【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

79 -「救う代償」

 金色竜晶の輝きのみで照らされていた洞窟内は、今は灼熱の火鞭シアリング・ラッシュによって眩いくらいに照らされている。空中を蠢く炎の熱線と、密集した土蛙人ゲノーモス・トード達により、洞窟内の温度は急上昇し、蒸し風呂のようになりつつあった。


「あなた様がここに降臨なさることは、既に予言で知っておりまぎゅた。そのせいで、土蛙王には爪弾きにされておりまぎゅたが、我の占術《 白夢読みデイドリーム 》が正しいことが、今、証明されまぎゅた。ここにいる者達も、我の言葉に従い、あなた様の命令を聞くでぎゅう」


 仲間から長老と呼ばれる、この種族最古の土蛙人ゲノーモス・トードは、名をゲノーという。

 白夢読みデイドリームと呼ばれる占術に長け、土蛙人ゲノーモス・トードの行く末を長年示してきた。

 だが、占術という不確かなものを嫌った赤銅宝石の土蛙王サンストーン・キングにより、地位を剥奪される。それでも求心力は失っておらず、赤銅宝石の土蛙王サンストーン・キングの支配の裏で信者を増やし、来るべき時に備えてきたというのだ。

 そして、実現する予言。

 この時をもって、ゲノーの地位は、赤銅宝石の土蛙王サンストーン・キングを上回った。現に、マサトにより土蛙王が一人で逃げ出したことは、ここにいる者全ての周知の事実であった。

 魔眼でゲノーの真意を聞き出し、そこに嘘偽りがないことを確認したマサト達は、ゲノーに土蛙人ゲノーモス・トード達を任せることに決める。

「ゴブリンの道案内」「ゴブリン召喚の大魔法陣」を召喚し、ゲノーとの橋渡し役兼、監視役兼、ゴブリン達の新しい拠点とするべく仕込みをしておく。


「取り敢えず、先導役にゴブリン達を召喚して置いてくから、何かあればゴブリンに従うように」

「ゲロ、ギュー!」


 ――ゲロ、ギュー!!


 ゲノーの言葉に続き、何千と集まった土蛙人ゲノーモス・トード達が一斉に声を合わせて敬礼する。まるで軍隊のようなその様子に、マサトが一瞬怯むも、何とか表情に出さずに踏み止まることができた。


(お、おお…… す、凄い迫力だ…… やっぱり数の暴力は怖いな…… )


 因みに 灼熱の火鞭シアリング・ラッシュは、既に消してある。


(後は、やっぱりこれだな……)


『過去に討伐したモンスターを1枚カード化できます』


(紋章Lv上がった恩恵か。えーっと、リストは、と……)


 ガルドラの岩陸亀
 ガルドラのジャガー
 ガルドラの剣牙獣
 ガルドラの火傷蜂ヤケドバチ
 ガルドラの鋼鉄虫スチールバグ
 ガルドラの岩熊ロックベア


(なんだか大したのいないな…… やっぱりこの中だと岩熊ロックベアが一番強いかな? 木蛇ツリーボアがいないのは、倒したときにカード化したからだろうか。あ、そういえばワイバーンも無くなってる。じゃあそういうことか)


 岩熊ロックベアを選択。


[UC] ガルドラの岩熊ロックベア 1/6 (緑)(3)
(赤)(1):火傷蜂ヤケドバチサーチ


 レアリティ、UCアンコモンの中型カード。(緑)マナ1と、無色マナ3の計4マナで、1/6(攻撃力1、防御力6)と、大したことのないカードだが、特殊な能力「(赤)(1):火傷蜂ヤケドバチサーチ」を持っていた。


(サーチって、そもそも山札が存在しないけど…… カード無くても召喚できるとか? いや、さすがにないか。それじゃあ強すぎる。良くて周囲にいる火傷蜂ヤケドバチを呼び寄せるくらいかな。後で召喚することがあれば使ってみよう)


 念のためステータスを確認する。


<ステータス>
 紋章Lv13
 ライフ 42/42
 *猛毒カウンター1
 攻撃力 99
 防御力 4
 マナ : (虹×8)(赤×668)(緑x100)
 装備 : 心繋きずなの宝剣 +99/+0
 召喚マナ限界突破7
 マナ喰らいの紋章「心臓」の加護
 自身の初期ライフ2倍、+1/+1の修整


(身体が七色に光ったから、なんとなく予想付いたけど、(虹)マナが6増えてるっぽいな。他に上がってるところはないから、(虹x3)が2回入っただけ? それにしても魔力マナのインフレが止まらない。これでX火力である火の玉撃ったら大陸ごと吹き飛ばせそう。その前に自分の身体が爆発するだろうけど)


「なんだ? また何か力が解放されたのか?」

「ああ、そっか。前に光ったときレイアもいたから知ってるのか。今回は岩熊ロックベアが召喚できるようになっただけだよ」

岩熊ロックベアか。気になってはいたんだが、その力の基準は何なんだ?」

「基準? 召喚できるようになるモンスターのこと?」

「そうだ」

「単純に、倒したことがあるモンスターかな」

「そうか。であれば、もっと強いモンスターを殺せば、それを召喚して従えることができるってことだな?」

「そうなるけど、土蛙人ゲノーモス・トードは召喚できないみたい」

「十分だ。ガルドラ連山に住むドラゴンを従えることができれば……」

「……え? さ、さすがにドラゴン討伐は早いんじゃないかな?」


 いつもは警戒を促す側のレイアが、突然ドラゴン狩りを勧めるようなことを言い出したので少し焦る。


(いや…… でも、ドラゴンいたら心強いよな…… またカード化のボーナスが出たら勿体無いし。一応、考えておこう)


「あ! そういえば、トワレは無事!?」

「あの桜色の蛙か」

「微かに臭いはまだするから、近くにいると思う」


 ミアが鼻をすんすんとさせながら、入口を指差した。

 そのまま3人で入口へと移動する。

 するとそこには、身体をボロボロにしながら横たわるトワレの姿があった。


「トワレ!」


 思わず叫ぶマサト。

 トワレの薄い桜色の身体は土で茶色に汚れ、身体の至るところに青痣やら裂傷が見える。

 そして、片眼が潰れて無くなっていた。

 潰れた片眼からは硝子体しょうしたい漏れ、ぐったりとした様子で口から舌を出し、力なく倒れている。


「そ、そんな……」


 心臓がギュッと締め付けられる。

 道中、可哀想だからと連れてきただけの関係だったが、自分が連れてこなければこうなることはなかったはず。

 自分を殺そうと向かってきた敵であれば、こうも罪の意識を感じることもなかっただろう。だが、暴力に怯えて一人孤独に耐え抜いてきた者を無理矢理連れ出し、あろうことか最悪の結果を迎えさせてしまったのは、紛れもなく自分のせいである。守ってやると言ったのに、実際は守ろうとしていなかった。護衛を付けて、最後の最後で置いて行ったのだ。その浅慮な行動の数々に、マサトは激しく後悔した。


「お、俺のせいだ…… ど、どうすれば…… ミ、ミア!」

「ダメ…… 身体の中がぐちゃぐちゃだよ…… 相当殴られたみたい……」


 ミアが悲しそうに下を向く。


「ぐ、ぐちゃぐちゃ? な、何か手が…… あ、ポ、ポーション!」


 街で買っておいたポーションをトワレに振り掛ける。だが、痣が多少消えるくらいで、潰れた片眼は元には戻らなかった。


「さすがに、傷が深すぎる。臓器の破損までは、その等級のポーションでは治せないぞ」

「そ、そんな…… あ、レ、レッドポーションが!」


 レッドポーションの残り半分、最後の秘薬を取り出したマサトの腕を、レイアが掴む。


「これから、同じようなことが何度も起こるぞ。だが、その薬はそれで最後だ。これからは、その薬で助けることができなくなる。それを本当に理解しているのか?」

「うっ……」


 いくらマサトでも、そのことは嫌というほど理解していた。だが、目の前で死に逝く者を見捨てられないのだ。命を天秤に掛けることはできる。誰の命が一番大切かどうかだって分かる。理解もしている。だが、それが目の前の命を見捨てるという選択肢に繋がらない。頭では解っているのに、感情が言うことを聞かないのだ。


「迷いがあるなら……」


 そうレイアが告げようとすると――


「わ、わたすの、ことは…… ヒュー…… 気に、しなくて、いいけろ…… ヒュー…… やっぱり…… ここからは、離れられない、けろ…… ヒュー…… 仲間を、見捨てようとした、罰が、当たったけろよ……」


 トワレのか細い言葉により、レイアは最後まで言わず、口をつぐんだ。肺が潰れているのか、息を吸い込むときにヒューと苦しそうな音が鳴り響く。


「トワレ……」

「マサけろ…… こんなわたす、誘って、くれて…… ヒュー…… 本当は…… 嬉しかった…… けろ…… ヒュー…… 初めて…… 誘われた…… けろ…… ギョフッ」


 トワレの口からは薄黄緑色の体液が漏れる。

 マサトは無駄だと分かっていながらも、必死に残りのポーションをトワレにかけ続けた。


「マサけろが、道中で、教えてくれた、村…… 行って、見たかった、けろなぁ……」


 その言葉を聞き、目頭が熱くなり、自然と涙が溢れ出てくる。


「少しの…… 間…… 一緒に…… いれて…… 楽しかった…… けろ…… 」

「ト、トワレ……」

「さよな、ら…… け、ろ……」


 その言葉を最後に、トワレの鼓動が弱くなっていく。


(俺のせいだ…… 考え無しに動いたせいでトワレがこうなった……)


 レイアがマサトの腕を離す。


(もっと考えるべきだった…… 少し考えればどうなるか、想像できたはずだ……)


 マサトが袖で涙を拭い、トワレをしっかりと見つめる。


(これで最後だ…… 最後にしよう…… たとえここがゲームの世界だとしても…… ちゃんと考えて行動しよう…… 足りない頭でも考えるのをやめたら終わりだ…… そのせいで仲間が傷付くくらいなら……)


 そして最後の言葉をかけた。


「……ごめん、トワレ。お別れだ」


 その言葉に、トワレが微笑んだ気がした。


(もう、誰もこんな目に遭わせはしない)


 マサトはトワレの身体に最後の薬を振り掛ける。

 赤い薬を。


(守ると決めたら、最後まで全力で守り抜こう)


 そして新たな名を呼んだ。


「トワレ、今日から君の名は……」


 レッドポーションはもう無くなった。

 これで同じように瀕死になった仲間は救えない。

 だけど、俺には召喚という巨大な力がある。

 これで皆を守ろう。

 守り抜こう。

 それが俺にはできるはずだから。

 頭の悪い俺でもできるはずだから。



コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品