鳴らした筋書きの信ぴょう性を高め、傭兵達にその後の展開を想像させた。

 最初はそんな唐突もない話と馬鹿にしていた者も、頭上を羽ばたくドラゴンの姿を見て、考えを改めた。ドラゴンの存在は、それ程のものだったと言える。


「ボ、ボンボ様、如何しますか?」


 動揺する執事に向けて、そして傭兵達へ向けて、ボンボははっきりと言い放った。


「決まっているだろう! ローズヘイムへ引き返すのだ! 手遅れになる前に、母上と父上へ、この事実を報告する! お前達にも証人になってもらうぞ! 皆でローズヘイムの民を救うのだ!!」


 ボンボの指示を受け、傭兵達の眼に強い意志が宿る。

 ドラゴンという人族にとって災厄となる存在に触れたことで、傭兵達に危機感が生まれた。ボンボがその危機感を上手く誘導する形となる。傭兵達には、ボンボが街を救おうと孤軍奮闘していた英雄に見えたことだろう。


 その頃、里にある地下の一室では、ネスが水晶越しにボンボ達を監視していた。

 水晶にはローズヘイムへ引き返していくボンボ達が映っている。

 その姿を確認したネスの口元には、薄っすらと笑みが浮かんでいた。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品