シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第182話】父と迷子なチビッ子と⑪

 


 フェリによる転移魔法テレポート。辿り着いた先は大人のホテルの一室。
 取り敢えずベッドに未だ夢の中のユイを降ろし、周りを見渡す。
 ガラス張りのシャワールーム、キングサイズのベッド。天井からぶら下がる二つの手枷、無造作に置いてある鞭、三角木馬……。
 結構ハイレベルなお部屋に通されたものだ。

「……フェリ」

「私が混雑してるかもしれないから普通の宿は厳しいかも、って言ったら、ご主人様が『雨風凌げて夜暖かい寝床が確保出来ればいい』って言いました」

「……言ったけどもッ!!」

 ……これはダメだろ。
 幼女ラブホに連れ込むとかもう犯罪アウトだろ。

「逮捕も勾留も、裁判も無いままに実刑でしょうかね」

「お前が言うんじゃねえよ!?」

 フィーナさんと関わりのある人間なんだろ? 捕まったらフィーナさんに蔑みの目を向けられて……。うん、辛いな。

「取り敢えず、買ってきたもん食べるかな……」

 備え付けのソファに座り、テーブルに貰ってきたサンドイッチを並べる。……さすがにテレビは無かった。

「ご主人様、お茶をご用意しますね」

「おぅ、頼むわ」

 手馴れた手つきでお茶を煎れるフェリ。さながら主婦のようだ。本当に最近は率先して家事をやるようになった。ローズと寮の部屋のミニキッチンで一緒に料理を作ったりしている。
 食堂の厨房を間借り出来ないのが最近の悩みらしい。誰もいないのに食材がバラされていくのはホラーだし、姿を表したところで完全にフェリは部外者だし、ってな理由でお預けになっているそう。

「お待たせしました」

「いただきます。あっち……」

「ふーふー、しましょうか?」

「いや、いい」

「けち」

 フェリは最近どこで覚えたのか、こういう小さい点稼ぎを試みてくる。ちょっと嬉しくなるようなものが多いが、流されたらズブズブいきそうだから……。

「んー、メシ食う前に風呂済ませようかな。あー、ちょっと可哀想だけど、なんだったらユイを起こしてやってくれ。起きてすぐにメシ食うのはしんどいかもしれないからさ。お茶でも飲ませてやればシャキッと冴えるっしょ」

「はい。かしこまりました」

「でもせっかくだし、一緒に入るか? 背中流してくれてもいいんだぞ?」

「はい、って、うええぇぇぇぇぇ!??」

「は、ばか、声が大きい!」

 声のボリュームを下げつつ、語感は強めつつフェリを叱った。

「だ、だって、ご主人様の方から私を求めるなどまたと無い絶好機……。いや、でも心の準備が……」

 今にも消え入りそうな声で呟くフェリ。自分から仕掛けておいてこの狼狽え様なのだから不思議だ。そこが、実に面白い。

「冗談だよ、冗談。ユイのこと頼むな」

「なっ!? もう……」

 ってか、風呂がガラス張りになってるわけだけど、脱衣所みたいなスペース無いのか。まぁ、場所が場所だし服なんていらないよね、ってことだろうか。適当にソファにでも置いとけ、みたいな。

「まいっか。ちょっとフェリ適当な方向いてて。全部脱ぐから」

「ええ!?!」

 慌ててフェリは手で両目を覆う。なんか、若干の隙間があるような気がするが、そこはもう諦めよう。
 ササっと服を脱ぎ終え、タオルを腰に巻いて風呂のドアを潜った。

「おお? この世界でこんなしっかりしたシャワーのホテルって珍しいな」

 頭上に固定されているタイプのシャワーが目の前に。
 アリスさんとこの宿は別だが、この世界平均レベルの宿での風呂は浴槽一つに、水風呂のような大きな水桶一つ。そこから各自で汲んで、魔法が使えるなら温めて浴びることが出来るくらいのもの。

 ラブホのくせに生意気だ。

 蛇口を捻ると、本当に丁度いい温度のお湯が頭上から身体をすすいでゆく。
 温度調整用のひねりは無いが、コレなら文句一つ出ないだろう。地下か何処かで徹底管理がなされているのだろうし。それも物好きな魔法士の手で。

 湯気で曇る視界の中、シャワーが肌を打つ心地よい音だけが響いていた。



 ___一方その頃のフェリ。

「ユイちゃーん、起きてくださーい」

 耳元で囁いてみるが、ユイちゃんの規則正しい寝息が止まることは無かった。

「ご飯ですよ〜」

 肩を揺すってみるが、反応は芳しくない。

「よくお眠りになっているのですね。……家族が居たらこんな感じなのかなぁ。ご主人様との子供……。いやいや! そんな、はしたないぞフェリ……」

 溜まってるのかな私……。でも、封じられる以前もそんなにヤってたわけじゃないんだけどなぁ。やっぱりご主人様から貰う魔力マナの依存性が強いのかも。

「……う?」

 ふと、目が開いた。

「あ、おはよ、ユイちゃん」

「フェリ……お姉ちゃん、おはよ……」

「お茶煎れてあるから、よかったら飲んで。眠気覚ましになると思うから」

「ありがとー……」

 まだユイちゃんは頭が回っていないようで、なんとも言えない返事を繰り返している。

「あれ? お兄ちゃんは?」

「お風呂に入っていますよ。ほら音が聞こえるで……」

「あ、いた……」

 目線の先、捉えたのは透明な壁に覆われた浴室。
 その壁は一切曇ることなく、中の様子を鮮明に映し出していた。
 そう、一人の少年のあられもない姿を。



「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く