話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第165話】北の幸26




 「魔法陣ッ!?」

 以前モーリスと叔母を相手した時に見た魔法陣とは、また違ったことが書いてある気がする。
 自分で言うのもアレだが座学はクソだし、魔方陣なんか使って魔法を使ったこともないから解読なんか到底無理だ。

 「お兄ちゃんっ!!」

 ローズに手を引っ張られ陣の外へと連れ出される。

 「なんで魔法が、急に! 俺、何も触ったりもしてないのに!!」

 よくわかんないけど、陣の中心に透明な棺が出現していた。
 恐らく氷で出来ているのではないか。

 「アレ」

 アリスさんの指さす先には弾痕のような無数の壁のくぼみ。

 「読んでみて?」

 「読む? ……、何をですか?」

 「あれは点字よ」

 「……、点字だと分かったところで読めないんですけど」

 点字なんてエレベーターのボタンにくっついてるやつとか、駅とか道にある黄色いアレくらいしか頭に浮かばない。
 中学生時代に手話は道徳の授業で教えられたけど、点字に関しては何も無かったような気もする。

 「はぁ……、じゃあ責めるわけにもいかないのかな……」

 アリスさんはため息混じりにそう言った。

 「この世界には点字なんて存在しないしね。なんて書いてあるか分かったら、ショーくんならピンと来るものがあるかもしれないね」

 恐らく皆無だと思うのだが。

 「あれはね、『そのまま二つの時を待て』って書いてあるの」

 「……んっ!? っああああああーーーーー!!!! レジア○スのやつじゃんか!! 今思い出したァ!!!」

 まぁレジ○イスのこと覚えてても、まずコレが点字だったことに気付けてないからどうしようも無かったんだろうけど。

 「わ、びっくりしたぁ! 狭い空間で声張らないでよ……」

 アリスさんが耳を塞ぎながら静かにキレる。
 棺の出現に際して感覚を尖らせていたのかもしれない。

 「女の人だ……」

 サニーさんが柩を見て呟く。
 それに続いて、姉さんやローズもその顔を覗いた。

 『ナビ子、これからどうしたらいいんだ? なんか氷の棺が出てきたけど、そこからうんともすんとも言わないんですけど。ってなんなのそのエッチな格好』

 アニメとかでよくみかけるサキュバスの姿に衣替えしたナビ子。どうした?

 『その棺から漏れ出す魔力マナに引っ張られたようです』

 『えっ、じゃあこの人サキュバスなのか?』

 『サキュバスは人に分類しませんよ。この世界では一応わたしと同じく精霊に属するかと』

 『ナビ子精霊だったっけ?』

 ナビ子の拳が俺の顔面をすり抜ける。

 『超精霊ですけどなにか?』

 『さーせん』

 『とりあえず棺に手をかざしてみればよろしいかと思いますよ』

 と、言われたので棺に近付きその横にしゃがむ。

 「お兄ちゃん、何するの?」

 「とりあえず調べてみないとな。俺たち調査隊だしな。どう考えてもコレが魔物の巣の原因の一旦だろうし」

 と言って、ナビ子に言われたように棺に手を触れる。
 すると。

 「手が氷漬けにされたんですけど」

 「ショー! 大丈夫か!?」

 「大丈夫だからそんな力入れて引っ張らないで姉さん!! 手首取れる!!」

 俺に言われてようやく姉さんが手を離した。
 ちなみにサキュバスナビ子は消えてしまっている。
 なんて無責任なんだ。
 仮にも主従関係にあったはずなのに。

 「溶かすしかないかな? なんか砕いたら中の女の人ごといっちゃいそうだし……」

 というアリスさんの提案。ちょっと物騒な言葉が後半聞こえたけど。

 「したら俺が一気に溶かしますわ」

 「「「なんでよ」」」

 姉さん以外の三人が異を唱えた。

 「だって、サニーさんは優しいから俺のこと気にしながらになっちゃうじゃないですか」

 「ま、まぁそうだけど……」

 満更でもなさそうなサニーさん。

 「その点はわたしは平気よ。全然気にしないから」

 「それはもう命を預けたいと思えないんですけど」

 「わたしならお兄ちゃんを助けられるよ!」

 自信満々な妹の申し出だが。

 「お前は入学試験で大破壊やらかしてるからダメだ。俺が消し飛ばされちゃ棺の謎が解けても意味が無えよ」

 「うぅ……」

 何か言いたげな目だが、身に覚えがあったからか言葉にはしないようだ。

 「よし……。『チャッカ』!!」

 着火である。
 掌の毛穴から汗が流れ出るかのように魔力を氷に流し込む。

 「身体を包み込んで温めるように……」

 そうしているうちに段々と氷から湯気が立ち始める。
 氷に包まれていた右手の周りもちゃんと溶けている。
 なんか湯気が俺の周りを漂ってる気がする!

 「誰か! 風魔法でこのやばそうな霧払って!!」

 「「「じゃあわたしが!」」」

 「えっ!?」

 「「「『ウインド息吹ブレス』!!」」」

 「わっ!? あぶぁ!!!」

 三人同時の風魔法。
 その威力は絶大で、俺を身体ごと壁に叩きつけるには十分過ぎた。



「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く