シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第147話】北の幸⑧



 「ローズちゃん、もう大丈夫そう?」

 クラリスさんがう。確認を取るように尋ねる。

 「うん。ご迷惑をお掛けしました」

 歯医者から脱出し開口一番ローズは頭を下げつつ言った。

 「……じゃ、快気祝いってことで何か食べに行こ!?」

 開口二番、こんなことを口走りやがった。

 「フンッ!」

 モグラ叩きよろしく、ローズの脳天目掛けて垂直に拳を落とし込む。
 麻酔を使わずに魔法にて痛みを軽減していたから、喋れるのは結構だがその内容は言うに及ばず酷いものだ。

 「帰ったら宿で夕飯出るし、まずお前は今しがた治療終えたばっか。詰め物取らたらまたあそこにはりつけにされて同じことの繰り返しだぞ?」

 「……、ごめんなさい」

 「分かったんならいい。ほら、手出せ。帰るぞ」

 「ん」

 「おいおい、なんでそんなニヤけんだよ……。反省してるんですかァちゃんと?」

 「してるってばぁ。ただ、お兄ちゃんから手を繋いでくれるのは久しぶりかなって思っただけ」

 この子ほんとにいちいち俺の琴線に触れるっていうか、グッと来ること言うじゃんか……。

 「何さ二人して見せつけてくれちゃって。わたしも輪の中に入れてほしいんですけど?」

 「えっ?」

 まさかクラリスさんからそういう方向で愚痴をこぼされるとは思いにもよらなかった。……、出番少なかったからか?

 「あっ、『中に入れてほしい』っていうのは別に性的な意味じゃないからね?」

 「なんでこんな銀世界の中で頭茹だってるんすかね!?」

 俺の心からの叫びも街の喧騒には叶わなかった。




 時は少し戻って。ショーたちを見送って時間を持て余していたエリーゼは、アリスの部屋へと向かった。

 「邪魔するぞ……」

 「んー、どうぞー」

 「なっ!? お前はまたなんて格好で!」

 「別に女の子同士なんだしいいじゃない」

 「春までは男の格好を好んでいたというのに……」

 ベッドにうつ伏せになりながら応えたアリスは九割方生まれたままの姿で、ショーツ一枚だけは辛うじて身につけていた。

 「好んでたわけじゃないんだけど……。一種の鎖みたいなものかね原点としては。家の方とのわだかまりが解けてから男の格好続けてたのは、単純に切り替えの機会を逃しちゃっただけ」

 足をパタパタさせながら、アリスは語った。

 「まぁ、アリスが色々と抱えていたのは知ってるからそこまでとやかく言うつもりは無いが……。男が入ってくる可能性もあるじゃないか……」

 「ショーくんなら歯医者に付き添いで行ってるから絶対入って来ないしね〜」

 「それはそうだが……。で、切り替えの機会になったのがショーだったってわけか」

 「なっ!? なんのことかな〜?」

 アリスの口からヒューっと、イマイチな口笛が鳴る。

 「流石にわたしでもお前がアイツに気があるってことくらい分かるさ」

 「そんなストレートに言うかね……。それ言ったらエリーゼだって前はこうして二人の時だったり、家に遊びに行ったりした時はまんま可愛い女の子口調だったのに。今や騎士校生エリーゼが普段でも抜けなくなってるじゃん。なんの心境の変化なのさ?」

 「あ、姉としてよりも、学校の先輩として下二人に接する機会が増えてどうしていいかよく分からなくなってな……。それに、」

 「それに?」

 ベッドから起き上がってアリスが続きを促す。

 「笑わないか?」

 「いや、それは聞いてみないとなんとも」

 アリスは即答だった。早押しクイズでボタン押すより先に口が動いたかのような。

 「最近、というよりある程度前からなんだが、わたしが妹でショーが兄になっている夢を見るんだ。かといってローズが三女として居るかどうかと言われるとよくわからない。その夢の中には少なくとも出たきたことが無い」

 「ぷふっ」

 「おい」

 「さすがに予想の範疇を越えてきたから」

 「……、まあいい。正直夢の中のわたしはアイツに甘えっぱなしで、たまに朝に顔を合わせるのが小っ恥ずかしくてならない」

 「その為にちょっと強めに心に壁を作るようにしてる、と?」

 「まぁ、そうなるのかな……。とりあえず座っていいか?」

 「ん。じゃこっちおいでなさいな」

 アリスがポンポンと自分の隣のスペースを叩く。

 「いや、正面でいい」

 上裸の隣に並ぶのは少しばかり抵抗があったので、エリーゼは備え付けのもう一つのベッドに腰掛ける。
 正面から裸を見据える方が恥ずかしかったかも、と思いつつも一度座った手前もう移動は出来ない。

 「エリーゼはそう言うけどさ、実際のところどうなの? ショーくんに甘えたり甘えられたりしたいもんじゃないの、姉としては?」

 「それはアリスの方だろう」

 「そらそーよ」

 真っ向から肯定されてエリーゼは返す言葉を失くした。

 「そりゃ、もうこの際だから認めるけど好きな男の子には色々と期待しちゃうわけよ。幾ら年下だとしてもね」

 「むぅ……」

 「エリーゼだってショーくんが何気なく手を繋いできたり、魔法の練習とかで身体が触れ合ったりしたら嬉しそうにしてるじゃん」

 「ししし、してない! そんなことは断じて無い!! ……多分」

 「姉弟って括りが無ければ、って思うことも実際にはあるんじゃないのー?」

 「うっ……」

 「あるんかい……。わたしは近親相姦はダメだと思うなー」

 「なっ!? そんなことをしたいなんて言っていないだろう!? ただ、今までちゃんと接してきた男というのがショーしか居ないと言うだけであって、仕方なくアイツが諸々の基準として……」

 「まっ、そんなわけでよろしくねお義姉ちゃん」

 「お義姉ちゃんと呼ぶな! まさか、その……。"した"んじゃないだろうな……?」

 エリーゼの背中から何かゆらりとしたものが立ち上るような気がした。それは魂ではなく別の何かなのは明白だった。

 「待って待って。してないから! そんな踏ん切り付けられないから! だからいきなり手から魔法で剣を象らないでっ」

 「……そうか。済まない、早とちりだった」

 「いつの間にそんな魔法の制御が出来るようになったんだか。ショーくんとの夜な夜なの作業の賜物ってわけ?」

 「如何わしい言い方をするな!」

 「まだ夕飯まで時間あるし、久しぶりにらない? わたしが勝ったらショーくんとの交際を認めていただきますわお義姉ちゃん」

 「手合わせはいいが、それを決めるのはショー本人なんじゃ?」

 「仮にショーくんがオーケーしても、エリーゼが強く反対したらどうなるか分かったもんじゃないもの。言質を取っておきたい、というより保険が欲しいって感じ」

 「わたしが勝ったら?」

 「んー、ショーくんの貞操を守れる?」

 「……やる気が出たよ。アイツはまだそういうことには早い年頃だからな。で、場所は?」

 「裏に開けたところがあるから、そこにしましょ」

 その場所はデュボワ家が今後流行らそうとしているテニスのコートを建設予定なのだが、恋する乙女にはそんな諸事情など気に留まることも無かった。




 「へっくし!」

 「お兄ちゃん風邪?」

 「いや、なんか大事な何かが俺のいない所で決められてしまいそうな感じがして……」

 「? よくわかんないんだけど……」

 「さっきの歯医者に戻ってドリルでも借りようか?」

 「クラリスその冗談怖すぎて笑えないっす。って、なんだあれ?」

 ショーは前方に出来た人だかりに気が付く。
 またまだ陽は沈まない。

「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く