【書籍化】マジックイーター 〜ゴブリンデッキから始まる異世界冒険〜

飛びかかる幸運

49 -「ラミアの叫び」

「ラミア? 下半身が蛇の?」

「……そうだ。恐らく見世物小屋から脱走でもしたのだろう。先に言っておくが、助けるにしても匿っておく場所がないからな?」


 俺の顔を見てレイアが釘を刺してきた。


(まぁ場合によっては助けるけど……)


「じゃあ取り敢えず見に行きますか」

「ラミアってどんなだろう? 楽しみ!」

「はぁ……」


 俺とベルの浮かれ具合に、レイアがまたため息をついた。

 森を少し進むと、岩を背にして青色の髪をした、下半身が蛇の女性が横たわっていた。

 髪はショートカットで、ボーイッシュな印象があるのに、胸はそこそこ大きく、なんともギャップがある。

 俺たちが更に近づこうとすると、レイアが止めた。


「ラミアは魔眼を使い、幻覚を見せる。恐らくマサトには効かないと思うが、もし幻覚にかけられたと判断したら、思いっきり殴るから覚悟しておけ」

「は、はい」


 幻覚の初期療法が思いっきり殴るとか、本当にそれで合ってるんだろうか……

 ま、まぁ心して掛かろう。


 レイアとベルは木の陰に隠れ、俺だけがラミアに近づくことになった。

 ある程度近づいたところでラミアが目を覚ます。


「だ、誰だ!? そ、それ以上近づくな!!」


 俺を見るや否や、ラミアの眼の色が青から赤に変わった。

 その瞬間、少しだけ俺の視界が歪む。

 本当に少しだけ。一瞬。


「何もしないから取り敢えず落ち着こうか? ね?」


 俺に何の変化も見られなかったのが予想外だったのか、ラミアは一瞬顔を引きつらせると、再びこちらを睨み返した。

 ラミアの眼が先ほどより強く光る。

 再び視界が少し歪んだが、それだけだった。


「多分、それ俺には効かないと思う。理由は分からないけど…… これ以上近づかないから、話だけでも聞かせてくれるかな?」


 ラミアの顔が青くなり、全てを諦めたように脱力し始めた。


「あそこに戻るくらいなら…… 死んでやる…… 死んで……」


 俺の話を全く聞いていないどころか、何やら物騒なことを口ずさみ始めた。

 目は虚ろで本格的にやばい感じがする。

 すると突然、ラミアが大きく息を吸い込み……


「マサト、不味い! そのラミアを止めろ!!」


 ーーーキィィィイイイイ!!!


 耳をつんざくような高音が周囲の木々を、そして森全体を震わせた。


「いぃっ!? な、何!? 何が起きた!?」


 レイアとベルが俺のもとへ駆けつける。

 ラミアはどうやら気を失ったようだ。


「レ、レイア、このラミアは一体何を……?」

「魔物を呼んだ。ラミアの叫びは他の魔物を呼び寄せる。流石に魔獣までは効果がないといいが……」


 魔物を呼んだのか……

 なるほど……

 あの台詞の後でってことは、自爆玉砕覚悟の足掻きだろう。

 すると、微かな地響きを感じた。


「何か来るぞ! 気を付けろ!」

「まじかー…… この地響き、嫌な予感しかしないなぁ。 取り敢えずベル、このラミア頼んだ」

「え!? わ、わかった!」


 ベルがラミアの前で長剣を構え、レイアは岩の上に登り周囲を警戒している。


「ちっ! よりによって鋼鉄虫スチールバグか! マサト! 出番だ! あの虫は硬くて私らでは手が出せない! 頼んだぞ!」

「うげぇ!? なんだこの量!?」


 岩を登ると、小屋がある方角の反対側から、地面が見えなくなるくらいの数のデカイ団子虫みたいな生き物が、大群でこちらへ向かってきていた。


「ベル! もしあの虫が近付いてきたら、決して上に乗らせるな! 奴らは攻撃こそしてこないが、1体1体が重い上に大群でのし掛かってくる。飲まれたら圧死するぞ!」

「わ、わかった!」


 魔物狩るって言ったけど、いきなりこんな大群はいらなかったー!

 つってもやるしかねーか……


「うおおおおおおお!」


 俺は宝剣を抜くと、光の刀身を最大まで伸ばして鋼鉄虫スチールバグの群れに突っ込んでいった。

 宝剣を鋼鉄虫スチールバグの這う地面すれすれを滑らせるように振り回す。

 すると面白いように鋼鉄虫スチールバグが真っ二つになっていく。

 だが死んだ鋼鉄虫スチールバグの上を、後から来た鋼鉄虫スチールバグが次々に乗り上げて突き進んでくるので進行スピードがあまり落ちない。

 こういうときは本当に広範囲魔法があれば!と思うがないものは悔やんでも仕方がない……

 今はとにかく宝剣を振り回す速度を上げるのみだ。

 俺は無心で宝剣をワイパーの様に振り回して鋼鉄虫スチールバグを殲滅していく。

 その甲斐もあり、なんとかラミアのいる岩までは行かせずに食い止められている。


「ベル! 野鼠の群れが来る! 噛まれるな!」

「え!? 今度は鼠!? わかったー!」


 今度は南東の方角から野鼠の群れが……

 早く鋼鉄虫スチールバグを片付けて助けに行かないと……


 鋼鉄虫スチールバグを斬り捨て続けること数分。

 数の少なくなった鋼鉄虫スチールバグが引き上げていくのが見えた。


「ベル! レイア! 無事か!?」


 急いで岩の上へ駆け上がると、そこには鼠の返り血を浴びた2人が立っていた。


「はぁ…… はぁ…… なんとか…… 守りきったよ……」

「これくらいなら問題ない。それより、鼠の群れの中に一角兎も何匹か混ざっていた。回収して夕飯の足しにでもするか? 野鼠もちゃんと処理すれば食べれるが、流石に量が多いな」


 肩で息をしているベルに対し、レイアは、もう肉を食べることに意識が向いてしまっている。


(レイアは本当にお肉大好きだな……)


 俺もお陰で大量のマナをゲットできたから、皆が無事ならよしとしよう。


「っと、それよりもラミアを起こそう。ちゃんと話をしないと…… あ、もしまた叫ぼうとしたら腹パンチで……」

「そうだな。目隠しも念のためしておこう」


 ラミアに目隠しをした後、俺はラミアにポーションを振りかけた。


「ラミアさーん、起きてー」


 頬っぺたをつねる。


「起きろー。起きるんだー」


 更につねりあげる。


「い、いひゃい! いひゃいー!」

「よし、いいかい? ちゃんと俺の言うことを聞くんだ。いいね?」

「ひゃい! ひゃい! いひゃいぃー!」


 俺は手を離す。


「また叫ぼうとしたら腹パンチするからね? いい?」

「………………」


 ラミアは悔しそう口元を歪めている。


「君の傷はさっきポーションで治したから完治してるはずだけど、まだ痛むとこあるかい? 頬っぺた以外で」


 俺の言葉に怪訝な顔をするラミア。


「痛むところはない、でいいかな? じゃあ次の質問。君はなんでこの森にいるの?」

「………………」


 だんまりか……

 俺はラミアの頬っぺたを再度つまんだ。

 ビクリとラミアの肩が跳ねる。


「君はなんでこの森にいるの?」

「に、逃げてきた…… 人間から……」

「どこにいる人間から?」

「……ガザ」

「ガザ?」


 俺が聞き返すと、すかさずレイアが補足してくれた。


「ローズヘイムの東にある王都の名だ」

「へぇー。そこからどうやって逃げてきたの?」

「……川を下ってきた」

「あーなるほど」

「ラミア、お前はガザで何をしていた? そして何をして逃げてきた? 答えろ」

「ちょいちょいストップ! レイア言葉キツすぎ!」


 俺の言葉にレイアが少しムッとしたが、ラミアはちゃんと質問に答えた。


「見世物小屋に入れられて…… 我慢できなくて逃げてきた……」

「やはりか……」

「見世物小屋? レイア何か知ってるの?」

「珍しい魔獣や奇形児を見世物にするだけでなく、亜人や魔獣との性行為ショーや、解剖・解体ショーとかも平気でやる腐った連中だ」

「それは…… 想像以上に酷い連中だな……」


 命を弄んで殺すことを見世物にして金を取る団体か……

 やべーな……


「お、お願い! 見逃して! も、もうあそこには戻りたくない! 戻るくらいなら……」

「大丈夫大丈夫。って人間の言葉は信用できないかもしれないけど。取り敢えず目隠し外すから魔眼かけないでね?」


 俺はラミアの目隠しをそっと外す。


「あ……」


 ラミアの前にいる俺は、ラミアにはどう見えたのだろうか。

 いや、少なくとも普通の人間に見えなかったに違いない。


 何故なら……


 こうしている今も、殺しまくった鋼鉄虫スチールバグの死骸から溢れ出した緑色の光の粒子が、光の帯を引き連れながら空気中を漂い、俺の胸へ次々と吸い込まれていっているのだから。
  

 ラミアの青い瞳には、緑色の光を身に纏った黒髪の男が映っていた。




コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品