シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第161話】北の幸22




 どうも、おはようございます。
 ショーです。
 今ちょうど目が覚めたところです。

 何故か隣で寝ているアリスさんをスルーして、昨日の夜について振り返る。

 色々とサニーさんのを見ちゃった俺。
 テンプレ的な『責任とってよね?』イベントに期待し参加を希望するも見事に落選。
 何かと気まずい感じのままに「おやすみ」の挨拶だけはとりあえず交わして、独り悶々とした挙句眠りについたのだった。 

 「寒っ。よく寝てられるな……」

 サニーさんは布団を頭まで被って隣のベッドでぐっすり夢の中。
 俺が諦めてコメントするのはアリスさんの方だ。

 令嬢らしからぬ、年頃の女の子らしからぬ格好なのだ。
 正座した状態で顔からベッドに突っ込んだような体制で、お尻を突き出す格好。
 女豹のポーズと言えば聞こえはいいのだが、今のアリスさんから受ける印象は酔い潰れたOLのそれだ。

 突き出されたお尻の裾から覗く、朝陽に融けた雪のような艶のある絹の下着も、あまり心に響いてこないくらいの惨状。

 「とりあえず普通の体制に戻してあげないと、後で俺がなんか言われそうだもんな……」

 と言うことで、

 「えい」

 お尻をグーで押し、ベッドに横倒しにした。
 一瞬、ウッと声が聴こえたがそのへんに関してはおいおい考えるということで。

 「風呂行くか朝風呂。この時間なら……って、今何時だ?」

 午前七時である。
 そんなに朝風呂って意気込むほど早起きじゃなかったようだ。

 手に取った手拭いとバスタオルがしっかり乾いているのを確認し部屋を出た。


 「おはようございます」

 「おはようございます。ショーくん、アリス見なかった?」

 部屋を出るとアリスさんを探す、彼女の専属秘書のクラリスさんに会った。

 「アリスさんですか? 俺たちの部屋で気付いたら寝てましたけど……」

 「まったくもう……」

 頭が痛むのか目頭をキュッと抑える仕草とともにため息が。
 秘書ってのはやっぱり大変なんだな。

 「ショーくんは、これから朝のお風呂かな?」

 俺の手元のタオルを指さしてそう言った。

 「そうですよ。目覚ましも兼ねて、良かったら一緒に行きますか?」

 「うーん……、行こうか一緒に。勝手に起きてくるでしょそのうち」

 軽い冗談のつもりで誘ったはずが、同伴することになってしまった。

 「いいんですか?」

 「ショーくんが言ったんだよ? それに、折角男の子からの誘いを受けたんだし蹴る訳にはいかないもんね☆」

 と、ウインク付きで言われてしまえば童貞の俺は頷くことしか出来なかった。


 「先に入っててー」

 と言うことなく脱衣所に入るなりさっさと全部脱いでしまったクラリスさん。

 前だけバスタオルで隠しながら、

 「先に入ってるよー」

 と美尻をあらわにしながら浴場へのドアをくぐって言った。
 なんか男として相手されてないようで、仕方ないにしてもちょっと悔しい……。

 「ショーくんは好きな女の子っているの?」

 湯船に入るなり唐突にそんな声を掛けられた。
 ビックリして言い淀んでいると、

 「ショーくんの周りには女の子が多いじゃん。だから誰かに気持ちが傾いたりしないのかなー、って思ったりしちゃったり」

 「今のところはまだ特に誰が……っていうのは無いですけど……」

 これが精一杯。

 「アリスの事はどう思うのさ? アリスとくっ付いちゃえばわたしとも色々と隙を盗んで出来るんだけど……」

 「なんちゅーことを言っとるんすか! そんな魅力的な、いや違う。クラリスさん可愛いんすからそんなこと言われるとグラついちゃうんでやめて下さい!」

 「な、急に可愛いとか言わないでよ! 一瞬欲望チラついたと思ったらそんな事言うなんて! 全然嬉しくもなんともないんだから!」

 「ポッ」

 やばい。急なツンデレに高低差あり過ぎて胸がキューンなってる。顔が熱い……。

 「顔赤くすんなー!!」

 肩を掴まれぐわんぐわんと揺すられる。
 プチ情報だが、視界の端で揺れているのはクラリスさんのお胸も同様であるッ!!

 「ちょっ、ストップ! なんか色々と出そうです! 脳が揺すられて辛い!!」

 「えい」

 グイッと抑えられた反動で首がピキる。

 「なんで朝からこんな目に遭わなきゃいけないの……」

 「ちょっと、泣かないでよ! わたしが虐めたみたいになるじゃないっ」

 事実と大して違わなかったと思うんですけど。

 現在、先に逃げるようにして着替えてます。
 誰が好きかについては有耶無耶になってしまった。が、
 今は姉と妹がいるし、まだ未成年だし。
 焦ってどうこうする予定もない。
 かと言ってどこぞの馬の骨が急に彼氏になるとか言い出したらそれは全力で阻止したいところだが……。

 「あ、お兄ちゃんいたいた」

 「用件はパンツを穿いてから聞くからちょっと待て」

 全く気にする素振りもなくローズが入ってきた。
 完全にフルオープンなんですけどね。

 「何でみんなして気にしないんだ……? 俺がおかしいのかな……。いや、兄妹だからこれが普通なのか?」

 これがこの世界の貞操観念!?

 「なんかねー、朝ご飯食べたら周辺の魔物退治して欲しいんだってさー」

 とりあえずパンツ履いた。

 「いーんじゃねー? ていうか依頼元どこなの?」

 「アリスさん家だよ! 以前周辺を調査した時に魔物の巣みたいなの見付けたんだってさ」

 ならその見付けた時に処理してくれよと思わないでもないが、そんなことを可愛い妹に愚痴ったところで困らせるだけだろう。

 「でもなんで俺にいちいち聞くんだ? ある種身内の頼み事なんだし、姉さんなら中身聞くより先に引き受けそうなもんだけど」

 「わたしはそんなにせっかちじゃないぞ?」

 「おうわっ!?」

 ローズの背後からにゅっと姉さんが生えてきた。

 「て、なんで下着のままなんだ! さっさと服を着ろ!」

 「せっかちじゃんか! ガッツリ急がせてるよ!?」

 姉さんが顔を真っ赤にしながらビシィッ! と言い放った。

 「別にパンツくらい平気だよなぁ?」

 とローズに尋ねる。

 「ならわたしが下着姿で部屋を闊歩かっぽしてもいいというのか?」

 「いやぁ……、いや? 別に良くない? むしろなんか嬉しいかも」

 「なぁ!?」

 俺の反応は姉さんにとって想定がだったのだろう。
 二の句を告げられないでいるようだ。

 「是非! 今からでもおなしゃす!」

 中腰のまま膝に手をあてて頭を垂れる、由緒正しい日本の筋の通った礼の仕方でお願いした。
 姉さんが自分で言い出した手前、曲げるということは無いはずだ。

 「お姉ちゃん、男の子には逆効果だと思うよそれ……」

 ローズが姉さんに真実を伝える。
 まぁ姉さんの周りの女子が俺と同じこと言われても、是非よろしくお願いしますってなるだろうけど……。

 「まぁ、とりあえず。唯一の男であるお前が依頼を受けるか決めろ。なに、失敗したとて大それた責任問題になることも無い。少しばかりお前が人手として貸し出されるだけだ」

 「なんで勝手に人柱契約発生してんの!?」

 「平気だ、失敗しなければいい」

 軽い感じで姉さんは言うけども。

 「あ、ちなみにお兄ちゃんが依頼を蹴ると、学校に戻ってから依頼を受けさせられてここにまた戻ってきて……ってなるみたいだから、どちらにせよ……」

 「初めから受注一択だね!」

 あぁ、平和が遠のく……。



「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く