シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第169話 】北の幸28





 雑談を交えながら契約についての話し合いが進んでいた。ほぼほぼ俺とフェリさんでの一対一で、姉さんたちは話を聞きつつ、ところどころ補足の説明を求めたりしていた。
 精霊と話すことそのものが初めてらしく、なんだかんだで、その辺ちょっと緊張しているようなところもあったように思える。

 ところで……、と前置きした上でフェリさんは俺だけに聞こえるように、内緒話をするように俺の耳を手で覆いながら話し始めた。

 「ご主人様はぁ……、わたしの他にぃ……、精霊と契約してるみたいだけどぉ……」

 「待って! ひと言ずつ吐息吹きかけるのナシ!! 落ち着いて聴いてられねえよ!?」

 「これだから童貞は」

 「剥くぞコラ。思春期の劣情舐めんな!?」

 「ぴぃっ!?」 

 淫魔サキュバスであるフェリさんだが、自分からいくのはよくてもこっちから攻められるのはダメらしい。
 今の服装もゆったりとした簡素な布の服で、よくある悪魔の羽に敏感な尻尾、下着よりもエロい衣装を纏っているということもない。
 アレで人前に出るのは無理とのことで、割と是非の判断基準は人間に近いらしい。
 まぁ、脱いだら凄いわけで、そのギャップが今まで数多くの人間を骨抜きにしてきたのだろう。

 「で、どこまで話したっけ?」 

 「ご主人様が既に契約している精霊についてです。その精霊は実体を持たぬ代わりにあらゆる事に精通した知識を持ち、契約者にそれを共有するという希少種。世界中でも恐らく五体居ればいいかと言えるレベルでしょう。それに合わせて、わたしも普段は姿を隠していた方がいいのかな、と思いまして」

 「あぁ〜、なるほどなぁ」

 思わず唸る。

 「実体として存在する以上は姿を現していられるけどってことか。俺には学校もあるしな……。学校で女の子を連れ回してるわけにもいかないか。とりあえず姿は他の人に見えるようにしなくていいや。あ、でもせめてここに居る人たちには見えるようにしておきたいな」

 じゃないとなんか後であらぬ嫌疑をかけられそうな気がしてならない。

 『お前は一人で何をしてたんだ? フェリと何か如何わしいことでもしていたのだろう!?』って姉さんあたりにまくし立てられるのが目に浮かぶ。

 「そしたら、ここの人たちにもわたしと契約してもらわないとなんだけど……。基本的には契約外の人には見えないから」

 「え、でも今皆に見えてたよね?」

 「わたしを封印しようとした奴の力をありったけ奪ってやったから、まだその残りがあるのかもしれないわ。あっ、もしかしたら!」

 フェリさんが急に手をポンと叩く。

 「封印されている間もその力が漏れ出しちゃってたのかも」

 「それで、その影響で魔物が活発に、と?」

 「多分ね。ご主人様察しがいいねぇ」

 うりうり〜と肘で小突いてくる。
 なんとなく周囲の視線が痛いが耐える。

 「てなわけだから女の子四人と話つけてくるね。でもその前に契約の証を渡したいんだけどいいかな?」

 一応四人の顔を窺うと、全員頷いてくる。
 もう諦めて契約するしかないよ、ってことだろう。
 本当にフェリさんの機嫌を損ねた場合、全員の精力吸い尽くされてお陀仏なんてことになりかねないことに気付いた。
 淫魔サキュバスは文字通り魔に属する者。
 人間と絶対友好的である保証などないのだ。

 「初めてだから……優しくしてね?」

 「それは本来女の子のセリフだと思うんだけど……、可愛いなぁもう」

 なんかフェリさんの目がうっとりしたような……。ちょっとしたおふざけのせいで、なんか変なスイッチ入れちゃった感じ?
 いや気のせいだろう。うん、気にしないでおこう……。

 「そんなに見られると恥ずかしいだけど……」

 フェリさんはそう女子四人に話しかけた。
 どうやら契約の印の付与の方法についてガン見されていたようだ。

 「したら、ちょっと肩出してくれる?」

 「よっ、こんな感じでどう?」

 遠山の金さんのイメージで、首を出す穴からぐいっと腕を露出した。特に刺青をしたりしているわけではないのだが。

 「いいね。傾奇者だね!」

 あんまりハマらなかったようだ。

 「じゃ、失礼して……、はむっ」

 「ひゃうっ!?」

 フェリさんが肩に甘噛み。
 ドラキュラの吸血シーンを思い浮かべていただければと思う。
 女子四人は目を見開いて絶句しているが、俺が驚いたのはそこではなく。

 「そんな可愛い声出しちゃって……。お姉さん、キュンキュンきちゃうわ?」

 「そんな口冷たいとは思わないじゃないですか……」

 てか、主従関係逆転した?

 「こんな感じに仕上がったけど?」

 フェリさんが氷で手鏡を作り、俺の肩口を映した。

 「これ、石鹸で消えませんかね?」




 俺の肩には大胆にも真っ黒なキスマークが刻まれていた。


 俺ってば、一生このままなのかな……。




「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く