【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

78 - 「炎の大樹を生やす者」

「うぉおおぉおおぉお!?」


(こ、こぇえぇええ!? ミ、ミアはどこだぁあ!?)


 ねずみ花火のように回転しながら、縦に横にと軌道を変えて宙を乱飛行するマサト。

 その様子を、土蛙王は唖然とした表情で見守っている。王の間の異変に、次々にやってくる土蛙人ゲノーモス・トード達もまた、その異様な物体…… 空飛ぶマサトに目が離せないでいた。


(ぐぐ…… そ、そうだ! 一回止めよう! そうすれば…… って、うっ、うおっ!? うわぁああ!? 落ちる落ちる落ちる!)


 炎の翼ウィングス・オブ・フレイム を上空で止めたマサトが、推進力を失って落下していく。


(な、なんで上手く使えないんだ!? くそ! こうか!? うぉおぉ!? あ、あっ! み、見つけた!)


 背中に搭載されたジェットエンジンウィングス・オブ・フレイム を、まるでオンオフするかのように出したり止めたりしながら、上に下にと高度を変えていく。


「ミ、ミア! 大丈夫か!?」


 なんとかミアの側まで辿り着くことができたマサトは、土蛙人ゲノーモス・トードの四肢が飛び散る凄惨せいさんな一帯を見て顔をしかめた。


「う、うん…… このくらいなら魔法で治せるから平気」

「よ、よかった」


 ミアの身体には、土蛙人ゲノーモス・トードの血や肉片らしきものの他に、無数の切り傷やら青あざが見えた。


「でも、魔眼で操った土蛙人ゲノーモス・トードがかなり減っちゃった……」


 よくよく周囲を見渡せば、魔眼で操った土蛙人ゲノーモス・トードが、洞窟内へと押し寄せてくる新たな土蛙人ゲノーモス・トードを止めきれず、次々と討ち取られていく。どうやら魔眼で操られた仲間の存在が伝わってしまったらしい。


(ミアも流石に限界が近いか…… よし…… 俺が何とかしないと……)


 マサトが土蛙王へと視線を戻すと、土蛙王が一瞬怯んだのが遠巻きでも分かった。


「な、なぜ無ぎゅずだ!? あの魔法をまともに受ぎゅて、なぜ普通にしていらぎゅる!? なぎゅだ!?」


 岩砲弾ストーンギュラブル隆起する鋭利な岩アースギュエイク岩落としストーンフォーギュ、その全てが、一撃で四肢を欠損させるくらいの強力な魔法なのだ。仮にも重厚な鎧で身を包んだ者であれば理解できた。だが、相手は軽装に身を包んだだけの人族。その人族がなぜ、あれだけの魔法を受けて無傷でいられるのか。土蛙王には理解できなかった。理解できないモノに恐れを抱くのは、人も土蛙人ゲノーモス・トードも皆同じである。


(くそ…… 宝剣ないから魔法使うしかないか…… 近付こうとしても、どうせまた魔法で牽制されるだろうし…… 仕方ない、こっちも魔法で攻めよう!)


 マサトが土蛙王へと素早く掌を向ける。だが、その動作だけで、土蛙王が回避行動を取るには十分な理由だった。


「 《 ショックボルト 》!」

「 《 ストーンウォーギュ 》!」


 紫色の稲妻が複数の光の線となり、一瞬で石壁へと到達。そのゴツゴツした岩肌を激しく削り割る。だが、土蛙王へは届かなかった。


「くっそぉ! やられた! 一枚無駄にした!」


 マサトは頼みのショックボルトが防がれたことを悔しがったが、土蛙王が感じた恐怖はその比ではなかった。

 一瞬でその背丈を半分にされた石壁。

 その後ろから、土蛙王は真っ黒な瞳が飛び出るくらいに目を大きく見開き、紫色の稲妻を操る人族を驚愕の表情で見つめている。


「あ、ありえなぎゅ…… あんな化物と戦っても勝ち目はなぎゅ……」


 1秒でも石壁の展開が遅れていたら、土蛙王はまたあの紫電を受けていた。再度あの紫電を受ければ、最悪心臓が止まっていたかもしれない。1度目の被弾により、既に右腕が思うように動かなくなっていたのだ。良くても四肢のいずれかが動かなくなっていたことは確実だった。

 ほぼ予備動作なしに、一瞬で終わる詠唱でこの威力。どう対処すればいいというのか。それに相手はこちらの魔法を連続で受けても傷一つ負わなかった。もはや勝ち目はない。そう、土蛙王は感じていた。


(単発じゃ防がれる…… それならっ!)


「 《 炬火の炎舞ロンド・オブ・フレイム 》 」


 マサトの周囲に紅い光の粒子が螺旋を描き、その粒子の後を追うように火の粉が舞い踊る。

 天上へ向けて開いた掌には、炎の塊が3つ。その位置を入れ替えるように掌の上で回転している。そしてその炎の塊はみるみるうちに大きくなっていく。

 その炎の塊を見た土蛙王の顔が引き攣る。それもそのはずだ。マサトが発現させた炎の塊は、先ほどレイアが放った火炎玉ファイアボール以上の大きさがあったのだ。1発でも石壁を粉々に破壊する程の威力だったのに、それをこの男は、あろうことか更に大きいサイズを、同時に3つも作り出したではないか。これを防ぐには、最低でも3枚以上の石壁が必要になる。


 ……だが、本当に石壁だけで防げるのか? 


 急に頼りなくなっていく自身の魔法に、土蛙王は本能からこの異常な人族に恐れを抱き始めていることに気が付いた。それは生存本能からくる警告。弱肉強食のこの世界において、ヒエラルキーの上位に位置する捕食者から、被食者である自分達が生き延びるために進化した直感でもある。そして、その本能からくる警告を無視した者の末路がどうなるかは、土蛙王は痛い程理解していた。


「に、逃ぎゅる。この人間には関わっては駄ぎゅだ…… 全滅させらぎゅる! 《 ストーンフォーギュ 》《 アースホーギュ 》!」

「いけぇぇえええ!!」


 マサトが3つの炎の塊を、それぞれ別の弧の軌道を描かせるように放つ。

 それを遮るようにそびえ立つ石壁。

 石壁が土蛙王の姿を隠した直後、3つの炎の塊が次々に着弾。その石壁を木っ端微塵にし、洞窟内を震わせるほどの大爆発を起こした。

 爆発の衝撃により、パラパラと天上の岩盤が欠け落ちてくる。


「や、やば!? 洞窟内でやっていい規模の攻撃じゃなかった!?」


 洞窟が崩壊してもおかしくない衝撃に、マサトの肝は一瞬冷えた。本人はそこまでの威力が出るとは思っていなかったのである。


「マサト、無事だったか…… 心配したぞ」

「わぁっ!? び、びっくりした。なんだレイアか」


 ふいに背後から声がしたため振り返ると、そこには影から這い出てくる髪の長い幽霊が…… と、一瞬空目して驚いたが、すぐにレイアだと分かると、急に恥ずかしさが込み上げてきた。


「何赤くなっている。まだ戦闘中だぞ。油断するな。奴はまだ生きてる」

「え? ああ、分かった。あ、そうだ…… 宝剣!」


 唯一の武器を無くしていたことに気付き、焦って探し出す。だが、すかさずミアが探していた物を持ってきてくれた。


「マサト、これ」

「宝剣! 良かった…… ありがとう。ミア」


 宝剣をミアから受け取ると、レイアが土蛙王を警戒しつつも、周囲の状況を伝えてくる。


「魔眼で操った土蛙人ゲノーモス・トードも残り数十体だ。ブードが率いている部隊だけ。どうする? このまま無限に湧き続ける土蛙人ゲノーモス・トードを狩り続けられるのか?」


 レイアに促されて周囲を見渡すと、王の間へ続く複数の通路から、続々と土蛙人ゲノーモス・トード達が入ってきていた。


「あの親玉さえ倒せれば、全員逃げ出すと思う。もし逃げ出さなかったとしても…… いけると思う」

「分かった。で、次はどうする?」

「あの土煙って、レイアの魔法で吹き飛ばせる?」

「視界の確保だな。可能だ」

「おし、じゃあ合図したらお願い。ミアはまだ魔眼使える?」

「うん、まだ頑張れる」

「近付いてきた敵にだけでいいから。とにかく今は自分の身を守って」

「わかった」

「じゃあ、レイアお願い!」

「ああ、行くぞ! 万物に宿りし母なる魔力マナよ、風の魔力マナよ、数多の風と成りて、我にその力を与え給え、《 旋風ウィンド 》!」


 レイアの詠唱により、無風の洞窟内に風が吹き荒れる。その風は王のいた場所に立ち込めていた土煙を霧散させた。

 だが、そこに土蛙王の姿は既になかった。


「い、いない!? どこ行った!?」

「マサト! よく見ろ! 穴がある!」

「マジか…… 逃げられた!?」


 どんどん増える土蛙人ゲノーモス・トード達を背に、その穴の場所まで移動するマサト達。

 そこには底の見えない大穴が空いていた。


「やられた…… まさか逃げるなんて……」

「マサトの異常さを理解したのだろう。厄介だが、敵は賢いぞ」

「マ、マサト…… 凄い数だよ…… へ、平気?」


 王の間の小高い丘から、周囲を見渡すと、そこには一面を埋め尽くすほどの土蛙人ゲノーモス・トード達が、こちらを直視しないよう手で目を隠しながら、ジリジリと包囲を狭めてきていた。


「ブード達は?」

「やられちゃったみたい」

「そっか……」

「マサト、この数相手に策はあるんだろうな?」

「まぁ…… 一応……」


 マサトの自信のない返事に、目を細めるレイア。その顔には不安の色が浮かんでいた。それは決して頼りないとか、敗北による死への不安という意味ではなく、マサトの想像を超える行動により、別の更なる問題が引き起こされるのではないかというような、びっくり箱かもしれない箱を開けるときのような不安に近かった。


(仕方ない。やるか…… 炬火の炎舞ロンド・オブ・フレイムであの威力だったから、正直、ここでは使いたくなかったんだけど…… )


「レイア、ミア。俺の後ろへ」

「分かった」「うん」


 レイアとミアが背後に回り込んだことを確認したマサトは、ひしめき合う土蛙人ゲノーモス・トード達を見下ろしながら、覚悟を決めた。

 今から使う魔法が、どんな攻撃に変化するのか、はたまた、どれだけの威力になるかすら分からない。取り敢えず目の前にいる土蛙人ゲノーモス・トード達へ、両手を向ける。そして詠唱を開始した。


「ふぅ…… よし! 《 灼熱の火鞭シアリング・ラッシュ 》!!」


[UC] 灼熱の火鞭 (赤)(1)
 火魔法攻撃Lv2 ALL


 灼熱の火鞭シアリング・ラッシュ。それは、マサトにとっては初の、敵への全体攻撃呪文である。そして、それはVRで使った記憶がない呪文でもあった。

 マサトの両手に紅い光の粒子が集まり始める。それはいくつもの線を型取り、その長さはどんどんと伸びていく。


(よ、良かった。名前の通り鞭風に扱えばいいのか! よし!)


 その形から、火の鞭だと判断したマサトは、両手を合わせ、光の粒子を一つに束ねた。そして姿を現わす数多の炎の鞭。その炎はまるで蛇のようにうねうねと蠢めき、無数の火花を木の葉のように撒き散らしている。

 土蛙人ゲノーモス・トード達は、突然現れた数多の熱線に、その歩みを止めた。

 丘の下から見上げる土蛙人ゲノーモス・トード達には、その炎の鞭が、陽の光に向けて枝を広げる樹冠のように見えたのだ。

 枝は光り輝き、その枝からは、舞い散る火の粉がまるで花びらが舞うようにも見える。洞窟の上空を埋め尽くすくらいに広がったその炎の樹冠に、その迫力に、土蛙人ゲノーモス・トード達が平伏したとしても、何も驚くことはない普通の流れだったのかもしれない。

 突然平伏した土蛙人ゲノーモス・トード達に、マサト達の方が驚く。


「……えっ? ちょ、どういうこと? 何これ…… 降参したってこと?」


 どういう意味か今一確信がもてなかったマサトは、後ろにいるレイア達へと質問を投げかけた。

 だが、すぐに返事が返ってこない。


「ね、ねぇ、どうすればい…… い?」


 首だけで後ろを振り向く。

 そこには、尻餅をついて唖然としているレイアと、胸のところで両手を結び、目を輝かせているミアがいた。


「マ、マサト。なんだそれは……」

「いや、攻撃魔法だけど…… 凄い見た目だよね。じゃ、じゃなくて」

「凄ぉ〜い…… 綺麗ぇ〜…… こんなに綺麗な魔力マナの具現化見たの初めて!」

「うぉっ!? わ、分かったから、そ、袖引っ張らないで」


 その後、すぐ落ち着きを取り戻した2人と話し、リーダー格の土蛙人ゲノーモス・トードと話すことで纏まった。


「これ、取り敢えずそのまま?」

「そのままの状態で維持できるなら、その方がいいだろう。新しく侵入してきた土蛙人ゲノーモス・トード達への牽制にもなる」

「そ、そっか。了解」


 暫くすると、平伏する土蛙人ゲノーモス・トード達の間を縫うようにして、こちらに向かって歩いてくる1人の土蛙人ゲノーモス・トードが見えた。

 その土蛙人ゲノーモス・トードは、全裸が基本の土蛙人ゲノーモス・トードにおいて、唯一全身を黒いローブで身を包んでいる。身長は1mなのにもかかわらず、背中が大きく盛り上がっており、その異様な佇まいが、その小さな身体を一回り以上大きく見せていた。


「神より遣わされし主よ、我らはあなた様が現れる日を、一日千秋の思いでお待ちしておりまぎゅた。その炎の樹冠が何よりの証。我は遠い昔から予言しておりまぎゅた。我らを導いてくださる神の降臨を…… どうか、どうか、か弱ぎゅ我らを導ぎゅ給え……」


 予言していたという言葉に、マサト達は再び困惑する。


 運が良いのか悪いのか、丁度そのタイミングで、戦死した土蛙人ゲノーモス・トード達から、紅い粒子が光の帯を引きながらゆらゆらと舞い上がった。

 その光は大きく弧を描き、マサトの胸へ吸い込まれていく。

 マサトの手からは、天上一面に広がる炎の樹冠の幹が生え、光輝く枝からは、パチパチと明滅する火花を土蛙人ゲノーモス・トード達へと絶えず降り注いでいる。

 それはまさに、生と死の循環を表しているようだった。


 そして極め付けは――


 《マナ喰らいの紋章 Lv11 解放》
 《マナ喰らいの紋章 Lv12 解放》
 《マナ喰らいの紋章 Lv13 解放》


 マサトの身体が、眩いばかりの七色の光に包まれる。

 その神々しい姿に、人智を超えた存在の気配に、そこに居合わせた全ての土蛙人ゲノーモス・トード達が、その頭を垂れ、そのまま地面に頭を擦り付けた。

 それは土蛙人ゲノーモス・トードの最上級の敬服を示す行動であり、服従の印であった。




コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品