【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

61 -「不運な遭遇」

「スフォーチ! 気を付けろ! 奴らのジャンプ力は厄介だぞ!」

「あ、ああ! 分かってる! アンハーとピレスはイルフェを守れ!」


 川の終端まで辿り着いたおれたちは、その先の森で二足歩行の蛙に襲われていた。


「なんだよこいつら…… くっせぇし気持ち悪い! やっと下水の臭いから解放されたと思ったのに!」

「奴らは…… 蛙人フロッガー? どこかに住処があるかもしれません! 撤退しましょう!」

「ピレスの言う通りだ。だけど、囲まれてんだよなぁ…… どうするよスフォーチ」

「どうするも何も…… 3体なら…… いや、5体? もしかしてまだいるのか……?」


 いきなり飛び掛ってきた蛙人フロッガーの剣を間一髪のところで躱し、体勢を捻りつつもなんとか斬り返すことに成功する。


「げぇろぉおお!?」


 だが傷は浅い。

 蛙人フロッガーは全裸だが、身体の表面が粘液で覆われているせいか、剣先が滑ってしまって思うように斬ることができないでいた。

 逃げようにも、奴らのジャンプ力が厄介で逃げられずにいる。退路先へジャンプで先回りされるのだ。

 敵は1mくらいの小柄な蛙人フロッガーが5匹。手には鋭利な鉱石っぽいものを持っている。


「ぎゃぁっ!? 眼が!? 眼に何か入ったんだな!?」

「アンハーっ!?」


 アンハーは蛙人フロッガーが口から吐いた粘液を顔に受けて動転した。そこを狙い目だと判断した蛙人フロッガー達は、アンハー目掛けてジャンプする。


「げぇろげぇろげぇ!」

「イルフェ、早く治してほしいんだな!」

「ま、待ってて! これ毒じゃないの!? この粘液は何なの!?」

「う、うわぁっ!? く、来るなっ!」


 ピレス達はダメだ……

 動転して周りが見えてない。

 冒険者としての経験がないことが裏目に出てしまった。

 おれたちが助けないと……


「バラック!」

「ああ! 分かってる!」


 おれは四つん這いになっているアンハー目掛けて飛んできた蛙人フロッガーに、剣を突き立てながら突っ込んだ。


「げぅぇええ!?」


 剣が蛙人フロッガーの脇腹を貫通し、傷口からは薄黄緑色の体液が吹き出す。

 アンハー達の方を振り返ると、ピレスが蛙人フロッガーにのしかかられ、バラックはイルフェを庇うように蛙人フロッガーの攻撃を防いでいる。


「後4匹!」


 おれが助太刀に戻ろうとすると、アンハー目掛けて再び蛙人フロッガーが飛びかかるのが見えた。


「させるか!」


 しかし、飛び出そうとした瞬間、足首を何かに掴まれ、引っ張られる。


「なっ!? くそっ!」


 足首を掴んでいたものは、先ほど剣を突き刺した蛙人フロッガーの舌だった。

 最後の足掻きとばかりにその舌をおれの足に絡め、引っ張っている。

 おれは瞬時にその舌を切り落とすと、蛙人フロッガーは泡を吹いてのたうち回った。

 だがその一瞬の足止めは、蛙人フロッガー達にとっては十分だった。


「ぐふっ!? ぎゃぁああ! 痛い! 痛いんだなっ!? 誰か助けてほしいんだなっ!?」


 アンハーの叫びを聞いてハッとなる。

 アンハーの背には蛙人フロッガーがのしかかり、アンハーの背に何度も鋭利な鉱石を突き立てていた。

 バラックは2体、ピレスは1体を相手しており、アンハーを助ける余裕はなさそうだ。


「アンハー今助け……」

「スフォーチ! 上だっ!!」

「うぐっ!?」


 再び腰を屈めたところで、バラックの叫びとともに背中に衝撃が走る。


「くそ蛙がぁっ! 離せっ! このっ!」


 振り払っても背中に張り付ついて離れない。

 背中故に剣も上手く振るえない。

 となれば……


「潰れろぉおお!」


 おれは思いっきり近くの木に背中を向けて突撃する。


「げぅぇっ!?」


 首元に何かの液体がかかる。

 そのまま勢いよく振り払うと、背中に張り付いていた蛙人フロッガーが木に背中をくっ付けたまま離れた。

 蛙人フロッガーの手には赤く染まった鋭利な鉱石が。


「死ねぇっ!!」


 その蛙人フロッガーの腹に剣を突き立てると、そのまま左へ剣を払い、腹を引き裂く。

 蛙人フロッガーは腸をぶち撒け、地面に転がった。

 まだ息はあるようで、げぅぇと低く唸っている。


 アンハーの方を見ると、丁度バラックがアンハーの背中に乗った蛙人フロッガーを斬り伏せるところだった。

 イルフェはピレスが守っている。

 敵は残り2体。


 いけると思った直後、その希望は儚くも砕かれた。

 木陰から全身黒い皮膚に覆われた小太りの蛙が姿を現したのだ。

 そしてそれを合図にしたかのように、周囲の木陰からも続々と小太りの蛙が姿を現した。


「ぎゅぎゅぎゅ、フロッぎゅは相変わらぎゅ弱い」


 黒い蛙が言葉を話したが、声がくぐもっていて聞き取り難い。

 黒い蛙は1体、他の蛙は土色で見渡した限りでは4体いる。

 先ほど仕留め損ねた小柄な2体を入れると7体になる。


 するとピレスが驚きの声を上げた。


「トード種!? ……あれは、土蛙人ゲノーモス・トード? しかしあの色は…… まさか、希少種!?」

「そんな…… なんでここにいるんですか!?」

「い、痛いんだな…… も、もう帰りたいんだな……」

「スフォーチ、こうなったら死ぬ気で誰かが国に報告しなきゃだめだ…… 意味、分かってるよな?」


 ピレスは身体の至る所に軽度の擦り傷。

 イルフェは目尻に涙をためてはいるが、アンハーを治癒しただけならまだ魔力マナに余力はあるはず。

 アンハーは残念ながら戦力外だろう。さっきの一件で完全に弱気になってしまっている。

 おれとバラックなら後7体、やれるはずだ……

 やれるはず……

 やれる……


「ぎゅぎゅぎゅ、誰もにぎゅざない。お前は、おぎゅに勝でない。ぎゅぎゅぎゅ」


 黒色の土蛙人ゲノーモス・トードは、喉を膨らませると、


 ――ブュッ!


 黒い何かを吐き出した。


 黒い粘液はイルフェへ目掛け飛んでいき……


「ちっ!」


 バラックはイルフェを庇って背中に黒い粘液を受けた。


「ぎゅぎゅぎゅ、おぎゅは賢い。お前は、弱いやぎゅを庇う。さっぎゅ見で観察じだ。知っぎゅる」

「バラック!? ご、ごめんなさい…… わたし……」

「気にすんな。服の上に変な粘液かけられただけ……」


 そう言いながら、バラックは糸が切れた操り人形のように、急に膝を折った。


「バラック!?」


 全員がバラックの名を呼ぶ。

 バラックは見る見るうちに顔色を悪くしていく。


「ぎゅぎゅぎゅ、おぎゅの毒は人間によくぎゅく。いいごと知っだ」


 黒い蛙が濁った声で喋り、低い声でぎゅぎゅと笑った。


(まずい…… バラックなしでこの数は倒せない。早くバラックを治癒しないと!)


「ピレス! バラックの解毒を! 早く!」

「だ、駄目です…… 9等級の解毒じゃ全く効果がない…… 手持ちの解毒薬も効かない…… 一体どうすれば……」

「ぎゅぎゅぎゅ、どうぎゅた? 早ぎゅ治さないど、手おぎゅれになるぞ?」


 黒い蛙は醜い笑みを浮かべているだけで何もしてくる様子はない。

 おれはバラックを中心に陣形を組み直す。


(奴らは、おれたちがどう対処するのか観察しているのか……? まさか…… だとすれば……)


 おれと同じ考えに至ったのか、蛙ともに聞こえないようにピレスが小声で話し始めた。


 「認めたくないですが、威力偵察だと考えて間違いないでしょう。私達がどのくらいの力で、どう対処するのか観察しているみたいです」

「はぁ…… はぁ…… となると散々いたぶってから捕虜にされて拷問されるのがオチだな……」


 バラックのその言葉に、イルフェが怯える。

 だが、バラックは話を続けた。


「全員で逃げるのももう無理だろう。あの小柄な蛙は俺達より森の中を早く移動できる」

「そ、そんな…… 何か手があるはずなんだな……」

「ああ、まだ手はある……」


 バラックは俺を見て、


「おまえだけだ。スフォーチ、おまえだけがこいつらから逃げられる。おまえの適性ならな」


 全員がおれを見る。

 おれは皆の顔を見れなかった。

 見るのが怖かった。


 嫌だ……

 見捨てて行けない……

 おれが……

 おれが無理矢理ここへ連れてきたのに……

 おれが……


「おまえだけが俺達を救い出せる。おまえだけだ。ローズヘイムで助けを呼んで、俺達を助けられるのはおまえだけだ」

「わたし、信じてますから」

「し、仕方ないんだな…… ぼくは走るの遅いから、スフォーチに任せるんだな……」

「私もそれが一番生還確率が高いと思います。逃げ道は私達がなんとかします!」


 おれは何も言えなかった。

 その代わり、歯を食いしばりながら力強く頷いた。


「……よし、じゃあ、次の合図で一斉に行くぞ…… 俺は黒いのに、ピレスは退路へ、アンハーとイルフェはそのサポートだ」

「うん!」「わかったんだな」「了解」

「ぎゅぎゅぎゅ、もう相談は終わぎゅか?」


 黒い蛙が笑い、他の蛙達もそれにつられて笑う。


「はぁ……はぁ…… そうだな…… もう、終わり…… だぁあああ!」

「はぁぁあああ!」「うわぁぁあああ!」「覚悟ぉおおお!」


 バラックが黒い蛙に突進していく。

 ピレスはその反対方向に。

 アンハーとイルフェはピレスの左右へ。

 それぞれが剣を構え、違う方向へ突進していく。


「ぎゅえっ!?」


 蛙達は突然の突進に少し怯み……


「スフォーチ! 今です!」


 ピレス達が退路側にいた蛙に突撃し、退路が開けた。

 おれは全身全力で地を蹴り、その隙間を走り抜ける。


「必ず! 必ず戻る! だからっ! だから死ぬなぁあ!!」


 全力で森の中を走り抜ける。

 振り返らず、目の前に迫る木を躱して進むことだけに集中する。

 失敗は許されない。

 例え肺が潰れようとも、必ず助けを呼ぶから!

 必ず!

コメント

  • 明日

    絶体絶命ですね!ハラハラ感がすごいです

    0
  • くあ

    好感持たせてから殺すなんて、、あんまりだよ〜(´;ω;`)

    0
コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品