シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第186話】父と迷子なチビッ子と⑮

 


「はっ……んっ……あっ……」

 意識が覚醒し、聴覚保護が切れる。
 するとどうだ、こんな嬌声が聞こえてくるではないか。

「…………?」

 とりあえず目を開けてみるが、眼前にはフェリの背中だけが広がる。加えてなぜか金縛りにあったかのように身動きが取れない。
 淫魔サキュバスとはいえ、長年生きているとはいえ女子、こう密着してるとなんかいい匂いがするッ!!
 ……まぁ要するに、すげぇ目覚まし効果があったわけだが。

 目覚まし効果の理由はもう一つ。
 俺の掌の中にあるふわとろな何かだ。いやまぁ分かってるんだけどさ、そこはほら比喩的表現に留めとこうかと思ったわけで。
 ただ、その感触を得ている腕、掌は俺の意志とは関係無く動いている。これは比喩ではなく直接的な事実だ。
 確実に俺の手の自由はフェリによって奪われている。
 ていうかコイツ、三人ひとつのベッドに川の字で寝てる間にしてくれてんだ。使ってくれてんだ。
 あ、ちなみに俺が真ん中に寝ています。
 パッと見外はまだ暗いから、余程運が悪くなければユイは寝てるだろうが……。まぁ、に使われなくてよかったと思うべきなのか。

 前世から現界までの人生(キャリア)三十年間童貞を貫いた俺(そのせいで魔法使いになってるわけじゃないよね!?)では、百戦錬磨の淫魔を満たす事など出来ぬだろうに。
 ああくそ、フェリのやつ魔力供給も兼ねてしてやがるな。段々また眠くなってきやがった。

 こうなったら最後くらい俺の意思で思いっきり揉んだろ……。
 と、魔が差して。
 俺はフェリのたわわに実ったそれを力いっぱい鷲掴みにした。

 ……少し、膝の辺りが湿っぽくなった気がした。



 ___何時間か後。


 目が覚めたわたしは、どういう訳だかショー君を後ろから羽交い締めにしていた。仮にも王様が男の子と密着して寝たってなったら、結構マズいことになるかも(ショー君が、だけど)!?
 ……、とりあえずサッと顔を洗ってフェリさん(起きた時には姿が消えていた。朝日が駄目だとかそんな性質があるのかな?)が残していった冷たいお茶を啜った。
 壁に掛けられた時計を見ると午前七時半。
 普段の自分だったら寝坊の部類に入る。
 とりあえず、一人大きなベッドで眠る少年を起こす事にした。

「お兄ちゃん、起きて」

「ん〜? ロ……ユイか。……zzzzz」

 肩を揺すると返事はしたが、一瞬で寝落ち。ショー君もまだまだ子供だなぁ。

「もう……、わたしも二度寝しちゃうよ? ほらちょっと、そっち詰めて? もう、仕方ないからお姉さんが添い寝してあげよう。ん、……案外これはこれで、フェリさんがいないから二人で丁度いい大きさなのかも」

 背中合わせに寝てみると、そんな感想を持った。

 王宮ではこうやって好きな時間に寝るなんて出来ないし、まして日付を跨いでから寝ることの方が多い。二度寝なんか以ての外だった。

「学生生活かぁ、一度でいいから行ってみたいなぁ。……、行っちゃおうかな。いやいや、警備上の問題とか色々あるし? でも騎士学校に攻め込んでくる輩なんていないもんね……」

 あれ? 今日は火曜日だからショー君も学校がある。いっそついて行ってしまおうか。決定。
 王宮へは騎士学校から転移してしまえばいいか。探しに来たフィーナには悪いけど、その方がずっと楽だし。

 でも金曜日には祝賀会で顔を合わせることになるんだし、学校に迎えに来る時について行っちゃうのもアリかな。

 どっちにしよ〜。
 でも来週の火曜日にルナさんの魔具屋に行く約束もある……。またこっちまで来るのは来週でいっか。事務仕事は無いけど、色々とこなさなきゃいけない雑務はあるし。

 考えてたら頭痛くなってきたし、寝ちゃお。
 ここ数年で二度寝なんか初めて。なんか楽しみ、いい夢見れそう。



 ___暫くして。



「よく寝た……」

 おあっ!? なんで目の前にユイの顔が!?
 俺の背中側で寝てたはずじゃ……。

「十一時っておい……学校行くどころじゃないじゃん。もうサボっちまって、このままユイをどっかに送ってやらないと」

 寝過ぎじゃねえか俺? いやでも、フェリが俺から精力吸い取っていったわけだし、仕方ないのか?

「え? ちょ、ユイっ!?」

 寝惚けてるんだろうか抱き枕にされる。
 身体が、動かん……。
 って、ユイの力マジで強いんだった!!
 ルナさんの店のドアぶっ壊すくらいだしな。
 そんなことより、このままじゃ漏れる、ヤバい!!

「(ナビ子、助けて! 家のトイレの座標固定頼む!!)」

「(お任せ下さい!)」

 一日ぶりに呼んだからか、どこかご機嫌そうなナビ子の声が脳に響く。

「『転移魔法(テレポート)』!!」

 ……なんとか、俺の精神的、社会的尊厳は保つことが出来た。



「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く