話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第146話】北の幸⑦




 独特なあの匂いが漂う。
 その一室は白を基調としたデザインで統一されている。
 向かい合う形で椅子が二つ置かれていて、一つはキャスター付きでカラカラと音を立てながら動く。もう一方は床にびっちりと留められていて微動だにしなさそうで、腕や腰、足首に当たる所には拘束具ベルトがあった。

 動かない方の椅子には小さめのテーブルが一つ備え付けられていた。
 その上には工具と思われる様々な金属製の物がいくつか並べられている。サイズは新品の鉛筆くらいだろうか。それぞれ違った刻印ルーンが掘られているので、それぞれに適した用途があるのだろう。
 ざっと見るとドリルだったりペンチだったり。それらはその筋のプロ御用達の逸品であり、見る人が見れば慄いて震え上がる程だろう。

 その道に精通した凶悪な人間を百人以上集めたとしても、それが発する痛みに耐えられる者はまず居ないのではないか。少なくとも女子供では無理だろう。

 「わたしから言えることは、自業自得ということくらいかしら」

 目の前に立つ女性は突き放すようにそう告げた。
 シミ一つ無いまっさらな白衣を纏っており、とても洗練された印象を与えている。顔はマスクで覆われ目と眉だけが露出していた。キリっと描かれた眉毛がそれとなく個性を演出しているのだろうか。

 「もう少し早く、貴方が自らの意思で手を打っていればこんな所に連れてこられる必要は無かったはずよ。周りが差し出したであろう救いの手を払い除けたのは貴方自身よ。残念だけどこちらも仕事だから……、手加減は出来ない」

 据わった目で彼女は言葉を紡ぐ。

 「それを承知した上で、まだ暴れたり逃げようと思うのなら……分かるね? 貴方にとっての最優先事項は今の状況からすぐさま脱すること。ならば抵抗せずに黙っていなさい。苦痛を長引かせるのは趣味じゃないのよ」

 床に固定された拘束具ベルト付きの椅子に座る、赤い髪の十歳くらいの少女は虚ろな目であさっての方向を見据えている。

 「うぁ…………」

 ちょっとした反応を見せるが誰もそれを気に留める様子は無い。

 椅子の後ろに立ち、少女の肩に手を掛けている少年もまた心ここにあらずといったところで、ただ状況を見守ることしか出来ないのだった。

 「……けて、助けてよ! お兄ちゃんッ!!」

 「ッ!!」

 実際には口が開けられた状態で固定されているために、こんなにハッキリした物言いではないのだが意図はハッキリ伝わっている。
 少女の悲痛な叫びにも、少年は顔を歪めるだけで何一つしてやれることは無い。

 「では、始めるわ。今一度、自分の行いを反省なさい。そして今から受ける苦痛を心に刻みつけなさい」

 女性による無慈悲で無情な宣告。手首足首を物理的に拘束された挙句、魔法による拘束まで受けた少女の口の中へと、不愉快な音を立てながら金属の先端が回転しながら吸い込まれていく。

 「あああああ、う゛ぁァァァァあああああああああ!!」




 目の前で絶叫する少女に魔法による拘束を掛けている張本人、わたくしショー・ヴァッハウは現在に至るまでの経緯について思いを馳せていた。




 「おにーひゃーん、ふぁいるよー」とローズが部屋を訪ねて来て、すったもんだがあった後に彼女が虫歯であることが発覚。

 本人から直接話を聞けば、自業自得という他ない理由が明かされた。
 原因としては夜食であった。
 騎士校から生徒へと支給されるものに収納箱アイテムボックスというものがある。これ自体は十センチ四方の手のひらサイズの木箱なのだがその収容力が桁違い。
 そしてその大きな特徴として、物を入れた時から二十四時間入れた時の状態を保ち続けることが出来るというものがある。普段は採取の任務において肉や魚を腐らせずに持ち運ぶ手段として用いられる。

 その特性を存分に理解していたローズは、可愛がってもらっている先輩方や同級生から貰ったお菓子だったり、昼食だったりを少なからず保管していたらしい。そしてそれを夜な夜な独りで食べることが楽しみになっていたそう。

 とりあえず、近くに歯医者があるのかどうかを尋ねるために、サニーさんに断りを入れてからアリスさんの部屋に向かった。

 コンコン。

 「はーい」

 部屋をノックすると、中からアリスさんの返事が聴こえた。

 「お邪魔します〜。先程はなんやかんやと……すいません」

 「謝るのはこっちの方かも。そもそもわたしが出番欲しさに先回りしてこっちに来たのがダメだったわけよ」

 「クラリスさん…………」

 その告白は悲痛すぎませんかねェ。僕には処理しきれない問題ですわい。

 「おにーひゃん、なんふぁふぁっはほ?」

 「……、何もねえよ」

 「で、ショーくんとローズちゃんはどしたの?」

 「アリスさんにしか聞けないことだと思って来たんですけど……」

 「えっ、わ、わたしだけに……?」

 なんかしどろもどろになってしまわれた。ちゃんと答えてもらえるだろうか。

 「ええ。……、コイツが虫歯みたいで近くに歯医者はありませんかね」

 「……、へ?」

 「へ? って?」

 「それだけ?」

 「以外に……何かあるか、ローズは?」

 「(ぶるんぶるん)」

 ついに喋ることを諦めて首だけで返事をするようになった。

 「……、それなら駅の近くにウチの系列のがあったはずよ。きちんと最新鋭の機器を取り揃えてある筈だし。ウリは『世界初』だから」

 「したら、麻酔なしでブチ抜くとかは無いんすよね?」

 「ないない。魔法を使いつつやることにはなると思うわよ。流石にコンセントから電気引いてるわけじゃないし」

 「なるほどなるほど……。詳しい場所は……」

 「まぁそれは爺やに聞くわよ。その上で一応護衛としてクラリスも付けさせてもらうわね。さすがに我が家のお客が何かに巻き込まれた、なんてなったら色々と面倒だから」

 「わたし行かなきゃだめ? あの爺さんがいれば何も問題無いような気がするんだけど……。寒いし」

 普通に執事を『爺さん』呼ばわりしてしまう所に驚きを隠せない。家に仕える者と個人に仕える者の差が存在するのだろう。

 「だめ。したら一筆したためるからちょっとだけ待ってて」

 と言われ待つこと三分。

 「これを爺やに渡して、その後歯医者の受付にも出せば万事スムーズにいくはずよ」

 そう言ってアリスさんは一通の手紙を渡してくれた。

 「そうねぇ……。今から三十分後に下に行ってくれる? それまでには馬車だったりの用意はさせるから」

 「ありがとうございます!」




 そんなこんなで今に至る。
 何が面白くて目の前で虫歯の治療を見せられなければいけないのか。見てるだけで思わず頬を摩ってしまう。

 「この後お兄さんもかなー?」

 「ッッ!? 俺は虫歯と違うんで結構です!」

 思い出すのが億劫なので割愛する。
 二十分後、ローズのお口の突貫工事が無事終わった。


「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く